美術工芸学科

2013年4月

  • LINEで送る

2013年4月17日  ニュース

【染テキスタイル】こしょこしょ話の日。なんで?

こんにちは。染織テキスタイル副手のホンダです。

 

先週から3年生丹羽ゼミ☆スタートしました!!!

3年生は8つのプロダクト演習の中から気になるゼミを1つか2つを選び、

作品を作って社会にどんどん発信して行きます。

 

丹羽先生の授業では、ミシンをつかって鞄を制作。

初回ゼミは、

まず、布を切って、貼って、縫って

お洒落なアップリケを作るところからスタートしました!!!

 

IMG_6941

▼みんな、かなり真剣です。

 

「うーん。次どんな布もってこようかな?」

「その色いいんちゃう?」

「かわいいなぁ。」

 

なぜか、今日はみんなの声がとっても小さい

こしょこしょこしょお話しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6949

 

▼「なんで、今日はこしょこしょ話?」

と尋ねると。

「マミタス(真ん中)がこしょこよ話で話すから…」

だと言うこと。

「マミタス、なんでこしょこしょ話なん?」

と尋ねると。

「集中してるから。」

 

 

 

だって。「あら。邪魔してごめんなさい。」

 

 

 

 

IMG_6955

▼きれいなリボン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6920

 

▼切った布をアイロンで貼り合わせていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6930

 

▼いろいろな柄

いろいろな色

とってもワクワク♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6962

▼坂東さんは、別のゼミを取っています。

今日は、京都国立近代美術館へ見学でした。

「どうだった?」

「とっても良かったですよ。」

展覧会の感想はまた、次回に…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言う訳で、今からそれぞれのゼミからの報告レポートがとっても楽しみな、ホンダです。

みなさん。良い作品作って下さいね!!!

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2013年4月12日  授業風景

【日本画コース】1年生の授業風景

こんにちは。

日本画コースも、新入生の初めての授業がはじまりました。

 

——

 

自己紹介も終え、みんな少しずつクラスメイトの顔を覚え始めるころです。

そんな今回のテーマは、「水墨で友人を描く」。

 

1年生担当の、菅原健彦先生ならではの大胆で楽しい制作がはじまりました。

 

IMG_7274

順番にモデルになって…

 

IMG_7252

どんどん描いていきます!

 

IMG_7255

素材は創考紙を使い、墨で一気に描き上げます。

下書きをせずに紙にいきなり線を落とすことは、はじめはなかなか緊張します。

けれど回数を重ねるうちにスピードもあがり、見る目も養えてきます。

 

IMG_7269

描いた作品は壁に貼り出していきます。

同じひとりの友人を描いていても、大勢いるようです。

 

IMG_7263

菅原先生も生徒に混じり、参加されました!

 

 

緊張の雰囲気を漂わせていた新入生ですが、徐々に解れてきました。

みんな次の課題も楽しみにしているようです。

 

 

——–

★美術工芸学科 日本画コース

→美術工芸学科くわしくはこちらも!:http://bixko.net/

 

 

 

  • LINEで送る

2013年4月8日  イベント

【総合造形コース】八木 明陶展(St. Ives リーチ工房に於ける制作)

 

IMG_0001

窯変鎬瓶 撮影:畠山崇

 

 

 

 

 

 

 

 

八木 明陶展

 

 

昨年8月9月とふた月間、英国コーンウオール州セントアイヴスに在るバーナードリーチの工房に招聘されて制作。 

全く違う環境と素材、そして生まれてはじめてのリーチ式蹴轆轤。 

戸惑うことも多くありましたが、ここに英国での成果をお披露目することが出来ました。

 

場所:東京日本橋 タカシマヤ日本橋店6階美術画廊

 

期間:4月10日(水)~16日(火)  10時~20時※最終日は4時まで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2013年4月6日  ニュース

【総合造形】レクチャーのお知らせ

4月10日(水)より、いよいよ2013年度の授業が始まります。

 

新年度を迎えるにあたって、

総合造形コースでは”総合造形 talk#1”と題し、

名和 晃平先生と宮永 愛子先生によるレクチャーを行います。

 

「総合造形」という場のメリットとは?

多種多様な素材とどのように向き合っていくのか??

名和先生と宮永先生は学生の頃どんなことを考えて制作をしていたのか???―等々、

総合造形の新入生から大学院生まで、

みんなで一緒に考える機会にしたいと思います。

 

総合造形コース、総合造形ゼミ、総合造形領域 大学院生、教員の皆さま、

ぜひお集まりください!!

 

※会場はKE23教室、時間は16:30~を予定しています。

 

型取り講評

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(昨年の授業風景より)

 


1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。