通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2018年2月19日  授業風景

【染織コース】フェルトメイキング

皆さん、こんにちは染織コースの高木です。

もうすぐ雨水、雪も雨に変わる季節というのに寒い日が続きますね。
染織コースには染や織の技法を使わないスクーリングがあります。今回はその一つ、フェルトメイキングのスクーリング紹介です。
ウールのセーターをご自宅で洗濯し、フエルト化して困ったことはないでしょうか?ウールは熱や圧力、薬品によって縮絨し固まりになります。
フェルトメイキングのスクーリングではウール(原毛)という繊維素材が、どうしたら固いフエルトになるかその仕組みお教えしています。
講師は京都の伏見にお住まいのジョリー・ジョンソン先生です。

DSC_0003
フエルトは繊維が絡みやすいようにまず縦方向に並べ、その上に横方向、またその上に横方向と並べていきます。

DSC_0004
隙間なく丁寧に並べます。

DSC_0010
原毛のミックスした色見本です。
DSC_0011
優しい黄緑は黄色と青の原毛をミックスして作ります。

DSC_0019

フエルトは繊維が絡まって出来るために、縫い目の無い袋状の形を作ることができます。今回は小さなポシェットを作り、縮絨の仕組みを学びます。
どのような形にするか、アイデアを練ります。

DSC_0020DSC_0025
その形に合わせ、模様部分に原毛を置いていきます。

DSC_0037
持ち手になる部分はラップで巻き、後で縮絨します。

DSC_0022DSC_0034
模様部分を覆い隠すように原毛を置きます。

DSC_0066
開口部分を丁寧に切っていきます。

DSC_0195
作品の出来上がりです。優しい色合いが素敵ですね!

DSC_0214
力作が並びました。ジョリー先生と一緒に合評会です。

フエルトはウールが縮絨して起こる現象を利用し、形を作る技法です。最近はニードル(針)を使い、小さなオブジェを作る手芸も流行っていますね。
本来、フエルトはモンゴルの遊牧民がゲル(テント)の側や敷物にした固くて丈夫なものでした。
ジョリー先生も、縮絨のあまいもの(フエルト化の未熟なもの)は注意されていました。

染織コース | 学科・コース紹介

染織コースブログ

 

 

  • LINEで送る

2018年2月13日  授業風景

【陶芸コース】卒業制作ー最終スクーリング風景ー

今回の陶芸コースのブログは学年最後のスクーリングでもある「卒業制作スクーリング」をご紹介します。
1年間通して制作されてきた作品の写真撮影と合評のスクーリングです。

1:いよいよ最後のスクーリングのスタートです。
1

2:作品が保管されている添削室へ行き、撮影と合評の会場まで運びます。2

3:撮影の順番が来るまでの間、卒業制作展での展示計画のため、紙で大体の作品サイズがわかる小さな箱を作ってもらいます。
3

4~5:作品を床に置き、どのような形で撮影してもらうのか、合評での作品の並べ方などを検討しています。45

6~7: 卒業制作作品集のための撮影はプロのカメラマンさんにお願いして進めます。バックシートは黒とグレーの2種あり、希望に合わせて選べます。
67

8:いよいよ、合評の始まりです。今年も個性豊かな作品がずらっと並びました。
スクーリング2日目、3日目と二日間かけて行いました8

9:合評は学生さん3人一組に教員一人が進行役として付く感じで進めました。9

10~14:教員は卒業制作を担当した、西村、神内、清水の3人が順番に進行役を務め、非常勤の吉村先生にも合評に加わっていただきました。
1011121314

本年度は計31名の学生さんが卒業制作に着手されました。今年もなかなかの力作揃いです。3/11(日)~3/18(日)までギャルリ・オーブで開かれる卒業制作展をぜひ見に来てください。

 

 

陶芸コース|学科・コース紹介

陶芸コースブログ

 

  • LINEで送る

2018年2月12日  授業風景

【洋画コース】卒業制作最終スクーリング

こんにちは、通信洋画コースです。

毎日とっても寒いですね。。皆さん風邪などひかれていませんか?


