OPENCAMPUS 2015 SCHEDULE

京造を体験
4/26(日)
2016年度の最新情報を先行公開!
春のオープンキャンパス
レポート
京造を知る
6/14(日)7/12(日)
授業を選んで芸大生を一日体験できる!
一日体験入学 A日程 6/14(日)
一日体験入学 B日程 7/12(日)
プログラム(7/12)
レポート(6/14)
夏コミ対策も!
7/25(土)7/26(日)
夏コミ対策講座や、1、2年生向け企画も!
入試対策オープンキャンパス
プログラム(7/25、7/26)
レポート(7/25、7/26)
9/19(土)9/20(日)
9/19(土)9/20(日)
「学園祭」「京造ねぶた」も同時開催!
秋のオープンキャンパス
プログラム(9/19、9/20)
レポート(9/19、9/20)

Kyoto University of Art and Design OPENCAMPUS 2015

7/12(日)10:00-16:00 9:45受付開始 予約不要

京都造形芸術大学の本格的な授業を受けられるチャンス!
コース選びに迷っている方向け企画も緊急開催!

1日体験入学

志望コースが決まっている方も、迷っている方も、 1日体験入学でイメージを膨らまそう!

7月12日は、あなたも京都造形芸術大学の希望コースの授業を受けられるまたとないチャンスです。各コースの担当教員が自信を持って行う体験授業を午前・午後、最大2コースまで選んで受講できます。気になるコースを受け比べて、志望コースの選択はもちろん、受験生は入試対策の機会にしてください。
また、コース選びに迷っている方向けの複数授業&施設見学コースもございます。
いろんな授業を受けてみたい方や、芸術には興味はあるけど分野が決まっていない方は、ぜひご参加ください。

体験授業

美術工芸学科
日本画コース

教員からのメッセージ動画

デッサンからの解放~水墨と金泥~

詳細を見る

詳細を見る

授業の概要

複数の樹根を組み合わせたモチーフを、墨と金泥(泥状に溶いた金)を使って日本ならではの素材・和紙に描いてみましょう。タテ・ヨコなど、構図は自由です。ただ単に筆を使うだけではなく、紙管(紙で出来た筒)とモップの先も筆として利用することに挑戦します!※当日は汚れても良い服装で参加してください

授業の詳細

デッサンというコトバに縛られないで、ここでは日本美術の美意識にふれる貴重な体験ができます。
これまでデッサンの経験があるなしに関係なく、水墨画という表現方法に挑戦してみましょう!コントロールのきかないニジミやカスレ、鉛筆とは大きく違う深い感動を味わうことができます。それはすなわち、美術家でしか感じ取ることができない至福の悦びを知ることです。古来より変わることなく、京都は日本の文化の中心にあります。そんな京都の地で、これらの体験を通してあなた自身に備わっている豊かな感性を発見しましょう!

美術工芸学科
油画コース

教員からのメッセージ動画

イチから始める『本格デッサン2』(黒い紙と白い鉛筆)

詳細を見る

詳細を見る

授業の概要

Dessinの語源は、「計画、意図、構想」。つまり「デザイン」と同じ。デッサンがわかると、絵画だけでなく、デザイン、映画、舞台、アニメやマンガも生み出せるようになります。デッサンは難しくない。でも、芸大生には大切な力。この授業でデッサンの本当の楽しさを発見して、芸術の世界に一歩を踏み出そう。

授業の詳細

デッサンを「難しい、苦手、避けて通りたい」と思っている人も多いかもしれません。上手に描こうとする焦りが生んだ苦手意識が原因です。そもそも「デッサン-Dessin-」とはなんでしょう?よく「素描」とも言われますね。「素」とは、「ものごとを作り上げる本質的なもの」という意味です。つまり、「素描」とは、「ものごとの本質を発見して描く」ということです。だから、上手に描こうとするよりも、まずは「観る」という意識を変えることが大切です。この授業では、「モノの観方」を変えて、それを表現につなげる面白さを皆さんにレクチャーします。

