歴史遺産学科

イベント

  • LINEで送る

2017年12月15日  イベント

第4回!歴史研究クラブ-京都仏像探訪-

こんにちは。歴史遺産学科の副手Kです。

今回は123()に開催された歴史研究クラブ第4回目の様子をお届けいたします!

 

 

今年度最終回となる今回は、京都仏像探訪と題して、フィールドワークで

永観堂禅林寺の「みかえり阿弥陀仏」を見学し、みかえり阿弥陀仏の秘密に迫りました!

 

 

 

集合し、まずは坪井先生より永観堂の歴史や境内についてレクチャーを受けます。

フィールドワークにおいて事前の予習は大切です!

 

基礎知識を学んだあとに、いざ永観堂へ!

 

 

1

 

秋はもみじの永観堂と呼ばれる有名な紅葉も赤く色づいており、とても綺麗でした。

 

まずは釈迦堂、御影堂です。

同時に寺宝展も開催されており見学しました。

 

2

 

堂内の装飾や障壁画などそれぞれの作品の歴史的背景、修復の技術について先生方より解説があり、

高校生たちが一生懸命耳を傾けている姿が印象的でした。

 

 

そしてみかえり阿弥陀仏が安置されている阿弥陀堂へ!

 

3

 

阿弥陀堂では、みかえり阿弥陀仏の特徴や説話についての解説とともに、

阿弥陀堂内の建築彩色の特徴や保存方法についての解説もあり、じっくり見学しました。

 

阿弥陀堂の内部には赤青緑黄白などの顔料で、波の文様や幾何学模様等の他、飛天や龍の絵などが描かれていました。

顔料は膠で木材に接着されていますが、外気にさらされることで、温湿度の変化や排気ガスなどの影響を受けやすく、

絵具の剥落や木材の劣化などが起こりやすいのです。

実際の修復箇所を見ながら、修復の技術についても学びました。

 

 

 

様々な角度から自分の目で見て、技術のすごさやその当時の考え方などを感じとることが

できるのもフィールドワークの醍醐味ですね!

 

 

4

 

そして京都の町並みが一望できる多宝塔へ!

 

5

 

ここでは町並みを見ながら、現在と昔の違いについて学んだり、景観を守ることについて学びました。

私たちが普段、当たり前に見ている町並みや山々も、先人がのこしてきたものだという意識を持つことで、

見方や考え方が変わってきます。

 

 

 

 

 

6

 

帰り道には先生方と楽しそうにお話している様子も。

天候にも恵まれ、とても充実した歴史研究クラブとなりました!

 

基礎知識を蓄えた状態で実物を見ることで、いつもと違った視点で見れたり、考えたり

することが出来たのではないでしょうか。

 

 

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ご案内

「はじめての芸大1日体験」

 

これから自分の将来について考えはじめる人にぴったりの企画です。

特別講義やキャンパスツアー、学食体験で大学のことをより深く知ることができるだけでなく、

絵画・デザイン・造形・イラスト・こども芸術・歴史文化の全6コースから授業を選んで体験できます。

一足早く芸大生になったつもりで授業を体感しませんか?

友達や学校の先生に話を聞くよりも、もっと芸術大学のことがよくわかるようになります!

 

歴史遺産学科では「日本の伝統技術を体験!ミニチュア屏風でフォトフレームを作ろう」

と題して、伝統的な屏風の構造を学び、技術を楽しく体験できるワークショップを企画しています!

まだ定員に若干余裕がありますので、ぜひご参加ください!!

 

 

日程:20171217()

時間:10:0015:309:30受付開始)

会場:京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス

 

お申し込みはこちらから!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • LINEで送る

2017年11月29日  イベント

第3回!歴史研究クラブ-装飾料紙を作ろう!-

こんにちは。歴史遺産学科の副手Kです。

今回は1119()に開催された歴史研究クラブの様子をお届けいたします!

 

 

歴史研究クラブ2017年度 第3回目となる今回は、奈良時代からの技術を体験 装飾料紙を作ろう!と題して、

染め、金や銀の細かい箔を散らすなどの様々な技法によってつくられる装飾料紙を作る体験です!

 

装飾料紙とは手紙や書物に施される装飾のことをいい、今も当時の美しさを遺しているものがたくさんあります。

 

 

 

まずは大林先生より装飾料紙についての講義を受けました。

 

1

 

講義で基礎知識を学んだ後に、装飾料紙作り体験です!

今回、平安時代に行なわれていた「漉きかけ」という、紙漉きの時に染めた繊維で料紙を作成しました。

 

 

 

まずは自分が描きたい模様のデザイン案をスケッチします。

 

2

 

デザイン案が完成したら、紙漉きです!

