芸術文化領域

ART & CULTURE FIELD

JOHN PILONE/深海の空~Sky of the deep sea~(博士課程2年次)

JOHN PILONE/深海の空~Sky of the deep sea~(博士課程2年次)

21世紀における「新しい教養」を身につける

アートや社会そのものが多様化している今、あまりにも情報が多層化され大量であるがゆえに、かえって分断や閉塞感が生まれています。本領域では、他の学問・芸術分野と自由に交流しながら、今の時代にふさわしい「新しい教養」を身につけ、複合的・統合的な視点をもって社会と向き合える研究者や、アートの実践家を輩出していきます。

領域の特長

自由な交流と探求を生む、多様性にあふれた領域

伝統的な芸術論・美術史をはじめ、現代のサブカルチャーを扱うマンガ論、あるいは芸術教育や文芸表現まで、非常に多様なテーマを包括し得るのが本領域の特色です。さらに、「研究テーマによっては、論文と作品のどちらでも修士学位取得が可能となるため「研究」と「創作」の両面から自由な探求が生まれています。

一人では得られなかった気づきを与え合う「共通ゼミ」

少人数のゼミで論文指導や制作指導を行い専門性を深める一方で、領域全体で集まり、お互いのアイデアを交換できる「共通ゼミ」を設けています。多様な研究・創作にふれると同時に、お互いの発想やアプローチの中に共通性を見出すなど、お互いに気づきを与え合える場となっています。

領域長メッセージ

多様性をつなぐ鍵、「物語/身体/イメージ」

私たちは、多様な研究・創作をつなぐ、ひとつのキーコンセプトとして「物語/身体/イメージ」というものを掲げています。たとえば「物語」は、文芸表現だけでなく、絵画の中にも聖書やギリシャ神話を題材にした「物語」が描かれています。「物語」というコンセプトをひとつの分析の視点として、マンガや映画、舞台など、様々な分野について考えることができます。このように同じコンセプトを共有したうえで、異なるテーマを探求する者同士が論じ合うことで、一見異なる領域の間に思いもよらなかったような関係が生まれ、その中から新しいものが生まれていくことを期待しています。

芸術文化領域長 森山直人

芸術文化領域長

森山 直人

本学舞台芸術学科教授。同大学舞台芸術研究センター主任研究員、及び機関誌『舞台芸術』編集委員。1968年生まれ。演劇批評家、現代演劇研究。「KYOTO EXPERIMENT (京都国際舞台芸術祭)」実行委員長(2013~)。著書に『舞台芸術の魅力』(共著、放送大学教育振興会)、論文多数。

修了生紹介

photo:前谷 開

わだ ながら
和田 ながら(わだ ながら)さん

演出家 [ 2011年度修了 ]

大学院に進学後、自身のプロデュースユニット「したため」を始動させ、演出家として活動を展開する。在籍中から「KYOTO EXPERIMENT(京都国際舞台芸術祭)」にスタッフとして関わり、現在は事務局員。2018年、こまばアゴラ演出家コンクールにおいて、観客賞を受賞。

大学院は、演出家としてのスタート地点。
自分を試すことで、大きな一歩を踏み出せた。

演出家になる。大学院に進学してすぐに、自分のプロデュースユニットを立ち上げ公演を行いました。自分の制作と真剣に向き合える、贅沢な環境。演出家としての能力を試すことができた2年間でした。演劇を一からつくり上げるにあたって、どんなテキストを扱い、どのように解釈して表現へつなげるのか。その上で、照明や音響、舞台美術はどのように設定するのか。アイデアを練り、作品を立ち上げた経験は、演出家としての一歩を大きく後押ししてくれました。また、アーティストや写真家など、他領域の人ともつながったことが、大きな財産。インディペンデントに活動していく中で、現在も彼/彼女らと一緒に作品づくりに取り組む機会に恵まれています。他者との出会いによって、どんな新しい表現が生まれていくのか。仲間とその可能性を模索しながら、ゴールを定めず、ゆっくりと前に進んでいきたいと思っています。

周 焱
周 焱(シュウ イェン) さん

中国西北大学藝術学院アニメ学科専任講師 [ 芸術専攻(博士課程) 2009年度学位取得 ]

1998年西安大学卒業。1999年に留学生として来日し、京都国際外国語センターで2年の語学学習を経た後、京都造形芸術大学映像・舞台芸術学科映像コースに入学。同大学院へ進学し、芸術研究科芸術専攻で博士号(学術)を取得。現在は中国西北大学藝術学院の専任講師を務める。

京都で過ごした13年間は、人生の道標であり、かけがえのない宝物。

幼いころから日本のアニメを見て育ち、映画やドラマにも夢中になり、日本で映像を学びたいと思うようになりました。学部で映像理論などを学び、修士・博士課程に進学。論文の執筆はとても苦労しました。博士論文では12万字も書かなければいけません。日本語を書くことにまだ不慣れでしたし、内容も過去にはない新しい発見が求められます。乗り切れたのは先生方のお陰です。北小路隆志先生から的確なご指摘をいただき、客員教授の羽生清先生には研究に対する真摯な姿勢を教えられました。学部生のときよりも先生方と深く関わり、その情熱にふれることで、研究への高い意欲を持ち続けられました。博士論文をもとに2016年に日本で出版した書籍が『チャン・イーモウの世界』。京都で学んだことの集大成です。帰国した今は講師を務め、知識だけでなく、情熱を伝えられる指導者をめざしています。

資料請求 あたらしいパンフレットができました。