開催中のイベント
展覧会
ビビビット展
2020年02月14日 〜 2020年02月21日
学生デザイナーによるデザイン展。京都造形芸術大学から8名の学生が参加。
展覧会
第12回恵比寿映像祭
2020年02月07日 〜 2020年02月23日
美術工芸学科写真・映像コース専任教員の多和田有希さんらによる展示
展覧会
_act_RELATE つたえる を つくる展
2020年02月11日 〜 2020年02月23日
卒業生・城下浩伺さん所属の_act_× 豊中市の企画展覧会
展覧会
HINOKUNI
2020年02月12日 〜 2020年02月24日
山本太郎准教授らのグループ展が開催!
展覧会
香川県文化芸術新人賞展
2020年02月08日 〜 2020年02月24日
本学大学院修士課程修了の安冨洋貴さんによる作品展
注目のイベント
展覧会
KUAD ANNUAL 2020 フィールドワーク
2020年02月23日 〜 2020年02月26日
世界の教科書としての現代アート
講座・講演
市川猿之助×杉原邦生トークセッション『新版オグリ』歓喜への道
2020年03月07日
京都芸術劇場 春秋座 市川猿之助芸術監督プログラム

申込受付中!!

2020年度日本芸能史「型と創造」

日程 2020年04月13日(月)〜 2021年01月18日(月)
時間 16:30 〜 17:50
場所 瓜生山キャンパス 京都芸術劇場 春秋座
場所詳細 京都市左京区北白川瓜生山町2-116, 京都造形芸術大学内

MAP

カテゴリ 講座・講演
エリア 近畿圏

日本の伝統芸能・芸道はすべて型を持つ。型は、芸能・芸道の演技・演出の細部にまで行き渡る定められた手順である。型を持つのは、祭りを母胎として誕生したからである。型は、《カミ》つまり普遍的価値、宇宙の生命へ通じる通路である。部分を表現する型に《カミ》が宿る。そこには、部分にそれぞれの神がやどっているという日本人の多神教の信仰が生きている。
型は創造の場である。型を守るとは、そこに降臨する新しい《カミ》即ち新しい価値と生命を生む覚悟を持って努力することである。「一期一会」〈千利休〉、「文台引き下ろせば反故」〈芭蕉〉などの先人のことばにはその必死の覚悟が表現されている。先人の努力の結晶が型である。型には人類の可能性がある。

【日程】
◇前期(全14回)2020年 4月 13日 – 7月 20日
◇後期(全14回)2020年 9月 28日 – 2021年1月 18日
毎回 月曜日 午後4時30分- 5時50分

【受講料】
各期 1万5千円

【会場】
京都芸術劇場春秋座(京都造形芸術大学内)

【受講資格】
学習意欲のある方なら、どなたでも受講いただけます。

◆前期
第1回 4月13日  [総論 型の誕生]  諏訪春雄
第2回 4月20日  [琵琶]  奥村旭翠
第3回 4月27日  [活弁]  片岡一郎
第4回 5月11日  [華道]  池坊専好
第5回 5月18日  [日本舞踊]  藤間勘十郎
第6回 5月25日  [料理] 森川裕之
第7回 6月1日  [絵画] 山口晃
第8回 6月8日  [日本語] 諏訪春雄
第9回 6月15日  [能] 梅若玄祥
第10回 6月22日  [狂言] 野村万作
第11回 6月29日  [歌舞伎] 田口章子
第12回 7月6日  [上方舞 ] 山村友五郎
第13回 7月13日  [壬生大念佛狂言]  壬生大念佛講
第14回 7月20日  [能] 天野文雄

◆後期
第1回 9月28日  [総論 シャーマニズム] 諏訪春雄
第2回 10月5日  [陶芸] 沈壽官
第3回 10月12日  [常磐津] 常磐津都㐂蔵・常磐津都史
第4回 10月19日  [琉球芸能] 嘉数道彦
第5回 10月26日  [狂言]  茂山忠三郎
第6回 11月2日  [遠近法] 諏訪春雄
第7回 11月9日  [京舞] 井上八千代
第8回 11月16日  [能] 片山九郎右衛門
第9回 11月23日  [日本舞踊] 坂東温子
第10回 11月30日  [落語] 桂吉坊
第11回 12月7日  [茶道] 千宗左
第12回 12月14日  [木ノ下歌舞伎] 木ノ下裕一
第13回 12月21日  [邦楽囃子] 藤舎呂船
第14回 1月18日  [淡路人形浄瑠璃]  淡路人形座 

【お問い合わせ・資料請求先】
*2019年度より受付窓口が変わります。
窓口にてお申し込み・お支払いただくか、お電話にてお問い合せください。
京都芸術劇場チケットセンター【春秋座入口右手】
606・8271 京都市左京区北白川瓜生山2・116
電話 075・791・8240
電話・窓口受付 月曜日~金曜日/午前10時~午後5時
休日/土曜日・日曜日・祝日・年末・年始・他 入試等による臨時休業日

【受講に際してのお願い】
一旦納入いただいた受講料は返還いたしかねますので、予めご了承ください。
当講座は日時を指定した特別講義によるオムニバス授業につき、台風や交通機関の不通等によりやむを得ず休講になった場合、補講はできない場合があります。またその際の休講分の受講料は返還いたしかねますので、予めご了承ください。
天候による休講や、講師の変更が生じる際は、本ホームページにてお知らせいたします。

【天災による休講措置について】
京都・亀岡地区内の京都市に「暴風警報」、「暴風雪警報」、「特別警報」のいずれか
京都市の左京区北白川学区に「 避難準備・高齢者等避難開始」、「避難勧告」、「避難指示」のいずれか 
が開講当日の正午の時点で、発令中、または正午以降に発令された場合、または
京都市左京区に震度4以上の地震が、当日発生した場合
当日の講座は休講いたします。

■費用 各期 1万5千円
■定員 京都芸術劇場 春秋座
■申込方法 窓口にてお申し込み・お支払いただくか、お電話にてお問い合せください。
■主催 京都造形芸術大学舞台芸術研究センター
■お問合せ 京都芸術劇場チケットセンター 075-791-8240
■URL http://k-pac.org/?page_id=9111