お知らせ

持参物:デッサン用具一式(鉛筆・ねりゴム等)※カルトンは貸出しをします。

美術工芸学科
現代美術・写真コース

教員からのメッセージ動画

世界の多様なアートに触れる

詳細を見る

詳細を見る

授業の概要

《現代美術》と一言でいっても、その表現方法は写真、映像、パフォーマンス、インスタレーションなど多岐にわたります。作品のテーマも、身の回りを見つめたものから政治的なものまで多様です。この授業では、世界中で活躍するアーティストによる様々な作品に触れることで、現代美術の世界の驚くべき多様さを学びます。

授業の詳細

《現代美術》ときくと、わかりにくい、難しそうというイメージがあるかもしれません。しかし現代美術とは、なんら特別なものでも、難解なものでもありません。それはすべての人に開かれた、表現と対話のための場であり、そこでは世界中のアーティストが「別の考え方」「別の見方」を求めて、その可能性をユニークに探っています。そこでこの授業では、さまざまなテーマや方法によって制作された多様な現代美術の作品に触れることを通して、より自由かつ柔軟にアートをとらえ、その刺激を自分の表現に生かす面白さへとつなげることを目指します。

美術工芸学科
染職コース

教員からのメッセージ動画

「藍染の布を編んで縄跳びを作ろう」

詳細を見る

詳細を見る

授業の概要

織り機を使わない技法の中のひとつである編みの技法を使って、大きな縄作りをします。素材である藍染めの布を細く割いて、この布を指で編んで縄を作ります。それぞれ完成した縄をつなぎ合わせて大きな縄で縄跳び体験も行います。

授業の詳細

染織にかかわる世界には、たくさんの「素材」と「技術」があります。その多くは、先人たちが、実際に手を動かしながら、失敗—工夫ー改善ー成果というサイクルの中で、見つけてきたものです。今回の体験授業では、作業することの楽しさや、その効果を体験し、テキスタイルをつくることへの興味を十分にふくらませます。
※体験授業中に、デッサン講評やその他、保護者からのご質問に答えます。

美術工芸学科
総合造形コース

教員からのメッセージ動画

フェルトアートで「まりも」をつくろう

詳細を見る

詳細を見る

授業の概要

フェルトアートで「まりも」をつくります。羊毛の素材を用い、立体的な造形世界を体験します。さまざまな色を組み合わせてオリジナルな「まりも」に挑戦してみましょう。

授業の詳細

フェルトアートの技法を体験してもらいます。総合造形コースはさまざまな素材と技法をもちい、あらゆる造形を制作できることを特長です。羊毛のやわらかい素材が洗剤と混ぜ合わすことでしっかりとした立体に生まれ変わります。その変容の不思議さと自分の手でつくる造形のたのしさを体験してみましょう。色や素材の質感などいろいろな造形要素を知ることができます。

マンガ学科
ストーリーマンガ
コース

教員からのメッセージ動画

マンガ表現技法体験<上級>

詳細を見る

詳細を見る

授業の概要

プロのマンガ原稿を使って、ベタ・かけあみ・スクリーントーンによる仕上げ作業を体験。マンガ描画法の基礎や、イラストに生かせる技法を学べるほか、プロの原稿に触れることで自分の目標設定にも役立ちます。<入門>より高度な背景処理を体験します。2回続けての参加をお勧めしますが、<上級>だけでも大丈夫です。

授業の詳細

マンガ描画法の基礎をこの機会に学びましょう。初めての人も、マンガを何度も描いてきた人も、プロの原稿に触れることによって自分の達成目標を設定することができます。たとえ目標が遠くても、技法は繰り返すことで身についていくので、失敗を恐れずチャレンジしましょう。皆さんには少年マンガ用と少女マンガ用の原稿のうち、自分の志向に合う方をどちらかを選んでもらいます。少年マンガと少女マンガはスクリーントーンの貼り方ひとつをとっても違いがあります。それぞれの特性に合ったペンタッチと画面処理の技法を身につけましょう。