さて、まずはお知らせです。
2月18日(日)に、東京外苑キャンパスにて入学説明会・コースミニ講義を開催します!!
今回は「描かれた静物たち」というテーマで、川村悦子先生がミニ講義を行ないます。

 

GetAttachment.aspx

川村先生より~~

古くはポンペイの遺跡からアスパラガスや魚介類の壁画が発見され、当時の生き生きとした食材を知る事ができます。静物画というジャンルの確立を待たずに、すでに花や動物や野菜などの事物の写生が遠い昔から始まっていたのです。絵画の主題にもヒエラルキーがあり、静物画は最下位のジャンルでしたが、19世紀後半セザンヌの登場によって近代史上きわめて重要な意味を持つようになりました。その変遷をレクチャーで紹介するとともに、筆やペインティングナイフを使って、油絵の混色や塗り重ねを体験していただこうと思います。

ぜひ東京会場にも遊びにいらしてください。

                                                      セザンヌ「ペパーミント瓶のある静物」

スライド08

 

先日の京都会場の様子をチラリ。               

                   
IMG_3792

                IMG_3176

事前申し込みは不要です。詳細はこちらをご確認ください。↓↓

(今後の開催予定などもこちらのHPで確認できます)
皆さんにお会いできることを楽しみにお待ちしております!

 

さてさて、本題の卒業制作最終スクーリングのご報告です。
スクーリング初日から、京都は寒波襲来でした。
朝の路上はまだ雪が固まり凍った状態でしたが、皆さん元気に集合されました。

 

無事に卒業制作を仕上げ、最終日には図録用の作品撮影まで終えました。
あとは、3月の卒業制作展を待つだけといったところです!展示もがんばりましょうね。
                                                       
最終スクーリングとあり皆さん必死のこの雄姿をご覧ください!

P1160486 P1160495

描く側も指導する側も最終戦に挑みます。

 

P1160491

P1160496
最終戦とはまぎれもなく自らのとの闘いです。初日に今までの画面が消え、そこからの数日間で新しい画面が生まれている方も何人かおられました。

P1160498
単なる体裁を整える数日間ではないことが判ると思います。

                                                       
P1160488

P1160487
右下に写っているのは手作りの仮額ですね!今年はO先生のご指導でカラフルな額が増えたようです。

 

                                                       
P1160485
制作風景はどこも同じ、4~5教室に分かれた皆さん、黙々と作業をしていきます。
この緊張感は卒制ならではですが、
この一年を超えることで皆さん自信がつき巣立っていくのです。
最後の最後で時間との闘いをする方、自作品との会話をしながら進みます。

P1160501 P1160499

P1160490

最後だからできること、最後だから手を入れられないこともあります。

P1160502 P1160503
これもいいんじゃないの…、えっ!これでフィニッシュですか?
                                                       
P1160507
我が道をいく!

                                                       

P1160508
どっちがいいでしょうね。さあどっちかなぁ~

                                                       

P1160509
3日目は審査、ここはああして、そこはこうして…撮影作品の指導にも熱が入ります。
                                                      

P1160510 P1160511
とにかく自分の思ったことをとことんやりきるのが卒制、それでこそ力がつきます。

P1160512
どの部屋へいっても100号が満杯。53名106枚の絵がぎっしりでした。
                                                       
P1160514
 3日目の午後からは額装実演をして皆さん最終段階に突入です。

私達も疲れており、あれおかしいな「先生、逆と違いますか?」
などSAに指摘されながらのデモでした。

P1160515

 
まあ、でもなんとか4日目には撮影を終え、2点の額装と梱包を終えた
2017年度の卒制最終スクーリングでした。
みなさん本当にお疲れさまでした。

 

 

 

洋画コース | 学科・コース紹介

洋画コースブログ

  • LINEで送る

2018年2月7日  授業風景

【日本画コース】はじめての模写制作に挑戦!

