美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年5月16日  授業風景

★新人スタッフから見た美術工芸★−ある日の総合造形コース−

こんにちは。

今週一週間、研修で美術工芸学科のお手伝いをしている新入職員の田口です!

 

前回、前々回と引き続いて、最後は総合造形コースです。

今回は旋盤と鋳造(ちゅうぞう)に分かれて実習しているようです。

 

こちらは鋳造。

DSC_0023 DSC_0080 DSC_0017

一度柔らかい素材で造形物を作り、セメントで型を取っていきます。

最後に鉄を流し込んで完成!なのですが、学生たちが造形にこだわったため、

今日は時間いっぱいになってしまいました。

続いて旋盤。

DSC_0070 DSC_0061 DSC_0077

旋盤は、木材を機器で回転させて、そこに刀をあてがうことで滑らかに削っていきます。

みなさんの家にもあるであろう、お味噌汁を飲む茶碗や漆器などを作る事が出来るようになります。

旋盤は学生が集中して作業に取り組んだため、先生が「僕がいなくても機器が取り扱えそうだ」と

おっしゃっていました。

こうして少しずつ出来る事を増やしていって、自分が作りたい物に応用していきます。

一日学生の制作を見ていると、やり方はばらばらでも、

表現できるということはすごいなと感じます。表現は力です。

芸術を学ぶ、ということはちゃんと力になっていきます。

自分が思ったことがなかなか上手く表現出来なくても、

力、というのはひしひしと伝わってきます。

  • LINEで送る

2013年5月16日  授業風景

★新人スタッフから見た美術工芸★−ある日の染織テキスタイルコース−

こんにちは。

今週一週間、研修で美術工芸学科のお手伝いをしている新入職員の田口です。

前回の投稿に続いて、今回は染織テキスタイルコースです。

_MG_7559 _MG_7580IMG_7576

こちらは織物の実習です。一年生は前期・後期に分かれて織りと染めの両方を習います。

大きな織り機を並べてやってますねー。

進級していくと、一番左の写真のように自分のデザインを織り込む、ということもやっていきます。

_MG_7614 IMG_7606 IMG_7590

こちらは染め。

色をつけないところをロウで塗ったり、デザインをしたり…

一言に「染め」と言ってもみんなやっていることはばらばらです。

それぞれ違う事をしている人たちが、同じ教室、同じ棟で作業する。

静かな教室で学生の制作を眺めていると、

このキャンパスには!今!美しい時間が流れているなー!と感じます。

  • LINEで送る

2013年5月16日  授業風景

★新人スタッフから見た美術工芸★−ある日の油画コース−

こんにちは。

今週一週間、研修で美術工芸学科のお手伝いをしている新入職員の田口です!

 

今日は美術工芸学科で水〜金曜日に行われている、制作実習の授業の雰囲気をお伝えします。

半日かけてずっと学生を追いかけていたので、なんとなく美術工芸の一日が伝わると思います。

 

色んなことをやっている大学ですが、どんな学生も軸足は制作です。

機器の扱いや技法を先生に教えてもらって、

自分のやりたいこと・制作へと結びつけていくという訳です。

 

まずは油画コース。

_MG_7534 _MG_7540 _MG_7502

学生たちは、私たち職員がぱしゃぱしゃ写真を撮っていても、

じいっとカンバスと向かい合っています。

_MG_7522_MG_7542 _MG_7530

様々な画材を使う油画コースは、椅子も床もツナギも画材まみれです。

_MG_7555 _MG_7512 IMG_7483

毎年卒業制作展前は掃除が大変ですが、

こうした絵の具のシミの積み重ねが

少しずつ芸術大学を作っていくというわけです。

 

  • LINEで送る

2013年5月9日  授業風景

【染織テキスタイル】キッテハッテキッテハッテ

染織テキスタイル1年生の造形基礎の授業では、半年を通してたくさんの課題が出されます!

 

ワークショップ、色彩、立体、PC演習、展覧会レポートなどなど…

 

今週はコラージュに取り組みました。

使う材料を持参してきてと言ったところ、洗濯バサミやシールなど面白い材料を持ってきてくれました。

 

IMG_7202

 

このコラージュから色を抽出し、次の色彩の課題に発展させていきます。

IMG_7198

 

今年の1年生は質問も多く飛び交う活発な雰囲気です。

かなりハードな授業ですが、課題をとおして1年生がどう変わっていくか楽しみです。

 

 

非常勤講師 井上

 

  • LINEで送る

2013年5月1日  授業風景

研修旅行@奈良

こんにちは。美術工芸学科です。

 

4月26日~27日、1泊2日で奈良へ研修旅行に行ってきました!

IMG_1292

奈良研修は今年で4回目。授業の一環で新入生が全員参加します。

美術工芸学科では恒例の行事です。

 

入学してまだ1ヶ月たらず…

そろそろコースの仲間と仲良くなってきた頃ですが、旅行中はコースの垣根を越えて、グループごとで自由に行動します。

 

どきどきですね。

でも、楽しそう♪

 

 

●1日目はなかなかの悪天候。寒い寒い。

突然大雨に降られたりして、大変でした。

旅行中の課題はスケッチ2枚とレポート。東大寺と興福寺鑑賞は必須です。

 

IMG_1262

IMG_1261▼ 寒い中、みんな集中して描いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1279IMG_1294

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼奈良と言えば、やっぱり大仏さまと鹿ですか?

 

何故か隙間に挟まる鹿…

 

可愛いので記念に1枚。

「せまい所が落ち着く」ってこと、ありますよね。

 

 

IMG_1287

 

▼こちらは大仏様と日本画の菅原先生。

 先生、真剣です。

 

 

 

 

 

 

 

●東大寺の近くにあるギャラリーで、染織テキスタイルの非常勤講師・梅崎由起子先生が展覧会をされていました。

 

IMG_1298

▼素敵なお庭のあるギャラリーでした。

出品作家さんとのコラボ作品もあって、おもしろかったです。

 

 

<六花展 vol.3>

4/20(土)~4/29(月) 10:00-17:00

 

安宅礦平(金属造形)、増田哲士(陶)、梅崎由起子(藍い染め)

 

五風舎にて

※展覧会は終了しましたが、気になる方はギャラリーHPにどうぞ。

 

 

IMG_1300IMG_1297IMG_1299

 

 

●2日目はいい天気!

ぽかぽかして、外でのスケッチには最適でした。

 

IMG_1329IMG_1330IMG_1328IMG_1320IMG_1332  

 

 

スケッチ作品は、後日大学内NC棟で展示予定★

どんな作品が集まるのか楽しみです。

 

 

 

(油画コース副手 ウラノ)

 

 

1 41 42 43 44

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。