お知らせ

持参物:鉛筆、消しゴム、定規、カッターナイフ、ペン軸

キャラクター
デザイン学科
キャラクター
デザインコース

教員からのメッセージ動画

世界でただ一つだけのキャラクターデザイン

詳細を見る

詳細を見る

授業の概要

「物体をキャラクター化する」というワークショップを行ないます。
日頃何気なく使用している物や、見過ごしがちな状況でも、視点を変えるとそこに命を感じることができます。物事の見方を変えて、自分だけのオリジナルキャラクターを創作します。

授業の詳細

コミュニケーション入学のための対策として、試験と同内容の「物体をキャラクター化する」というワークショップを行ない、キャラクター創作において最も重要な発想法を学びます。
より柔軟な発想ができるように、グループディスカッションで思考を刺激し、実際にオリジナルキャラクターを創作します。最後には合評を行ない、客観的な視点を養います。

情報デザイン学科
情報デザインコース

教員からのメッセージ動画

伝える伝わるデザイン(コミ入対策ワークショップ)

詳細を見る

詳細を見る

授業の概要

非常口やトイレのマークなど、文字のかわりに「ピクトグラム」(絵文字)が使われているのを、日常よく目にすると思います。この授業では、誰もが見ただけで情報を受け取ることができる「ピクトグラム」について知り、情報の視覚化について学び、楽しく直感的に伝わるピクトグラムのデザインにチャレンジします。

授業の詳細

授業は、(1)頭のウォーミングアップ (2)ワークショップ (3)合評の3部構成です。
ワークショップでは、日常よく目にするピクトグラムについて考察し、「楽しく直感的に伝わるピクトグラム」を考案します。アイデアは他者に共感を得られ、伝わってはじめてデザインです。いかにシンプルに伝えることが出来るか、参加者同士で話し合いながら進めます。最後はみんなでアイデアを共有し、共感しながらの合評。デザインの勉強ははじめてという人もぜひチャレンジしてください。小さな気づきが豊かなアイデアに変っていくおもしろさや、デザインのプロセスを楽しみながら体験できます。昨年のコミュニケーション入学での課題にも取り組みます。

情報デザイン学科
イラストレーション
コース

教員からのメッセージ動画

コミ入直前!対策ワークショップ

詳細を見る

詳細を見る

授業の概要

昨年度夏期コミュニケーション入学での課題をとりあげ、短時間でポイントを押えながら振り返ります。文字とイラストレーションを組み合わせ「コラージュ」することで、思いもしないアイデアの広がりを体験できます。

授業の詳細

実際よりも短時間ながら、夏期コミュニケーション入学や情デの授業をより身近に感じられるカリキュラムです。まず「アイスブレイク」でリラックスし、課題についてのポイントを解説、どこに注目して取りかかるのが良いかグループによる「ディスカッション」を通じて進行します。これらが実際のコミュニケーション入学や入学後の授業に自然とつながります。

お知らせ

持参物:色鉛筆など描画用具

プロダクトデザイン学科
プロダクトデザインコース

教員からのメッセージ動画

カタチのナリタチを考える

詳細を見る

詳細を見る

授業の概要

プロダクトデザインはモノ作り、モノにまつわるコト作りのデザインです。
イメージをカタチに応用する方法、立体でデザインを考える方法を、簡単なモデルを造りながら学びます。

授業の詳細

使いやすい、美しいデザインとはどのようなカタチでしょうか?
プロダクトデザイナーはアイデアのイメージを豊かに膨らませて、製品に落とし込む必要があります。
身近なキッチン用品をテーマに、デザイナーがイメージをどのようにカタチに結びつけているのか、そしてデザインを立体で考える方法を学びます。
デザインイメージマップを制作して、ぼんやりしたイメージをデザインに落とし込みます。それを元に紙を使ったモデル制作を行い、プロダクトデザインのプロセスと考え方を体験しましょう。

