美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年7月31日  授業風景

【基礎美術2年生】楽茶碗を作るのは楽じゃなかったー!!

2018-07-11 13.38.33

 

 

 

 

 

 

 

基礎美術コースの2年生の6月、7月の課題は陶芸です。

先生は小川裕嗣先生と清水志郎先生。今年は主に小川先生に指導していただきました。
1年生の時に引き続き楽茶碗を作ります。今年は黒楽に挑戦!!

 

陶芸とは言っても基礎美術コースの陶芸はちょっとわけが違います。
なんとお茶碗を作る土を自分たちで取りに行くところから始めました。
持ち帰った土を水の中で撹拌し、重たいものが下に沈む原理を利用した水簸という技法で砂利などのいらないものと粘土に分けて、土を取り出し、乾燥させてようやく作陶スタート!

 

楽茶碗は手びねり。昨年の経験や反省を踏まえて今回の茶碗作りに挑みました。高台を含めた全体の削りは特に気を使うところ。それぞれの学生の個性もここで現れてきます。

また今年は自分のお茶碗だけでなく、最後の窯焚きの際に使う内釜も学生が作りました。サイズが大きいのでこちらも一仕事。。。

今回は釉薬にも一工夫をしました。なんと自分で取ってきた石を粉砕機とミルを使って粉々にし、少しだけ釉薬に混ぜて自分の色を作っていきました。
小川先生曰く「正直プロでもこんなことする人滅多にいない」。。。。
この方法は小川先生の深い考えがあってのこと。基礎美術の学びは一年中陶芸をやるようなやり方ではないため、遥か昔に人間が陶器を作り始めた頃の基礎中の基礎を学ぶことで物を作る本質に学生が触れてほしいとの考えから、こうした一見回りくどく、手間がかかる方法をとっているとのこと。指導一つにもその教員の哲学が現れます。

 

最後は窯で釉がけしたお茶碗を焼いていきますが、この時も電気釜などは使いません!窯を作る作業も自分たちで行い、炭を使って一碗、一碗丁寧に焼いていきます。今年の京都は猛暑でこの日も40度近く外気温がある上に窯の近くはさらに高温!学生たちは熱中症に気をつけながら、体力の限界まで使ってそれぞれのお茶碗を焼いていきました。

 

最終日は合評。
お茶碗は見た目だけでなくて、実際に飲んで見てその真価がわかる。という先生方のお計らいで、合評前に美味しいお菓子とお抹茶をいただきました。

日数以上に濃密な時間だった陶芸の授業。楽茶碗を作るのは楽じゃなかったー!!

この授業を終えるとようやく基礎美術の2年生にも夏休みが訪れます。
みなさんお疲れさまでした〜。

2018-07-11 13.39.51 2018-07-11 13.40.16 2018-07-11 15.39.47 2018-07-11 15.44.32 2018-07-12 14.02.59 2018-07-12 14.03.26-2 2018-07-12 14.03.48 2018-07-12 14.04.31-1 IMG_0178 IMG_0196 IMG_0194 IMG_0198 IMG_0201 IMG_0213 IMG_0220

  • LINEで送る

2018年7月27日  授業風景

【日本画】前期最後の合同合評!

こんにちは。日本画コースです。

本日が前期最後の授業ということで、1年生から3年生までの合同合評を行いました。

 

唯一撮れていた2年生作品の合評の様子です

唯一撮れていた2年生作品の合評の様子です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合評の様子を写真でご紹介!といきたいところなのですが、

前期最後の課題ということで教員一同講評に熱がこもり写真を撮り忘れてしまいましたので、

各学年の前期最後の課題と今回合評に出された作品を数点紹介したいと思います。

 

◎1年生の課題は紫陽花の写生からの日本画での制作でした。

1年生にとっては初めてとなる岩絵具を使った本格的な日本画制作で、

素材の扱いに苦戦しながらも充実した作品が完成しました。

 

IMG_9027 IMG_9025IMG_9028

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎2年生の課題は美術工芸学科の教室があるNC棟の風景を板絵に制作しました。

綿布、石膏地、そして今回の板。2年生の前期では様々な支持体に描くことで

表現方法の可能性を探りました。これらの支持体で夏休みの間に大作に挑戦する

という学生も多く、とても楽しみです。

 

IMG_9022 IMG_9023 IMG_9024

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎3年生の課題は「図と地」というテーマが設けられた50号の自由制作でした。

テーマの解釈や各自のモチーフやコンセプトが多様で非常に見応えのある作品が並びました。

合評でも教員からの評価が真っ二つに分かれる作品もあり、今後の目標や課題が見えてきた

学生も多かったのではないでしょうか。

 

IMG_9018

IMG_9019IMG_9020

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前期に制作された作品は9月15日(土)・16日(日)に開催される大瓜生山祭で展示されます。

日本画コースはNC601・602教室が会場です。ぜひご来場ください!

