開催中のイベント
映像・舞台
gallop「石飛びこむ鯉浮きあがる」
2019年01月17日 〜 2019年01月20日
映像・舞台芸術学科卒業生主催公演
展覧会
コレクション展Ⅲ-コレクション×4-
2019年01月12日 〜 2019年01月26日
芸術館所蔵の作品を約70点展示します。
展覧会
【ARTZONE】塑性と蘇生
2019年01月12日 〜 2019年02月03日
神馬啓佑と久保ガエタンによる二人展
その他
【新設】2019年度リサーチ支援型公募研究の募集のお知らせ
2018年12月28日 〜 2019年02月14日
舞台芸術の作品創造における「リサーチ」に特化した研究を募集
展覧会
「太郎冠者と太郎画家 茂山千之丞襲名披露記念|装束披露」
2019年01月12日 〜 2019年02月16日
美術工芸学科 山本太郎准教授の個展が開催。

犬たちの風景

日程 2018年02月16日(金)〜 2018年02月25日(日)
時間 12:00 〜 19:00
場所 ギャラリー素
場所詳細 京都市左京区吉田神楽岡町142 アドバンス神楽岡1F
カテゴリ 展覧会
エリア 近畿圏

卒業生の三野惠子さん(大学院芸術表現専攻・総合造形領域修士課程2012年度修了)の個展が、ギャラリー素にて開催されます。

―以下ギャラリー素HPより転載―
【作家の言葉】
今年は戌年。<ギャラリー素>での3回目の個展では「犬たちの風景」をテーマとしました。
これまで、「異形犬像」をテーマにした作品展示を行ってきましたが、今回はいわゆる「雑種犬」を作陶のモチーフとしました。
「雑種犬」に着目したのは、純化された「血統書つき」の品種の犬たちがみせる「かたち」、「かわいさ」、「りりしさ」、「しぐさ」を一匹の雑種犬が合わせ持つからです。
これまでの「異形犬」では、表情の異なる大小の顔を持つ複数の犬たちを並列させ、それらを統合して表現することが目標でした。新たな表現を模索する中、「雑種犬」の作品作りは、これまでの個別に主張する複数の犬の顔を合わせもつ「異形犬」をひとつに統合していく作業でもあるということだという私の気づきもありました。
今回の展示では、雑種犬たちが見せるいろいろな「しぐさ」が、「犬たちの風景」として感じてもらえるかの表現のしかたにも挑戦してみました。

■費用 -
■定員 -
■申込方法 -
■主催 -
■お問合せ 075-771-5064
■関連卒業生 三野惠子(大学院芸術表現専攻・総合造形領域修士課程2012年度修了)