お知らせ

持参物:カッターナイフ、30cm定規、三角定規、コンパス、鉛筆など筆記用具、太めのサインペン

空間演出デザイン学科
空間デザインコース

教員からのメッセージ動画

コミュニケーションとしてのディスプレイをつくろう

詳細を見る

詳細を見る

授業の概要

空間演出デザイン学科では、社会の課題解決のためのデザインであるソーシャルデザインを学び実践します。コミュニケーションワークを行い誰かの為のものづくりに挑戦します。あなたのまちにメモリアルデイを新しくつくり、それを伝えるためにディスプレイとしての空間とインビテーションカードをつくります。人に伝える大切さを考えてみましょう。

授業の詳細

社会の課題解決のためのデザインでは、コミュニケーションしながら人や社会と関わっていくことが重要です。体験授業では、学科合同でまずはコミュニケーション・ワークを経験してみます。簡単なゲームを通じて人から受け取ることを大切にすることを学び、それが誰かのためになる一歩だということを知ります。そしてその気持ちを大切にしながら、コース別の制作を行います。
空間デザインコースでは、空間を使ってコミュニケーションする大切さや楽しさを体験してもらいます。あなたのまちに新しくつくりたいと思うメモリアルデイを考えてください。

空間演出デザイン学科
ファッションデザインコース

教員からのメッセージ動画

Make Mistake(T-shirts)

詳細を見る

詳細を見る

授業の概要

とてもシンプルに、Tシャツをつくる。

授業の詳細

イラスト、マンガ、キャラクター、具象、抽象、どんな絵も、感覚も、紙の上ではなく、Tシャツの上に置けば「ファッション」になり、誰かを新しくすることができるという魔法。
ファッションとは服のことではありません。なんのことだろう?

環境デザイン学科
建築・インテリア・環境デザインコース

教員からのメッセージ動画

ペーパークラフト『京の町家』

詳細を見る

詳細を見る

授業の概要

紙に印刷されたパーツを切り取り、貼りあわせて、『京の町家』を作ってみましょう。坪庭や通り庭のある典型的な京都の町家を100分の1に縮小したこの模型キットは、学生と教員が協力してつくった学科のオリジナル品です。これであなたも、町家のオーナーですね!?

授業の詳細

千本格子に瓦屋根の町家が連なる風景は、京都の魅力のひとつです。間口が狭く奥行きが深いため、「うなぎの寝床」と呼ばれる京町家。そこには、商いの場と生活の場を兼ねた建物を細長い敷地に上手に配置したり、中庭をつくって通風や採光に工夫を凝らしたり、すだれやのれんで季節感を演出したりといった生活の知恵を、随所に見ることができます。この授業では、ミニレクチャーと100分の1サイズのペーパー模型づくりを通して、京町家の知恵と魅力について学びます。

映画学科
映画製作コース

教員からのメッセージ動画

撮影、照明の工夫で映画が変わる!

詳細を見る

詳細を見る

授業の概要

高原校舎の映画スタジオで、実際に映画におけるワンシチュエーションを撮影します。皆さんにカメラや照明機材を使っていただき撮影を進める中で、照明の設計やカメラのフレーミングなどによってどのように見え方、感じ方が変わるのかを一緒に考えてみたいと思います。

授業の詳細

例えば「手紙を書く」などシーンの設定を決めて、実際に皆さんにカメラや照明機材を使っていただきながら撮影を行います。どこからどのように光をあてることによって、その状況がどのように見えてくるのか。あるいは、カメラポジションやフレームを決めることで、映像がどのような印象を見る側に与えるのか。そうした、映画におけるカメラワークや照明の果たす役割について皆さんと考えることによって、映画を作る楽しさを知っていただけたらと思います。

