たかはし こうへい

髙橋 耕平(美術家)

髙橋 耕平(美術家)
所属 美術工芸学科
職位 専任講師
専門分野 現代美術 映像 写真
学位 学士(美術) 〔京都精華大学美術学部〕
修士(芸術) 〔京都精華大学大学院芸術研究科〕
プロフィール 1977年京都府生まれ。大学で版画、写真を学んだ後、2003年、オルタナティブ・スペース「muzz program space」(京都市)を設立、現代美術の展覧会を企画・運営。2005年頃より映像作品の制作を始める。ドキュメンタリー形式の作品を中心に、映像、写真、言葉、物等を構成したインスタレーションを発表する。展覧会に「パズルと反芻 “Puzzle and Rumination”」(Island,NADiff a/p/a/r/t,JIKKA、2012年)、個展「史と詩と私と」(京都芸術センター、2014年)、「ほんとの うえの ツクリゴト」(旧本多忠次邸、2015年)、個展「街の仮縫い、個と歩み」(兵庫県立美術館、2016年)、「切断してみる。ー 二人の耕平」(豊田市美術館、2017年)などがある。
ウェブサイト http://www.takahashi-kohei.jp/

作品リスト

史と詩と私と
2014
京都芸術センターでの展示風景(撮影:表恒匡)

街の仮縫い、個と歩み
2016
兵庫県立美術館での展示風景(撮影:表恒匡)

かつて「大西」を名乗った者達への聞き取り
2017
豊田市美術館での展示風景(撮影:大西正一)