美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年5月17日  授業風景

【基礎美術コース1・2年生】

京都造形芸術大学の美術工芸学科は基本的に前期を3ブロック、後期を3ブロックに分けて授業を行っています。
今日の517日は前期の最初のブロックの最終日でした〜。

 

1年生は珠寳先生の立花の授業。立花の基本だけでなく、礼儀や立ち居振る舞いや所作も学びました。滋賀県の蓬莱の竹林まで材料を自分たちで取りに行き、その竹を使用して花入を手作りしました。杜若を観察するために水生植物を専門に扱う杜若園芸さんを訪れたりもしました。最後の課題は自分が作った花入に花を生けて、プレゼンテーションをします。

最終的に出来上がった作品は一年生と思えないくらいクオリティの高いものでした。この一年生が、今後どのように育っていくのか本当に楽しみです。

 

2年生は佐藤峰雄先生の漢詩の授業。最初から漢詩をスラスラと読める学生はもちろんいません。美術大学の学生向きに、まずは造形的な要素の強い自分の印を作る篆刻の授業から入りました。そうやって徐々に漢詩の世界に入っていきながら、最終的にはすべての学生が自分で漢詩を詠むことができました。みんなで詠んだ漢詩は漢詩集としてまとめましたが、今年は詠んだ漢詩にまつわる絵も一緒に描きました。「さすが美大生」と佐藤先生も喜んでいました。

 

次のブロックは1年生は美術工芸学科の他のコースの授業を取れるファンデーションの授業。2年生は漆芸の授業が始まります。

今後の基礎美術の授業も楽しみです。

IMG_3447 IMG_3438 c1220ea452baf152c203928d5456563fa_43730668_190517_0043 c1220ea452baf152c203928d5456563fa_43730668_190517_0059 c1220ea452baf152c203928d5456563fa_43730668_190517_0028 c1220ea452baf152c203928d5456563fa_43730668_190517_0009 c1220ea452baf152c203928d5456563fa_43730668_190517_0007 c1220ea452baf152c203928d5456563fa_43730668_190517_0006 c1220ea452baf152c203928d5456563fa_43730668_190517_0001IMG_3455 2 IMG_3468 IMG_3471 IMG_3459 IMG_3457

  • LINEで送る

2019年5月17日  授業風景

【美術工芸学科全コース】3年生合同キャリア授業

今日の午前中12限は美術工芸学科の3年生の6コース中5コースによるキャリアの合同授業でした。(美工の進路の優等生の染織コースは今日は別課題に取り組んでいます。)

 

3年生の初回の合同キャリアの授業ということで、美術工芸学科の学生が進み得る多様なキャリアの方向性について研究しました。

 

まずは本学の大学院の美術工芸領域の大庭大介先生がアーティストになることも見据えた大学院への進学について説明してくださいました。

「日本の美大の大学院に進んでもアーティストになる方法は教えてくれない」などとメディアやネットで囁かれている中、本学の大学院ではアーティストになるためのプログラムを充実させて、実際にその成果として卒業生でアーティストとして活躍している人が出てきている話をしてくださいました。大庭先生自身が本学の学部の油画コースを卒業してその後東京芸大の大学院を卒業して、アーティストとして活躍しているので説得力は抜群でした。

 

そのあと、やはり同じく本学の大学院のグローバルゼミ(片岡真美先生が2年前に立ち上げた、世界のアートシーンで活躍する人材を育てることに特化した領域)からサブディレクターの中山和也先生による説明がありました。グローバルゼミには本学の卒業生のみならず海外からも問い合わせが多く、授業もずべて英語で行われるなど、日本の美術系大学院の教育内容としてはかなり新しい取り組みだということが学生にも伝わったと思います。

 

そしてキャリアセンターからは就職を見越した3年次のインターンシップの説明がありました。

ここ数年でインターンを行う企業がさらに増えたこと。またインターンを行うことで選択肢が広がったり、就活に際して過度に慎重になりすぎないで済むなど、良いことづくめだという話がありました。先輩が残した「インターンに行っていれば後3か月は就職が早まった(はずだ)」という言葉は実感がこもってましたね。。。

 

最後にフリーランスでクリエーターとして活動した経験がある教員によるミニ座談会を開催。お金の話を含めて卒業後にどのように活動してきたかのリアルな話が飛び出してなかなか刺激的でした。

 

美術工芸学科では今までは各コースで別々に行ってきたキャリアの授業を昨年度から合同で行う試みを始めました。

多様な分野の6コースに広がる美術工芸学科なので合同でキャリア授業を行うとコース間の交流にもなって良い感じだと思います。

京都造形では学生の卒業後の進路に関して各教員が真剣に考えていますが、今後さらに美術工芸学科全体で協力して学生のキャリア支援を充実させていきたいと思います。

 

来週5月24日金曜日の3年生の午前中のキャリアの授業は「実践ポートフォリオ講座」と称して河野愛先生による実際の就活に対応できるポートフォリオの作り方の授業を行います。これは必見です!