  • LINEで送る

2018年7月13日  授業風景

【日本画】1年生 この季節、和の花と言えば、、、

こんにちは。日本画コースです!

今回は1年生の教室からお届けします!

 

暫く続いた雨をくぐりぬけて、今年は早くも梅雨明けの模様ー

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

現在日本画コース1年生はこの季節を象徴する和花、紫陽花を描いています。

1

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も菅原家で育てられた紫陽花は見事に咲きました!

よい作品ができますように、シュッ!

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花を保つために水やりは欠かせません。

紫陽花の気持ちになってミストを浴びていますー

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

描きだしたら集中!

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは怪しいことをしている、、、わけではありません!

和紙に顔料を染み込ませ、余分な顔料を揉み落としています。捻紙と言います。

6 7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下絵の下に捻紙を挟んでなぞることで、画面に図を写し取ることができます。

古典に学び、末永ーく使えるものを自ら作って使っています。

画面にはミョウバンを使わない天然由来の滲み止めがなされた麻紙を。

ドーサ引きをご存知の方なら、どうゆうこと!?と思われるのではないでしょうか?

伝統と最先端が授業では実践されているんです。

8 9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都近代美術館では大観展が開催中ですが、

この一枚が後に五浦の有名な一枚のようになる!ことを祈っていますー

10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本学に入ってから、本格的に日本画材を使った記念すべき一作目が

どんな作品に仕上がるかーーー完成が楽しみですッ!!

  • LINEで送る

2018年7月10日  授業風景

【基礎美術2年生】漆芸(生地作り)の授業!

諸事情により基礎美術2年生の活動の報告が滞っていましたのでまずは6月の授業から。

 

2年生になりさらに手を使って物を作る授業が増えてきた基礎美術。
6月は新宮州三先生と古川貴志先生の漆芸の授業です。漆芸と言いながらいきなり漆を触るわけではなく、漆を塗るための生地作りから始まります。最終的には漆塗りのお盆が出来上がることを目指します。

 

まずは自分が作りたいお盆の形を考えながら、木材を吟味します。
紙のスケッチができると、それを木材に写して彫る作業開始!美大の2年生とはいえ1年生の時にはなかった授業なので、ノミで木を掘ったり削ったりするのも初めての学生も多い基礎美術の学生達。最初は不慣れながら、だんだんと道具と材料に慣れていきました。

 

ノミを研ぐのも最初は先生方がおこなっていましたが、徐々に自分たちでもできるようになっていきました。

かなり根気のいる地道な作業が連日続きましたが、最終的にはみんなしっかりと生地までは出来上がりました。

 

一旦漆芸の授業はここで終了。少し間をおいて今度は実際の漆の塗りの授業に繋がって行きます。

153109045626115310904844231531090511252153109057268715310906009331531090612064153109062665415310906623661531090676693

  • LINEで送る

2018年7月4日  授業風景

【基礎美術1年生】能楽初体験!もれなく足の痺れ付き!

基礎美術の1年生の次の授業が始まりました。
次の課題は「能楽」です。
大阪の山本能楽堂の山本章弘先生と林本大先生をお迎えして、謡曲と仕舞をお稽古します。
 
すぐにでも声を出し、身体を動かしたい気持ちを押さえて初回は山本先生による能楽の講義です。今年の1年生は留学生も多いので能楽初体験の学生もかなりの数いるので、まずは能がどういったものなのか歴史を踏まえてを勉強します。
沢山の種類の面も間近で見せていただき、興奮気味の学生たち。
山本先生も学生たちが興味を引くように面白く能楽を解説してくださいました。
 
次の日からは場所を学内の千秋堂に移して早速実践開始です。
能を見たことがある学生はいても自分でやるのは全員初体験。声の出し方、構え方、すり足など基本的なことから全て学んでいきます。
春の立花の授業で正座は少ししていたはずが、中には謡の途中で足が痺れる学生も。。。特に留学生は正座をする文化がない国から来た学生がほとんどなのでなんとかイスに座り直して謡の稽古を続行。
お仕舞もまだ扇の使い方もままならず、動きもギクシャクしていますが、みんなの眼差しは真剣そのもの。
5週間で「鶴亀」のお謡とお仕舞を発表できるところまでを目指します!
初体験の日本文化にどんどんと触れる基礎美術。みんな頑張れ〜。
36554095_2022606934416660_7587655706635927552_o36575800_2022607681083252_5897381313094090752_o
36621966_2022608111083209_7276784831290146816_o
36585173_2022608921083128_8172761029810323456_o
36658021_2022614637749223_3188304311452958720_o

36639426_2022614627749224_6923958722532212736_o36543846_2022617527748934_2001869207100194816_o
36538491_2022619101082110_9096945525558607872_o 36661659_2022618644415489_6066495525820039168_o

36551429_2022619977748689_4090378349921173504_o

1 2 3 38

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。