開催中のイベント
映像・舞台
マンガの虫は空こえて
2019年02月15日 〜 2019年02月17日
卒業生の田淵詩乃さんが出演します
展覧会
2018年度 京都造形芸術大学 卒業展/大学院 修了展
2019年02月09日 〜 2019年02月17日
キャンパス全体が”美術館”に。788名の集大成を発表!
映像・舞台
「虎は狐と井の中に(仮)」
2019年02月16日 〜 2019年02月24日
卒業生の岡崎さつきさんが出演します
展覧会
第68回長浜盆梅展
2019年01月10日 〜 2019年03月10日
歴史ある盆梅展を本学の学生が展示プロデュース
展覧会
さよなら三角、またきて四角
2019年02月16日 〜 2019年03月17日
美術家の藤浩志とアートプロデュース学科の学生による展覧会
注目のイベント
展覧会
2018年度 京都造形芸術大学 卒業展/大学院 修了展
2019年02月09日 〜 2019年02月17日
キャンパス全体が”美術館”に。788名の集大成を発表!
展覧会
KUAD ANNUAL 2019 宇宙船地球号
2019年02月23日 〜 2019年02月26日
片岡真実が卒業制作をキュレーションする企画展を東京都美術館で開催。
展覧会
さよなら三角、またきて四角
2019年02月16日 〜 2019年03月17日
美術家の藤浩志とアートプロデュース学科の学生による展覧会

KIRI WISDOM始まります/第1回 塩見直紀さん “半農半Xと移住”

日程 2018年09月24日(月)
時間 13:00 〜 15:30
場所 KIRI CAFE
場所詳細 亀岡市千歳町毘沙門向畑39番地
カテゴリ 講座・講演
エリア 近畿圏

かめおか霧の芸術祭の情報発信、知恵の集まる場としてオープンしたKIRI CAFEですが、
9月より月に1回程度、「KIRI WISDOM」を始めます。
WISDOM(ウィズダム)とは知恵の意。
これから様々なゲストにお越しいただいて、亀岡の時間と場所を横断しながら、
アートや農業、生き方のヒントとなる知恵や物語を集めたり、共有して行く試みです。

その第一弾のゲストとして、「半農半X」という生き方を広めておられる、
塩見直紀さんにお越しいただけることになりました!

半農半Xとは、農的暮らしを実践しつつ、大好きなこと(X)を追求すること。
塩見さんの著書「半農半Xという生き方」の中で、
「『半農半Xという生き方』を上梓して、たくさんの人と出会うことができた。
そこで感じたのは、人の使命の多様性だ。環境や自然出産、まちづくり、居場所作り。
人のテーマはほんとうに多様だ」とあります。

生き方を考えたり、それを実践する中での出会いは多くあると思います。
KIRI CAFEも日々いろんな方にお越しいただき、アイデアをもらったり、
ある意味「想定外」の日々に驚いています。どんな風に生きて行くのか、
どんな風に生きていきたいのか。
興味のある方はぜひ、お気軽にご参加ください。
知恵の霧をくぐり、それぞれの、何かが晴れますように。

日時   9月24日(月・祝)
時間   午後13時~15時30分(質疑応答の時間込)
ゲスト  塩見直紀さん
テーマ  「半農半Xと移住」
参加料   無料
会場   KIRI CAFE(亀岡市千歳町毘沙門向畑39番地)
申込方法 KIRI CAFEのメールアドレス(kameokakiricafe@gmail.com)、
もしくはfacebookのメッセージから申し込み。
以下の内容を入れて送信してください。
1. お名前
2. 電話番号
3. KIRI CAFEまでの交通手段(車、バス、徒歩、自転車、ランニング等)
またKIRI CAFE店頭にても受付が可能で、当日参加も可。

多くの方のご参加をお待ちしております。

塩見直紀(しおみなおき)プロフィール
半農半X研究所代表
福知山公立大学地域経営学部特任准教授
総務省地域力創造アドバイザー
1965年、京都府綾部市生まれ、同市在住。カタログ通販会社フェリシモに約10年に在籍。1999年、33歳を機に故郷の綾部へUターン。2000年、「半農半X研究所」を設立。21世紀の生き方、暮らし方として、「半農半X(エックス=天職)」コンセプトを20年前から提唱。著書に『半農半Xという生き方【決定版】』など。半農半X本は翻訳され、台湾、中国、韓国でも発売され、海外講演もおこなう。若い世代のX応援のために、コンセプトスクールや半農半Xデザインスクール、綾部ローカルビジネスデザイン研究所、スモールビジネス女性起業塾(京都府北部対象)などもおこなう。

塩見さんホームページ:https://plaza.rakuten.co.jp/simpleandmission/6000/

■費用 無料
■定員 なし
■申込方法 メールもしくはfacebookメッセージ
■主催 KIRI CAFE
■お問合せ kameokakiricafe@gmail.com
■関連教員 松井利夫