フィールドワーク 2020年2月23日日–26日水 9:30–17:30(最終入場時間 17:00)|会期中無休|入場無料 東京都美術館[1階 第2・第3展示室]

京都芸術大学は、近年芸術教育の成果発表ともいえる卒業・修了制作展のあり方について改めて問い直してきました。芸術大学の学びが、個人的な興味・関心から生まれる一方向的なメッセージに終始するのではなく、歴史・文化・社会・政治を複層的にリサーチし、未来の社会に対して芸術的視点から何が提案できるのかを考えてきました。
そこで、これまで『シュレディンガーの猫』(2018)、『宇宙船地球号』(2019)というテーマで2年間本展を開催してまいりました。3年目となる本年度は『KUAD ANNUAL 2020 フィールドワーク:世界の教科書としての現代アート』と題して、出展者を学部3年生以上に広げ、12人と3組の学部生・院生の作品を展示いたします。ぜひご高覧ください。

フィールドワークからどんな世界が見えたのか? フィールドワークがいかにアートになるのか?

今日、現代アートと呼ばれるものは、多様化する「世界」を俯瞰し、そこに投影された過去を再考し、さらに未来を考える総合的な領域として拡張しています。メディアや図画工作的なテクニックの問題に限定されず、現代アートはあらゆる分野と接続しながら、「世界」を学ぶガイドブックでもあります。したがってアーティストは、自らの内面を見つめるだけでなく、自分の立ち位置と他者、現在と過去、とりわけ語られない歴史などを相対化させ、人類や地球の未来のための総合的な叡知を伝えていかなければならないのです。
「KUAD ANNUAL 2020」では、「世界の教科書としての現代アート」を
「フィールドワーク」という視点から探ります。フィールドワークは、多様な分野で採用される研究方法で、自ら対象となる場所に赴き、参加、観察、記述するものです。本展ではそれを、自らの体験と観察、他者との対話等によって私たちが生きている現代世界を学ぶ機会として捉えています。参加アーティスト15名(組)が多様な関心からフィールドワークを進め、そこから見えてきた世界をいかに芸術作品として転換したのか、ご高覧いただければ幸いです。企画:片岡真実

京都芸術大学大学院芸術研究科 教授
森美術館 館長

ニッセイ基礎研究所都市開発部、 東京オペラシティアートギャラリー・チーフキュレーターを経て2003年より森美術館。2020年より森美術館館長。2016年度より京都芸術大学大学院芸術研究科教授。「第21回シドニー・ビエンナーレ」 芸術監督 (2018)。

Artists

  • 石黒健一 作品画像
    石黒健一
    Kenichi Ishiguro
    芸術専攻
  • 太田桃香 作品画像
    太田桃香
    Momoka Ota
    美術工芸学科
  • 風間大槻 作品画像
    風間大槻
    Taiki Kazama
    美術工芸学科
  • 梶原瑞生 作品画像
    梶原瑞生
    Mizuki Kajihara
    芸術専攻
  • 川上春奈 作品画像
    川上春奈
    Haruna Kawakami
    美術工芸学科
  • 孫天宇 作品画像
    孫天宇
    Tianyu Sun
    芸術専攻
  • 高田美乃莉 作品画像
    高田美乃莉
    Minori Takada
    美術工芸学科
  • 人見詩央里 作品画像
    人見詩央里
    Shiori Hitomi
    空間演出デザイン学科
  • 本田莉子 作品画像
    本田莉子
    Mariko Honda
    美術工芸学科
  • 山本奎 作品画像
    山本奎
    Kei Yamamoto
    美術工芸学科
  • 山本友梨香 作品画像
    山本友梨香
    Yurika Yamamoto
    美術工芸学科
  • 吉田彩華 作品画像
    吉田彩華
    Ayaka Yoshida
    美術工芸学科
  • 201 artects 作品画像
    201 artects.
    内納耀平 椿野成身
    Yohei Uchino, Narumi Tsubakino
    芸術専攻
  • New Villagescape 作品画像
    New Villagescape
    京都芸術大学ウルトラプロジェクト+慶応義塾大学SFC松川研究室+dot architects
    ULTRA PROJECT, Kyoto University of Art & Design + Matsukawa Lab, Keio University SFC + dot architects
  • 大学院グローバル・ゼミ 作品画像
    大学院グローバル・ゼミ
    芸術専攻

関連企画「生きる建築」講評会 ゲスト:中谷礼仁(早稲田大学教授)石川初(慶應義塾大学SFC教授)、日 時:2020年2月24日(月・祝)13:00 - 15:00、会 場:東京都美術館 第3展示室、参加費:無料(事前申込不要)

Access

東京都美術館

〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36
TEL 03-3823-6921(代表)

JR上野駅「公園口」より徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅「7番出口」より徒歩10分
京成線京成上野駅より徒歩10分

当館には駐車場はございませんので、車でのご来館の際はご注意ください。

Access

京都芸術大学 企画広報課

  • 075-791-9112