 

3

 

紙の繊維を細かくし、攪拌します。

ムラのない紙をつくるためのネリを加えて、原料の完成です!

 

4

 

皆さん、初めての紙漉きで手の動かし方に苦戦されていましたが、回数を重ねるうちにコツを掴んだようで、

最後の方は手慣れた様子でした!

 

そして漉いた紙に染めた繊維をのせていきます。

 

5

 

6

 

色を重ねたり、ぼかしたり、丁寧に模様を描いたりと様々です。

色使いにもそれぞれの個性が現れていますね。

 

7

 

染めた繊維を溶く水やネリの量で紙にのせた時の風合いが変わるのもおもしろい点です。

皆さん、濃いものから薄いものを工夫しながら使い分けていました。

 

 

乾燥すると色や模様の雰囲気も変化するので、完成が楽しみですね!!

 

8

 

短い時間でしたが、皆さん一生懸命取り組んでくださり、とても充実した歴史研究クラブとなりました。

楽しんで取り組んでいただけてとても嬉しく思います。

 

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました!!

 

 

 

 

そして今年度最後となる、次回の歴史研究クラブは123()に開催されます!

 

次回は京都仏像探訪と題して、永観堂の「みかえり阿弥陀仏」を見学します。

実際に現地に赴き、みかえり阿弥陀仏の秘密にせまりましょう。

 

気になる方は、是非ご参加ください!みなさまのご応募お待ちいたしております!

 

 

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【第4回 歴史研究クラブ】

京都仏像探訪-永観堂-

 

日時:123() 13:0016:00 

集合場所:京都造形芸術大学 人間館(NA)4階 歴史遺産学科自習室

集合時間:12:45 ※当日はスタッフが待機していますので、全員で実施場所へ移動します。

解散場所:見学場所へ移動後、現地での解散となります。

対象:高校生・受験生

参加費:無料

持参物:筆記具・ノート ※12/3はフィールドワークのため、歩きやすい服装・靴でお越しください。

 

お申込はこちらから!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

  • LINEで送る

2017年10月24日  イベント

第2回!歴史研究クラブ ~ヤコウガイでアクセサリーを作ろう!~

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

 

秋も深まり、朝晩に関わらず肌寒くなってきました。

紅葉が待ち遠しい季節ですね。

 

 

 

さて、今回は1015()に開催された歴史研究クラブの様子をお届けいたします!

 

 

2回目となる今回は、ヤコウガイでアクセサリーを作ろう!古代の技術に挑むと題して、

ヤコウガイという螺鈿(らでん)や装飾品の素材として古来から用いられていた貝を使用した

アクセサリー作りを行ないました!

(1回目歴史研究クラブの開催レポートはこちらです)

 

 

まず始めに、岡田先生よりヤコウガイや螺鈿についてお話を聞きました。

 

1

 

 

2

 

螺鈿とは、真珠層の部分を切り出した板状の素材を、漆地や木地の彫刻された表面にはめ込む技法です。

隙間なく切り出すのは難しく、とても緻密で繊細な技術です!

 

 

3

 

本日使用するヤコウガイ(中央)です。

 

 

4

 

皆さん観察したり触ってみたり、興味津々です!

まず、どのようなものを作るのか想像を膨らませながら図案を描きます。

 

 

5

 

そして作りたい形に切り出したヤコウガイをやすりでさらに削り、その後磨いていきます。

はじめは粗いやすりで削り、次第に細かいものへと切り替えて断面や表面を磨きます。

 

 

7

 

真珠層が見えるまで時間をかけて削り、磨いていきます。

なかには敢えて表面の緑を残したり、自分のデザインにあわせて削り具合を変えている方もいました!

 

 

6

 

みな作業に夢中で約2時間、ひたすら磨き続けていきます。

 

そして最後に合評です!

 

9

 

削り方、形や厚みのこだわりなど、ひとりひとり発表を行ないました。

自分とは違った発想の作品の発表に聞き入っていました!

 

さて、この後どのようなアクセサリーになるのでしょうか。楽しみですね。

 

 

 

短い時間でしたが、皆さん一生懸命取り組んでくださり、とても良い作品ができたと思います。

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

そして次回の歴史研究クラブは1119()に開催されます!

 

3回目となる次回は染め、金や銀の細かい箔を散らすなどの様々な技法により

美しく彩られた装飾料紙を作ってみましょう。

古代の技術を実際に手を動かしながら学び、体験していただきます。

 

気になる方は、是非ご参加ください!みなさまのご応募お待ちいたしております!