映画学科
俳優コース

教員からのメッセージ動画

はじめての演技

詳細を見る

詳細を見る

授業の概要

憧れだけで終わらない為に、俳優が演技をするとはどういう事かを体験します。

授業の詳細

まずは、人前で演技をするという恐怖心を取り除く事から始めます。そして即興劇を通して、自分自身のままでお芝居が成立している事を体験します。
演技ってこんなにも楽しいことなのだと必ず実感できるワークショップです。

お知らせ

参加者は動きやすい服装で来てください。(ハイヒール不可) またイヤリングなどの装飾品も怪我に繋がる恐れがありますのでご遠慮ください。

舞台芸術学科
演技・演出コース

教員からのメッセージ動画

駅のホームの誰かを演じてみる!

詳細を見る

詳細を見る

授業の概要

駅のホームで電車を待っていると、実に様々な人たちがいることに気づきます。急いでいる人、好きな子と偶然会うのを期待している子、会いたくない人と偶然会っちゃった人、スマホをひたすらいじっている人、などなど。そんな誰かを演じることでホームドラマの一場面をつくります。

授業の詳細

まず、駅のホームにはどんな人たちがいるか想像することからはじめます。外見からでも内面からでもかまいません。その中から、自分の選んだキャラクターを演じてみます。また、そこに居合わせた他の人と即興で会話をしてみます。電車が来るまでの10分でどんなドラマが展開されるでしょうか。
普段の自分の何気ない行動を客観的にとらえ演じてかまいません。自分ではない誰を想像して演じてもかまいません。どこにでもいる誰かの外的、内的要素をとらえて「生き生きと演じること」を体験します。

お知らせ

舞台芸術学科は「コミュニケーション入学(体験授業型AO入試)」の際、「演技・演出コース」「舞台デザインコース」共に両コースの授業を受講します。
そのため、「一日体験入学オープンキャンパス」でも両コース参加されることをオススメしています。

舞台芸術学科
舞台デザインコース

教員からのメッセージ動画

世界を観る⇒舞台を創る!

詳細を見る

詳細を見る

授業の概要

窓を作ります。その窓で切り取った風景の奥、景色の外に何があるか、見えていないものを観る、世界を観る。この授業では私たちと観客の皆さんをつなぐ舞台デザインの秘密「フレーム(額縁)」について経験します。その秘密の仕掛けの名前は「プロセニアム」です。

授業の詳細

私たちの秘密「プロセニアム」は特別な魔法のようなもの。サミュエル・ベケット「ゴドーを待ちながら」をテキストに考えます。その場所ではどんな音が聞こえていて、登場人物たちはどんな光に照らされていますか。プロセニアムの向こう側にはどんな世界が広がっているでしょうか。
ちょっとした大工仕事で小さな窓や大きな窓を用意します。ゆがんだ窓でも楽しい。窓=簡単なプロセニアムです。プロセニアムの中に登場人物を配し、風景の奥や景色の外にもつながっていく、舞台を創るような観せ方を探します。

お知らせ

舞台芸術学科は「コミュニケーション入学(体験授業型AO入試)」の際、「演技・演出コース」「舞台デザインコース」共に両コースの授業を受講します。
そのため、「一日体験入学オープンキャンパス」でも両コース参加されることをオススメしています。

文芸表現学科
クリエイティブ・ライティングコース

教員からのメッセージ動画

「面白エッセイ」を書いてみよう

詳細を見る

詳細を見る

授業の概要

皆さんが読んだり書いたりする機会が多いのは「エッセイ」「随筆」などと呼ばれる、身の回りや自分に起こったことを記した文章です。基本的には事実を書きますが、どう表現するかは書き手しだいです。事実のとらえかたによって、創作の世界に近づくこともあります。今回は「読み物的なエッセイ」、題して「面白エッセイ」を書いてみましょう!

