開催中のイベント
展覧会
和中庵を読む 書物としての建築
2018年12月11日 〜 2018年12月16日
大学院の教員・大学院生と歴史遺産学科の共同による展覧会
映像・舞台
ブルーエゴナク 新作「sad」
2018年12月14日 〜 2018年12月16日
在校生、卒業生が参加します!!
展覧会
石のお金と傾いた時計 ― 四つの視点
2018年12月05日 〜 2018年12月21日
大学院グローバル・ゼミ生による初めての企画展
展覧会
『Arts and Apes』
2018年12月11日 〜 2018年12月21日
芸術とは何か。人間とは何か。― ヒト以外のヒト科の作品展
展覧会
顧 剣亨 個展 Utopia
2018年11月24日 〜 2018年12月22日
KG+ Awardグランプリ受賞・卒業生の顧 剣亨さんの個展

京都芸術劇場 春秋座 芸術監督プログラム  四代目市川猿之助 監修

藤間勘十郎 春秋座 名流舞踊公演

日程 2018年12月08日(土)
時間 13:00(開場は開演の30分前)
場所 瓜生山キャンパス 京都芸術劇場 春秋座
場所詳細 叡山電車「茶山駅」下車徒歩10分、京都市バス3・5・204号系統「上終町京都造形芸大前」下車

MAP

カテゴリ 映像・舞台
エリア 近畿圏

藤間勘十郎が踊りの名手とともにお贈りする珠玉の舞踊公演!

この度の演目『凄艶四谷怪談』(せいえんよつやかいだん)は、三代目市川猿之助と藤間紫が1969年に演じた通し狂言で、この題材を勘十郎が舞踊劇として49年ぶりに蘇らせます。自らが鶴屋南北・お岩・小仏小平・小汐田又之丞の四役に初挑戦し、若柳吉蔵、尾上菊之丞の名手たちと実力派の舞踊家14名が一堂に会し、恐ろしい「四谷怪談」を艶やかな美の世界として表現します。

夏が定番の怪談ですが、「忠臣蔵外伝」ともいわれ、大詰は師走の討ち入りの日に関係しています。大作の後は、爽やかなご祝儀曲清元『柏の若葉』をご覧いただきます。

今年一年を締めくくる必見の番組をぜひ春秋座で満喫して下さい。

■費用 一般 9000円/学生&ユース席 4500円(座席範囲指定あり)
■定員 800名
■申込方法 京都芸術劇場チケットセンター窓口・電話075-791-8240(平日10時~17時)
■主催 京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター
■お問合せ 京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター075-791-9207
■URL http://k-pac.org/