開催中のイベント
映像・舞台
満月動物園・羊とドラコ共同製作『愛慾巡遊社』
2018年10月18日 〜 2018年10月21日
舞台芸術学科1年生 濱田ひかりさん出演!
展覧会
『The Intuitive Thread』
2018年08月24日 〜 2018年10月27日
本学卒業生で美術工芸学科講師の中平美紗子先生が展覧会に出品
展覧会
#アートコスプレ・フェス2018@大塚国際美術館
2018年07月18日 〜 2018年10月28日
開館20周年記念「7つのヒマワリ」関連イベント
展覧会
「 環境ポスター展 −Question?−」
2018年10月10日 〜 2018年10月29日
世界30カ国のデザイナー・アーティストによる作品が展示
展覧会
「時代とあそぶ たびする つくる」山本太郎展
2018年10月06日 〜 2018年11月25日
美術工芸学科 山本太郎先生の個展が開催されます!
注目のイベント
講座・講演
GLOBAL ART TALK 012 ヒーマン・チョン
2018年10月26日
本学とHAPSが共催する世界的クリエイターを招聘したトークイベント

絵画の現在

日程 2018年01月13日(土)〜 2018年02月25日(日)
時間 10:00 〜 17:00(入場は午後16時30分まで/2月12日をのぞく月曜日と2月13日(火)は休館)
場所 府中市美術館 東京都府中市浅間町1丁目3番地
カテゴリ 展覧会
エリア 首都圏

今日のわたしに、会いにいく。

卒業生の津上みゆきさん(大学院修士課程 1997年度修了)が、府中市美術館で開催されるグループ展「絵画の現在」に参加しています。
メインビジュアルには、津上さんの作品が起用に。会期中には、アーティストトークやワークショップも開催されます。
ぜひ足をお運びください。

―以下、府中市美術館HPより抜粋―

府中市美術館は2000年秋の開館以来、展覧会や公開制作プログラムを通して、現代の絵画を積極的に紹介してきました。その成果の継承・発展を目的に、絵画の「いま」を、個性豊かな7名プラス1名の作品に探る展覧会です。
会場には、風景に人物、抽象表現に立体が少し、小ぶりのスケッチから体を包み込むような大画面まで、形式も大きさも実に多様な「絵画」が並びます。鮮やかな色に溺れ、力強いストロークのしぶきを浴び、時に知的なゲームに思いを巡らす。冬の府中にいっとき出現する絵画の海原に、どうぞ身と心を浸してみてください。今日のお気に入りがみつかり、明日のあなたの力となれば嬉しい限りです。

■アーティスト・トーク
近藤亜樹
 1月13日(土曜日)午後2時から。企画展示室。

近藤亜樹監督作品『HIKARI』上映会 
 1月13日(土曜日)午後3時から。講座室。

今井俊介+木村彩子
 1月21日(日曜日)午後2時から。企画展示室。

白井美穂+諏訪未知
 2月4日(日曜日)午後2時から。企画展示室。

津上みゆき+福士朋子
 2月11日(日曜日)午後2時から。企画展示室。

注記1:アーティスト・トークは参加無料、企画展観覧料が必要です。予約不要。
注記2:上映会は参加無料、予約不要です。

■絵画をめぐるトーク
日時・場所
 2月25日(日曜日) 午後2時から 講座室

出演
 出品作家、ゲスト

注記2:参加無料、予約不要です。

■ワークショップ「ほぼ津上さん@あなたの府中」
日時
2月17日(土曜日)午後1時から4時

講師
津上みゆき(「絵画の現在」展出品作家、画家)

対象・定員
小学生以上対象 定員15名

参加費等
1600円(材料費)(スケッチブックと鉛筆付き)

内容
風景を描くことを通して、自然にじっくりと向き合うワークショップです。
講師は、企画展「絵画の現在」展に出品、現代の風景画家としてファンも多い、津上みゆきさん。参加者は、津上さんが愛用するフランス製の小さなスケッチブックと鉛筆を使って、府中市美術館周辺の風景スケッチを行います。

申し込み方法
往復はがき、メール(bijyutu02@city.fuchu.tokyo.jp)に、住所、氏名、年齢、電話番号、返信用宛名を記入して、当館「ほぼ津上さん」係へ。申込締切: 1月31日(当日消印有効)

■費用 一般700円/高校生・大学生350円/小学生・中学生150円
■定員 -
■申込方法 ワークショップのみ要申込み(上記申し込み方法参照)
■主催 府中市美術館
■お問合せ 042-336-3371(代表)
■URL https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/kikakuten/kikakuitiran/kaiganogenzai.html
■関連卒業生 津上みゆき(大学院修士課程 1997年度修了)