授業の詳細

身の回りのできごとを書いてみましょう。と言われても「書くネタがない」と困ってしまうひともいるかもしれません。けれども、どんな些細なことでも表現の方法しだいで、ひとの心を惹きつける、面白い文章にできるのです。その方法をお伝えするので、ぜひトライしてみてください。また、今回は「フィクション」、つまり事実ではないこと、をまじえてもらってもかまいません。たとえば、実際には猫を飼っていないけれど、猫を飼っていることにする、海外旅行したことはないけれど、イギリスとフランスに行ったことにする、など、設定は自由です。文字数は800字以内。最後にそれぞれの作品を朗読してもらい、みんなで読み合います。

アートプロデュース学科
アートプロデュース
コース

教員からのメッセージ動画

見せ方ひとつで傑作に?

詳細を見る

詳細を見る

授業の概要

誰でも気軽に撮ることができる写真。あなたのケータイにもきっと何枚もあるはず。でも、撮った後の写真って意外と見ないものですよね。実は、「なんてことないや」と見過ごしていた写真も、見方と、見せ方次第で「傑作」に変えることができます。この授業では、作品を「見せ方で魅せる」術を学びます。

授業の詳細

様々な一瞬を切り取った写真作品を、みんなでじっくり見て想像を膨らませます。さらに、複数の写真の組み合わせを考えることで、なんでもない写真を「決定的瞬間」の写真にしていきます。予備知識はいりません。自分の思ったことや感じたことを言葉にしてみてください。また、他の人の話も聞いてみましょう。見れば見るほど見方が変わる、不思議なアート体験を通して、「アートを魅せる」おもしろさを学びましょう。

こども芸術学科
こども芸術コース

教員からのメッセージ動画

絵本のちから、読み手のちから

詳細を見る

詳細を見る

授業の概要

絵本は世代や国境を越えてとても魅力的なメディアです。英国出身のLee Haydn Straight氏(絵本作家・イラストレーター)をお招きし、グループ制作と発表をとおして、作り手と読み手、両方の立場を体験しながら絵本について考えてみます。夏期・秋期コミュニケーション入学の対策にもなっています。どのように子どもたちと絵本の世界をつなげ、楽しい場をつくっていけるのか学んでみませんか?

授業の詳細

Lee氏が絵本作家になるまでの人生や現在の活動、どのように絵本をつくっているのか、そのプロセスを学びます。演習では読み聞かせ場面を映像で見ながら、“読み手はパフォーマーである”ことを体感します。その後、実際にグループ制作をし、読み手の役割を演じることにより、「絵本」が読み手と聞き手をつなぎ、ともに絵本の世界をつくっていくことの面白さを発見します。「絵本」があなたを変えるかもしれません!

歴史遺産学科
文化財保存修復・歴史文化コース

教員からのメッセージ動画

古文書修復実習

詳細を見る

詳細を見る

授業の概要

東洋の書画文化財では、絵画にせよ古文書にせよ、紙に描(書)かれたものが圧倒的に多く残されています。和紙の種類や特性について学び、実際に虫の被害を受けて穴のあいた古文書の修理実習を行って、現在の文化財修理について考える授業です。

授業の詳細

古文書の虫に食われた穴を埋める修理実習を行います。和紙には楮紙や雁皮紙など様々な種類があり、さらに填料が加えられたり、加工されたりして様々な特徴が与えられます。まず最初に、和紙について学び、その古文書が書かれている紙が何かを突き止めます。次に、修復する方法について、手で繕ったり、機械的に補填したりする方法など様々な技術があり、発展していることを学びます。その中の一つである漉嵌による補修を、実際の古文書を使って実習体験します。この授業を通して、現在の文化財修理の考え方を理解していきます。

ウルトラファクトリー
特別授業

※午前の部10:10〜11:40のみ開催

ウルトラ・メタルワークショップ

詳細を見る

詳細を見る

授業の概要

「想像しうるものは何でもつくれる」をモットーとする立体専門の創作支援工房ウルトラファクトリーで金属加工を体験するワークショップ。機材を使って鉄板を切り、溶接機でくっつけてオリジナルブックスタンドを作ります。設備がなければ扱えない金属素材に触れることができるワークショップです。

