2019年8月27日(火)

開学30周年「グランドデザイン2030」と「京都芸術大学」への名称変更(2020年4月1日〜)について

大学案内

学校法人瓜生山学園 京都造形芸術大学は、2021年4月1日に大学開学30周年を迎えます。この度、大学開学30周年記念事業の一環として、本学の理念である「京都文藝復興」「藝術立国」の実現に向けた将来構想「グランドデザイン2030」を策定いたしました。
大学開学30周年を契機に、多くの芸術大学が集まるこの京都から、芸術を学ぶ学生たちが協働して共に新たな価値を創造することを目指し、本学はこれまでに築いてきた企業、自治体、研究機関、海外とのネットワークをさらに強化し、その共創を推進する役割を担ってまいります。
 

「GRAND DESIGN2030」

 
 
グランドデザインにおける5つの方針
 
1.「京都文藝復興」「藝術立国」実現に向けたさらなる活動の展開
    京都や世界の抱える課題の解決に向けたネットワークの強化
 
2.「音楽」「エンターテインメント」「テクノロジー」等の領域拡充
   横断的な学びの構築が期待される時代の新しい芸術教育の創造
 
3.「附属高等学校」のさらなる展開と新たな高大接続モデルの構築
   急変する時代を見据えた新たな高大接続モデルをリードする大学を目指して
 
4. 次世代の学習環境を創造する「Campus2.0」構想
  日本最大規模の芸術大学として、京都から世界へ
 
5. 2020年4月1日より「京都芸術大学」へ大学名称変更
  「造形芸術」の枠を超え、「藝術立国」の実現に向けて
 
学校法人瓜生山学園「京都造形芸術大学」は、2020 年 4 月 1 日より、学校法人瓜生山学園「京都芸術大学」に名称を変更いたします。
※その略称としては、「瓜芸(うりげい)」「KUA(ケーユーエー)」を使用し、「京芸」「京都芸大」は使用いたしません。
※なお、申し上げるまでもなく、本学は、公立大学法人「京都市立芸術大学」とは異なる大学です。
 
 
大学開学30周年 シンボルマーク
 
 
京都造形芸術大学のシンボルである大学本部棟(人間館)の正門を、 ロゴマークのベース・デザインとして展開。
「30」という文字を中央に堂々と据えることで、大学開学30周年を迎える大学の誇りと、学生・教職員・卒業生をはじめ、この門を出入りする多くの人々の尽力、チャレンジ、支えなど、さまざまな想いよって大学開学30周年を迎えることができたという歴史を表現しています。
また、大学本部棟へと続く階段は、未来に向かって、たゆみのない挑戦を続け、芸術を学んだ学生の力を通じて、広く社会に貢献していく強い意思を示しています。
 
 
■本件に対するお問い合わせ
京都造形芸術大学 企画広報課
TEL:075-791-9122   E-mail:kouhou@office.kyoto-art.ac.jp