 

 

 

 

 

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

【第3回 歴史研究クラブ】

奈良時代からの技術を体験 装飾料紙を作ろう!

 

日時:1119() 13:0016:00 

集合場所:京都造形芸術大学 人間館(NA)4階 歴史遺産学科自習室

集合時間:12:45 ※当日はスタッフが待機していますので、全員で実施場所へ移動します。

解散場所:大学にて解散します。

対象:高校生・受験生

参加費:無料

持参物:筆記具・ノート

 

お申し込みはこちらから !

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

 

  • LINEで送る

2017年9月26日  イベント

学生作品展レポート-大瓜生山祭開催!-

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

 

916()18()に秋の一大イベントである大瓜生祭が開催されました!

あわせてオープンキャンパス・3回生による学生作品展も開催され、たくさんの方にご来場いただきました。

 

 

1

 

台風の影響により開催日が縮まってしまいましたが、学生達のエネルギーは大きく、また、たくさんの方がご来場くださり、とても賑やかな学園祭・学生作品展となりました!

 

 

学生作品展は、3回生が前期(4月~8)にそれぞれのゼミに分かれて取り組んだ「歴史遺産学演習Ⅰ」での授業の成果を展示しました。

 

 

2

 

設営から搬入まで初めての体験で苦戦しながらも、3回生一丸となって良い展示となるよう準備を進めました。

 

 

3

 

搬入後には後輩の2回生に向けて、展示発表を行ないました。

 

2回生は来年の学生作品展に向けてイメージするきっかけとなり、また、各ゼミでどのようなことが学べるのか先輩から話を聞ける良い機会となったのではないでしょうか。

 

 

 

 

岡田先生クラスは伎楽面の復元制作(模造)と螺鈿についての展示です。

伎楽面という奈良時代に使用されていたお面を一人ひとつずつ復元制作しました。

まず、その製作工程の紹介です。

もう一つ、漆と貝殻を使用して模様を施す「螺鈿」の技法でお皿を製作しました。自身の名前をデザインしたもの、泳ぐ魚をデザインしたものなど、それぞれ個性的な作品となりました。

 

 

4

 

 

 

 

 

大林先生クラスは屏風の修理についての展示です。

これまでに先輩が取り組んだ源氏物語屏風の本紙の修理を引き継ぎ、今回新たに屏風を仕立て直しました。

 

5

 

 

6

 

屏風の下貼りの構造について分かりやすく解説した展示もあり、皆さん実際に触れながら興味津々に見ていました。

 

 

 

 

 

伊達先生クラスは民具の保存修復についての展示です。

展示資料は本学が奈良県立民俗博物館と協定を結び、実際の収蔵品を借用し、保存修復の授業を行なうものです。

お借りした民具を用いての実習から、その保存と修復方法について学びます。

ものによって修復方法が違うので、それぞれの修復工程をパネルで説明しました。

また、修復後の民具の実物も展示されていました。

 

7

 

展示を見るだけでなく、修復実演見学・体験コーナーも設けていました。

 

8

民具の修復作業実演中の様子

 

 

9

修復体験コーナーの様子

 

 

 

 

 

歴史文化領域はこれまでの調査資料とともに、本年度取り組んでいる立本寺の歴史を紹介した展示です。

通称「寺町調査」といい、江戸時代に京都の寺町に建ち並んでいた寺院を訪れ、所蔵史料を順次調べさせていただき、史料目録を作成することを目的としています。

 

10

 

 

こちらも古文書調書作成の体験コーナーがあり、皆さん楽しんで参加してくださりました。

くずし字を読むのが難しく、皆さん苦戦されていましたが、読めると達成感がありますね!

 

 

11

在学生も挑戦中です、、!

 

 

 

 

12

 

今回、3回生にとって自分の作品や自分達の学んでいることについて振り返り、来場者と直接お話できる機会となり、

とても良い経験となりました。

 

 

 

人に分かりやすく伝えるための見せかたや話し方、展示の工夫など、今回の学生作品展で学んだことや得たものは

たくさんあるかと思います。

 

これからの3回生の活躍が楽しみです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

【ご案内】--------------------------------●

第2回 歴史研究クラブ

ヤコウガイでアクセサリーを作ろう!-古代の技術に挑む-

 

日時:1015() 13:0016:00 

集合場所:京都造形芸術大学 人間館(NA)4階 歴史遺産学科自習室

集合時間:12:45 ※当日はスタッフが待機していますので、全員で実施場所へ移動します。

解散場所:大学にて解散します。

対象:高校生・受験生

参加費:無料

持参物:筆記具・ノート

 

 

お申し込みはこちらから !

