開催中のイベント
展覧会
和中庵を読む 書物としての建築
2018年12月11日 〜 2018年12月16日
大学院の教員・大学院生と歴史遺産学科の共同による展覧会
映像・舞台
ブルーエゴナク 新作「sad」
2018年12月14日 〜 2018年12月16日
在校生、卒業生が参加します!!
展覧会
石のお金と傾いた時計 ― 四つの視点
2018年12月05日 〜 2018年12月21日
大学院グローバル・ゼミ生による初めての企画展
展覧会
『Arts and Apes』
2018年12月11日 〜 2018年12月21日
芸術とは何か。人間とは何か。― ヒト以外のヒト科の作品展
展覧会
顧 剣亨 個展 Utopia
2018年11月24日 〜 2018年12月22日
KG+ Awardグランプリ受賞・卒業生の顧 剣亨さんの個展

高野山金剛峯寺 襖絵完成記念 千住博展

日程 2018年06月09日(土)〜 2018年07月29日(日)
時間 09:30 〜 18:00(入館は17:30まで/水曜休館、7月17日(火)臨時休館)
場所 富山県美術館 2階 展示室2、3、4
場所詳細 富山県富山市木場町3-20
カテゴリ 展覧会
エリア その他の地域

通信制大学院 超域プログラム「千住博ラボ」の千住博教授の個展「高野山金剛峯寺 襖絵完成記念 千住博展」が開催されます。


―以下富山県美術館HPより転載―

千住博(1958年、東京生まれ)は、岩絵の具という素材や、自然と密接に関わっている日本画の理念を踏襲しながら、世界的視野にたち、今日にあるべき「美」を追求している画家です。 千住は、2015年の高野山金剛峯寺開創1200年を記念して、大主殿の「茶の間」と「囲炉裏の間」に新作を奉納します。             
本展では、千住博が画業40余年の集大成と位置付け、世界遺産・高野山金剛峯寺に奉納する、渾身の襖絵と床の間から障壁画44面を国内外で初公開いたします。併せて、2018年に還暦を迎えた千住博のこれまでの主要作品も展観し、常に世界を見据え、日本画の新しい可能性を模索してきた、〈千住博作品の世界観〉をご紹介いたします。

■費用 一般:1,300円/大学生:950円/一般前売り(6/8まで販売):1,000円
■定員 -
■申込方法 -
■主催 千住博展実行委員会(富山県美術館、北日本新聞社)、NHKプラネット中部
■お問合せ 076-431-2711
■URL http://tad-toyama.jp/exhibition-event/4348
■関連教員 千住博(通信制大学院教授)