もりやま なおと

森山 直人(演劇批評家)

森山 直人(演劇批評家)
所属 舞台芸術学科
職位 教授
専門分野 現代演劇、表象文化論
学会・学派 国際演劇評論家協会
学位 修士(学術) 〔東京大学大学院 総合文化研究科〕
プロフィール 1993年、東京大学教養学部卒業、1996年、同大学大学院総合文化研究科修士課程修了。2001年、同博士後期課程単位取得退学後、京都造形芸術大学芸術学部の専任教員に着任。同年より、同大学舞台芸術研究センター主任研究員、同センター発行の機関誌『舞台芸術』編集委員。京都芸術センター主催事業「演劇計画」企画ブレーン(2004年~09年)を経て、2011年より、KYOTO EXPERIMENT(京都国際舞台芸術祭)実行委員。放送大学科目「舞台芸術への招待」(全15章)のうち3章を担当中。著書に、Alternatives (共編著、Peter Lang, 2001年)、『舞台芸術への招待』(共著、放送大学教育振興会、2011年)。主な論文に、「沈黙劇とその対部――あるフィクションの起源をめぐって」(『舞台芸術』13号)、「〈ドキュメンタリー〉が切り開く〈舞台〉」(『舞台芸術』9号)等多数。