こんにちは、通信日本画コースです。

 

先日、東京外苑キャンパスでは彩色模写のスクーリングがありました。

*東京では2/18(日)に入学説明会・コースミニ講義を行ないます!このブログの最後の【お知らせ】をご覧ください。

 

この科目では、代表的な作品の中から絵巻物の一場面を選んで模写します。 描かれた当時の絵画表現を追体験していただく授業です。

 

じーっくりとお手本を鑑賞しながら描法を学ぶのもそうですが、 薄い本紙を裏打ちして強度を高めたり、古色をつけたり、天然の顔料を焼いて色合いに渋みを持たせたり、今までの課題にはなかった作業に新鮮さもあったのではないでしょうか? 四苦八苦されながらも、集中して楽しみながら作業をされていました。 今回の学びを今後のご自身の表現にも活かしていただきたいと思います。

                                                       DSC02044

劉先生実演中

この新聞紙でできた巻き棒も、自作しました!

 

                                                       DSC02046

皆さん受験生のように机にかじりついています!集中しています!

お手本は「平時物語絵巻」と「百鬼夜行絵巻」から選んだ一場面です。

 

 

 

DSC02056

藤井先生、木下先生 表具の説明と共に様々な資料を見せてくれました。

 

 

DSC02087

絵具屋「喜屋」さんをお招きし、絵具の講義をしていただいています。

 

 

DSC02105

裏打ちの模様 紙を貼り合わせて強度を高めます

 

 

 DSC02118

板に張り込んだら中に空気を吹き込みます フー!劉先生、素敵ですッ                                                      

 

 

DSC02137

古びたかのような染料による古色もいい感じです

 

 

DSC02145

天然の顔料を焼いて落ち着きのある色合いに

 

 

DSC02147

細かい部分もじっーーーーくり観察です

                                                       

P1040782

最後は合評です。皆さん、お疲れさまでした!

 

 

【お知らせ】
2月18日(日)に、東京外苑キャンパスで入学説明会(コースミニ講義)を開催します!!
今回は「日本画は難しい? いえ… まずは写生からはじめてみませんか。」というテーマで、日本画コースの佐々木るり子先生が日本画についてのミニ講義をおこないます。写生からはじまる日本画の制作過程と材料、多様な表現方法についてお話しします。
ミニ講義終了後は、先生へのご質問やご相談もOKです!

 

事前申し込みは不要です。

詳細はこちらをご確認ください。

(今後の開催予定などもこちらのHPで確認できます)

 

皆さんにお会いできることを楽しみにお待ちしております!

                                               
日本画コース | 学科・コース紹介
日本画コースブログ

  • LINEで送る

2018年2月5日  授業風景

【ランドスケープデザインコース】卒業制作最終発表レポート  

こんにちは、ランドスケープデザインコースの井上です。

今年度も、卒業制作の発表シーズンがやってきました。
1年を通して、調査や研究、設計を続けてきたものが成果物として発表されます。
1月に東京キャンパス、京都キャンパスそれぞれで最終発表が行われ、3月には卒業制作展も京都キャンパスで行われます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
それでは、1月に行われた東京キャンパスでの最終発表の様子を少し。


ランドスケープデザインコースでは、卒業制作の課題を学生自身で見つけ提案し、模型やパネルにまとめ、一人7分間の持ち時間で口頭発表を行います。
発表前日のスクーリングでは、リハーサルや成果物の手直しを夜遅くまでして挑んでいる姿も見られました。

地域の公園の設計や、新しく環境を見直す提案など、学生それぞれの視点で1年間検討してきた内容を、説明していきます。
卒業制作になると、模型もパネルも密度の濃い内容が見られますね。

教員やたくさんの聴衆の前での発表に緊張気味ですが、提案の内容や制作意図、調査の経過などを自身の成果を見せていきます。

発表後には、教員からの質疑で、より細かな卒業制作での見地を答えていきます。
発表を終えた学生のみなさんは、疲れた表情を見せていましたが、良い達成感を感じられたのではないでしょうか。
 
3月には、これらの成果物を見ることができる「卒業制作展」が、京都キャンパスで行われます。
作品を直接見られる機会ですので、興味のある方はぜひお越しください!
 
 
「2017年度 京都造形芸術大学(通信教育)卒業・修了制作展」
会期:2018年3月11日(日)〜 3月18日(日)
会場:京都造形芸術大学 瓜生山(京都)キャンパス
 

井上智治

 

 

ランドスケープデザインコース | 学科・コース紹介

入学説明会情報はこちらから

1 2 3 37

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。