授業の詳細

20cm角の鉄板を、プラズマ溶断機を使用して好きなラインで切りとり、溶接機で接合してブックスタンドを作ります。はじめて金属を扱う人でも安全に加工ができるように、ウルトラファクトリーのテクニカルスタッフが指導します。金属加工体験によって、金属素材の特性や魅力、技術習得のコツ、そして手を動かしてモノをつくるおもしろさを体験してください。

お知らせ

参加生は作業着を持参、着用のこと(綿素材の長袖、長ズボン、動きやすい靴で参加してください)

Special

  • 複数授業&
施設見学コース
  • こんな方にオススメ!
  • コース内容
  • 複数授業&
施設見学コース
  • こんな方にオススメ!
  • コース内容

ポイント

1 京都造形芸術大学の各コースの
授業を体験できる2日間!

普段のオープンキャンパスとは異なり、本格的な授業を受講できるのがこの「1日体験入学」。一足早く芸大生になったつもりで、憧れのコースの授業を1日体験してください。芸術大学の授業の面白さに気づくことができる1日になること間違いなしです。

2 第一線で活躍する先生の
授業を受けるチャンス!

授業を担当するのは、4年間皆さんを指導する各学科・コースの先生たち。しかも、みんな社会や世界で活躍する現役のアーティストやクリエイター、そして研究者。そんな先生たちが入学後の学生と同様に、全力で皆さんを指導します。

3 芸術を学ぶことの価値観が変わる
大学全体説明会は、とにかく必見!

京都造形芸術大学のオープンキャンパスに来たら、是非これに参加してください。「高校生のときに聞けて良かった」という感想が毎回寄せられるほど、単なる「大学説明」ではない話が聞けます! ぜひ保護者の方とご一緒に!

4 受付で配布される無料チケットで、 学生食堂orカフェを体験!

お昼休みは学生食堂やカフェでひと休み。美味しい食事やカフェメニューを無料体験しながら、午後からの体験授業や大学全体説明会に備えてください。

5 最後は入学個別相談コーナー、 教員相談コーナーで不安を解消!

「入学個別相談コーナー・教員相談コーナー」を設けています。入試、学生生活、就職や留学のこと。疑問や不安は、最後にここでじっくり相談して解消してください!

1日体験入学はこんな方に特にオススメ

京都造形芸術大学を志望している方は夏期コミュニケーション入学対策の絶好のチャンス!

8月(夏期)と10月(秋期)にそれぞれ行われる「コミュニケーション入学(体験授業型AO入試)」は、2日間本学の学生になり、希望コースの授業を受けながら課題に取り組む入試方式です。この「1日体験入学」は、「コミュニケーション入学」の模擬体験になるので、ぜひ入試対策の機会にしてください!

学科・コース選びに迷っている方は複数コース参加で希望コースを決めよう!

体験授業は、午前・午後で最大2コースまで受講できます。コース選びに迷っている人は、2日間で最大4コースまで受講できます。学生になったつもりで授業を受けると、本当に自分が学びたいコースがどこなのか、きっと見つかります。

芸術大学への進学を迷っている方、まったく経験がない方もぜひご参加ください!

「芸術大学ってどんなところか分からない」と思っている人や、「私でも大丈夫かな・・・」と自信を持てずにいる人こそ、ぜひ参加してもらいたいのがこの「1日体験入学」。芸術大学の授業を受けると、モノの見方や考え方が確実に変化します。ぜひその体験をご自身で!