●------------------------------------

 

 

 

  • LINEで送る

2017年9月8日  イベント

第1回!歴史研究クラブ-京町家を訪ねる-

 

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

 

9月に入り、暑さも少しずつ和らいできましたね。

朝晩の心地よい風に秋の訪れを感じます。

 

 

さて、今回は93()に開催された歴史好きの高校生や受験生のみなさんを対象とした

歴史研究クラブの様子をお届けいたします!

 

 

今年度第1回目となる今回は、京の暮らしの知恵を探ろう-京町家を訪ねる-と題しまして、

代々呉服卸商が営まれていた長江家住宅を訪ねました。

 

現在、長江家住宅の庭園の発掘調査に携わっておられる仲先生引率の元、出発です!

 

 

まずは歴史遺産学科フィールドワーク恒例!北はどっちでしょうクイズです!

 

DSC_0004

 

緊張をほぐしつつ、京都の土地や通りについて学びながら現地へ向かいます。

 

 

DSC_0025

 

到着です!

長江家住宅は職住一体の典型的なたたずまいを今に伝える数少ないひとつとして、「京都市指定有形文化財」の指定を受けています。

 

DSC_0038

 

 

まずは長江家住宅の歴史や外観のつくりについて学びます。

そして中へ入らせていただき、屋敷の配置を見ながら見学しました。

 

 

DSC_0042

 

こちらは「ミセの間」です。

この部屋にお客さんを招き、やりとりをしていたそうです。

 

 

DSC_0043

 

 

格子窓は中から外が見えるようになっていますが、外から中は見えないようになっています。

ひとつひとつに工夫が凝らされており、先人の知恵や技術力の高さを実感しました。

 

 

DSC_0050

 

通り庭をぬけ台所を見学させていただきました。

 

 

DSC_0055

 

台所よりさらに奥に進むと「座敷」です。

こちらの部屋は主人の居間で、親しい人のみが通される部屋です。

 

 

DSC_0066

 

座敷から見える中庭です。

中庭は、薄暗くなりがちな部屋の中に光や風を通してくれる役割もあります。

 

窓を開けると室内に涼風がめぐり、木漏れ日が取り込まれ、普段なかなか感じることの出来ない空間を体感しました。

 

 

DSC_0069

 

何が見えるか、どんな印象を受けるかそのような点にも注目しながらお庭の鑑賞をしました。

お庭の雰囲気に家主の個性や人柄が出るのも見所のひとつです。

 

DSC_0074

 

そして今の時期、夏の暑さをしのぐために、家の中全体に簾戸が取り付けられていました。

 

京町家では住まいの衣替えとして夏と冬の年2回、「建具替え」を行ないます。

夏は風通しをよくするために簾戸に、冬は暖かさを保つために襖や障子に替えます。

 

家のしつらいが変わり、日ごとに季節の移ろいを感じることができるのも、京町家ならではですね。

 

 

 

暮らしをより良くするための工夫が家のいたるところにされており、

参加してくださったみなさんも興味津々に見学したり、質問したりととても充実した歴史研究クラブとなりました!

 

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!

 

 

 

そして次回の歴史研究クラブは1015()に開催されます!

 

2回目となる次回はヤコウガイを使ったアクセサリー作りです。

古代の技術を実際に手を動かしながら学び、体験していただきます。

 

気になる方は、是非ご参加ください!みなさまのご応募お待ちいたしております!

 

 

------------------------------------

【第2回 歴史研究クラブ】

ヤコウガイでアクセサリーを作ろう!-古代の技術に挑む-

 

日時:1015() 13:0016:00 

集合場所:京都造形芸術大学 人間館(NA)4階 歴史遺産学科自習室

集合時間:12:45 ※当日はスタッフが待機していますので、全員で実施場所へ移動します。

解散場所:大学にて解散します。

対象:高校生・受験生

参加費:無料

持参物:筆記具・ノート

 

お申し込みはこちらから !

------------------------------------

 

 

 

あわせてお知らせです!

 

9月16日(土)・17日(日) 秋のオープンキャンパス

大瓜生山祭・学生作品展も同時開催のイベント盛りだくさんです!

会場内では秋期コミュニケーション入学のエントリーもできます。

 

学生作品展では3回生がそれぞれのゼミに分かれ、成果を展示します。

歴史遺産学科学生作品展の会場は人間館4階 NA401教室です。

ご家族やお友達などお誘い合わせの上、皆さま是非お越しください!

 

 

秋のオープンキャンパスの詳しい情報はこちら

 

 

1 2 3 15

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。