京都芸術大学 創立者 徳山詳直の思い出・エピソード

ここに集う教職員、学生の 喜びも悲しみも分かち合ってこそ 学園の未来がある 生死は天命に委ね なおいっそう祈る心で 藝術立国の魂が受け継がれゆくことを ただ願うのみ 後に続く者を信じて 德山詳直

德山 詳直(とくやま・しょうちょく)

1930年5月13日、隠岐の島(島根県隠岐郡海士町)生まれ。戦後間もない1948年に同志社外事専門学校に入学、1950年に同志社大学法学部政治学科へ進学するも、隣国で勃発した朝鮮動乱に抗議する運動に身を投じたことから、数回にわたり逮捕・拘留されることとなった。拘置中に差し入れられた奈良本辰也著『吉田松陰』に感銘し、吉田松陰が終生にわたって德山の思想的な礎になる。近代西欧文明が行き詰まることを早くより看破し、松陰や岡倉天心に深く傾倒しながら、藝術の力による国づくり「藝術立国」を志して、東洋の思想を基盤にした藝術教育に生涯を捧げた。1977年に京都造形芸術大学の前身である京都芸術短期大学、1991年に京都造形芸術大学、1992年に東北芸術工科大学(山形市)、1993年に財団法人日本文化藝術財団(東京)を創設。また、1998年に芸術大学で初めてとなる通信教育課程を設置し、2005年には「こどもこそ未来」を掲げて幼児保育機関「こども芸術大学」を、2010年には東京・明治神宮外苑に藝術の生涯学習機関「東京藝術学舎」を開設した。現在、これらの学び舎で藝術教育を受けた人々が、さまざまな分野で活躍している。2014年10月20日逝去。著書に『藝術立国』がある。

寄せられた思い出・エピソード

 

CATEGORY

PERSON

故人へのメッセージ(弔辞)

20代 / 女性
京都造形芸術大学(通学) / 在学生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

もう壇上に立たれる德山理事長を見られないのは、本当に残念です。
ありがとうございました。

故人へのメッセージ(弔辞)

00代 / 女性
その他 / 在学生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

しょうちょくさんえ こどもげいじゅつ大がくおつくってくれてありがとうございます てんごくでもげんきにどうぞ。

故人へのメッセージ(弔辞)

00代 / 女性
その他 / 在学生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

やすらかにおねむり下さい。
ありがとうございました。

故人へのメッセージ(弔辞)

40代 / 女性
その他 / 卒業生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

校長先生、
こども芸大では大変お世話になりありがとうございました。
先生が、こども芸大で私たちにお話してくださった沢山のこと、今でも心に残っています。
私たちお母さんたちにも、先生の熱い思いがいっぱい伝わってきました。
子供たちも先生のことが大好きでした。
こども芸大で感じたこと、学んだこと、先生の願いを、今度は私たちが継なげていく努力をします。
どうぞ安らかにお休み下さい。

故人へのメッセージ(弔辞)

00代 / 男性
その他 / 在学生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

とくやまさん ありがとうございました これからもみまもってください よろしくおねがいします


素晴らしいこども芸大を作って下さってありがとうございます。未来を託されたこども達を育てる責任の重さ、難しさを日々感じていますが、私も母として大きく成長させて頂いたと本当に感謝しています。ありがとうございました。

故人へのメッセージ(弔辞)

40代 / 女性
その他 / 在学生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

こども芸術大学に娘が通っています。
私は直接お会いしてお話をうかがうことが出来なかったのですが、理事長先生の考えや思いは他のお母さん達から聞いています。
娘は本当に楽しく通学しているので、この場をつくって下さったことを感謝しています。
ありがとうございました。

(お嬢さんの字で)
ありがとございます。

故人へのメッセージ(弔辞)

00代 / 男性
その他 / 在学生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

こげいにたのしくかよっています。
(こども芸大をつくって下さり、ありがとうございました。)

故人へのメッセージ(弔辞)

30代 / 女性
その他 / 一般

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

本当にありがとうございました。
どうか安らかに・・・大好きです。

故人へのメッセージ(弔辞)

20代 / 女性
京都造形芸術大学(通信) / 教職員(元・現)

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

入社試験の際、大変にオドオドしていた私に、やさく語りかけていただき、入職というよりも、一人の人との出会いの場として心に残っていました。
これからも、卒業生・現職員として学園のためにできる限り努めて参ります。

思い出・エピソード

10代 / 女性
京都造形芸術大学(通学) / 在学生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

百科学の授業で貴重なお話をして頂きました。
忘れず勉学にはげみたいと考えております。