やまもと たろう

山本 太郎(画家・アーティスト)

山本 太郎(画家・アーティスト)
所属 美術工芸学科
職位 准教授
専門分野 絵画
学位 学士(芸術) 〔京都造形芸術大学〕
プロフィール 2000年京都造形芸術大学卒業。大学在学中の1999年に、寺社仏閣とファーストフード店が至近距離で混在する京都にインスピレーションを受け、伝統と現代、異質な文化が同居する「ニッポン画」を提唱。日本の古典絵画と現代の風俗が融合した絵画を描き始める。ニッポン画は3つの柱で表される。それは「日本の今の状況を端的に表すこと」、「古典絵画の技法を使うこと」、「諧謔(かいぎゃく)をもって描くということ」。近年は企業等と積極的にコミッションワークを行いキャラクターを使用した作品も多数制作している。その作風は現代の琳派とも評される。2015年京都市芸術賞新人賞、京都府文化賞奨励賞受賞
ウェブサイト https://nipponga.jimdo.com

作品リスト

熊本ものがたりの屏風 女性のハレの日金屏風
2017

松竹梅清涼飲料水紋図
2015

隅田川 桜川
2010