タイムテーブル

体験授業 午前・午後最大2コースの授業を選択できます。
午前と午後の授業は同内容で行いますので、コース選び に迷っている人は、ぜひ2コース受講してください。
①10:10 - 10:40、②12:20 - 12:50
大学全体説明会いまや高校生だけでなく全国の進路指導の先生方や保護者の皆さんに大好評の「大学全体説明会」。とにかく、この大学全体説明会は必見です。 12:00 - 13:00(出入自由)
保護者対象 特別授業保護者の皆さまを対象にした特別授業をご用意。
午前の部
問題解決能力が飛躍的に向上する『芸術的思考』を学ぶ
午後の部
芸術大学で進路・就職を決めるために必要なこと
14:20 - 15:20
昼食昼食は、学生食堂orカフェでゆっくりと。
受付で無料体験チケットを配布しています。
10:00 - 16:00
個別相談ブース入学に関する様々な相談は、
随時個別相談ブースでご質問いただけます。
10:00 - 16:00
  • ※「学食無料体験」(10:30~15:00)、「カフェ無料体験」(10:00~16:00)
    受付でいずれかを利用できる無料体験チケットをお配りしています。

Course

1日体験入学は下記3つのタイプから選んでご予約してください

  • 2コースを比較したい!
フルコースで「1日体験入学」に参加したい方にオススメ!
  • 午前中のみ「1日体験入学」に参加したい方にオススメ!
(体験授業は1コースのみ)
  • 午後から「1日体験入学」に参加したい方にオススメ!
(体験授業は1コースのみ)

1日体験入学は下記3つのタイプから選んでご予約してください

  • 午後から「1日体験入学」に参加したい方にオススメ!
(体験授業は1コースのみ)

体験授業(午前/午後) 集合時間・場所について

「午前の部」の授業から参加される方

9時50分までに瓜生山キャンパス 人間館1階エントランスに集合

「午後の部」の授業から参加される方

12時40分までに瓜生山キャンパス 人間館1階エントランスに集合

アクセス

JR京都駅 ⇔ 大学間の
無料シャトルバスを運行します。

往路バス:JR京都駅(八条西口1階)→大学前(約40分)

集合場所 :JR京都駅(八条西口1階)

「烏丸中央口」(京都タワー側)ではなく、反対側の「八条西口」です。
(階段を降りた所にあるコンビニのBellMartさんが目印です。 付近に、本学Tシャツを着たスタッフがいます。)

出発時間

(1)8:30発 (2)8:40発 (3)8:50発 (4)11:50発
(5)12:00発

  • ※ 満員になる場合もございます。各便15分前より、集合場所で整理券を配布いたします。
  • ※ やむなく満員になった場合は、公共交通機関をご利用いただきます。あらかじめご了承ください。

復路バス(大学前→JR京都駅八条口)

集合場所 :大階段上(受付横)
出発時間

(1)16:30発 (2)16:40発

  • ※ 満員になる場合もございます。各便15分前より、集合場所で整理券を配布いたします。
  • ※ やむなく満員になった場合は、公共交通機関をご利用いただきます。あらかじめご了承ください。

ガイドブック

パンフレット資料請求いただいている皆さまに郵送しているガイドブックです。まだ、資料請求がお済みでない方はこちらよりお申込ください。http://www.kyoto-art.ac.jp/other/contact/

高校生の皆さまへ

保護者の皆さまへ

OPENCAMPUS 2015 SCHEDULE

京造を体験
4/26(日)
2016年度の最新情報を先行公開!
春のオープンキャンパス
レポート
京造を知る
6/14(日)7/12(日)
授業を選んで芸大生を一日体験できる!
一日体験入学 A日程 6/14(日)
一日体験入学 B日程 7/12(日)
プログラム(7/12)
レポート(6/14)
夏コミ対策も!
7/25(土)7/26(日)
夏コミ対策講座や、1、2年生向け企画も!
入試対策オープンキャンパス
プログラム(7/25、7/26)
レポート(7/25、7/26)
9/19(土)9/20(日)
9/19(土)9/20(日)
「学園祭」「京造ねぶた」も同時開催!
秋のオープンキャンパス
プログラム(9/19、9/20)
レポート(9/19、9/20)

オープンキャンパスのご予約・お問い合わせ(京都造形芸術大学 入学課)

  • 0120-591-200 <月~土> 9:00~17:30