IMG_3425 IMG_3428 IMG_3427 IMG_3431 IMG_3432 IMG_3433

  • LINEで送る

2019年4月25日  授業風景

【基礎美術】1年生学外実習 竹取の蓬莱

昨日は基礎美術コース1年生の立花の授業恒例、滋賀県の蓬莱へ竹を切りに行ってきました。

 

開学から2年は晴天だったのですが、残念ながら昨日の近畿地方は雨。一時は実施が危ぶまれましたが、大学を出かける頃には小雨になり蓬莱では奇跡的に雨が止んで作業ができました。
その後作業中に少雨は降ってきましたがどうにかみんな竹を切る作業を終えることができました。

 

例年よりは少し大変でしたがみんな怪我なく無事に学外演習を終えることができました!!

 

ここから自分が切った竹を使って花入を作っていきます。
どんな個性的な花入ができるのか本当に楽しみです。

 

こんな楽しい学外演習もたっぷりある京都造形芸術大学の基礎美術コースもブースを出す春のオープンキャンパスは今週末開催です。4月27日(土)・28日(日)に行いますので興味のある方はぜひ来てみてください!
学生から直接話を聞くこともできますよ〜
詳細はこちら→ 
https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc04-27_04-28/

c1220ea452baf152c203928d5456563fa_42874127_190425_0019c1220ea452baf152c203928d5456563fa_42874127_190425_0004c1220ea452baf152c203928d5456563fa_42874127_190425_0024c1220ea452baf152c203928d5456563fa_42874127_190425_0008 c1220ea452baf152c203928d5456563fa_42874127_190425_0007c1220ea452baf152c203928d5456563fa_42874127_190425_0032 c1220ea452baf152c203928d5456563fa_42874127_190425_0036

 

  • LINEで送る

2019年4月22日  授業風景

【基礎美術】立花・書・漢詩・茶道の授業の様子

さて、先週の基礎美術は〜。
1年から3年までがまたもや特色のある授業を展開しましたが、今日はその中からほんの少しだけピックアップします。

 

1年生は珠寳先生の「立花」の授業が本格的になってきました。自分で竹の花入を作るためにまずは図書館で過去の花入の形などを調べ、スケッチを行なって形を決めていきました。
また、金曜日の1,2限目は高井秀山先生の書の授業が始まりました〜。今年の前期は4人の交換留学生も交えての大所帯。熱気があります。

 

2年生は佐藤峰雄先生の漢詩の授業が順調に進んでいます。
自分たちの印が彫れたのでそれをまとめて本にしていきます。装丁も自分たちで行うのが基礎美らしさですね。

 

3年生は今年度始めてのお茶の授業です。
奈良宗久先生をお迎えして授業が行われました。流石に3年目ともなると様になっている、と思っていたら足が痺れてしまった学生もいたりして、さらに修行が必要みたいですね。足が痺れたときは急に立つと逆に怪我の元。基礎美の授業では正座をする機会も多いので足の痺れには皆さん気をつけて〜。

 

今週末にはそんな基礎美術コースもブースを出店する京都造形芸術大学のオープンキャンパスが行われます。
このページを見て気になった人は、基礎美の教員や学生から直接話を聞けるチャンスです。ぜひ京都造形まで足をお運びください。
https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc04-27_04-28/

IMG_3130 IMG_3132IMG_3133IMG_3135 IMG_3136IMG_3142 IMG_3146 IMG_3145

  • LINEで送る

2019年4月17日  授業風景

【基礎美術コース】 先週の金曜日の授業風景

先週の金曜日の京都造形基礎美術の授業内容の報告です。

 

3年生は多様なキャリアを知るために「うね乃 株式会社」さまより特別ゲストの釆野佳子さんを先生としてお呼びしてお出汁の授業を行いました。
ミヤケマイ先生のコーディネートです。授業前の準備の様子ですが、写真で見てもすでに美味しそう!

 

2年生は引き続き漢詩の佐藤峰雄先生の授業の中で篆刻を行っています。

昨年と比べても学生の手が早いらしくかなりスムーズに進んでいるとのこと。

出来上がりが楽しみです。

 

1年生は珠寳先生の立花の授業ですが、花を生けるときに使用するコミ藁と藁の手箒を作りました。

根気がいる作業が続きますが、基礎美術に入学した学生は集中して黙々と作業していました。

この地道な作業があってこそ最後の花が生けれます。

 

というわけで3つの学年全てが特徴的な授業を行っています。
今週はどんな授業が行われるのか、皆様ご報告を楽しみにしててください。

4月27日(土)28日(日)には京都造形芸術大学のオープンキャンパスがあります!!
ぜひ基礎美のブースにも遊びに来てください。

IMG_3059 IMG_3060 IMG_3061 IMG_3062 IMG_3063 IMG_3064 IMG_3065 IMG_3066 IMG_3067 IMG_3068 IMG_3069 IMG_3070 IMG_3071 IMG_3072 IMG_3073 IMG_3074

 

1 2 3 41

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。