美術工芸学科

2013年5月

  • LINEで送る

2013年5月16日  授業風景

★新人スタッフから見た美術工芸★−ある日の総合造形コース−

こんにちは。

今週一週間、研修で美術工芸学科のお手伝いをしている新入職員の田口です!

 

前回、前々回と引き続いて、最後は総合造形コースです。

今回は旋盤と鋳造(ちゅうぞう)に分かれて実習しているようです。

 

こちらは鋳造。

DSC_0023 DSC_0080 DSC_0017

一度柔らかい素材で造形物を作り、セメントで型を取っていきます。

最後に鉄を流し込んで完成!なのですが、学生たちが造形にこだわったため、

今日は時間いっぱいになってしまいました。

続いて旋盤。

DSC_0070 DSC_0061 DSC_0077

旋盤は、木材を機器で回転させて、そこに刀をあてがうことで滑らかに削っていきます。

みなさんの家にもあるであろう、お味噌汁を飲む茶碗や漆器などを作る事が出来るようになります。

旋盤は学生が集中して作業に取り組んだため、先生が「僕がいなくても機器が取り扱えそうだ」と

おっしゃっていました。

こうして少しずつ出来る事を増やしていって、自分が作りたい物に応用していきます。

一日学生の制作を見ていると、やり方はばらばらでも、

表現できるということはすごいなと感じます。表現は力です。

芸術を学ぶ、ということはちゃんと力になっていきます。

自分が思ったことがなかなか上手く表現出来なくても、

力、というのはひしひしと伝わってきます。

  • LINEで送る

2013年5月16日  授業風景

★新人スタッフから見た美術工芸★−ある日の染織テキスタイルコース−

こんにちは。

今週一週間、研修で美術工芸学科のお手伝いをしている新入職員の田口です。

前回の投稿に続いて、今回は染織テキスタイルコースです。

_MG_7559 _MG_7580IMG_7576

こちらは織物の実習です。一年生は前期・後期に分かれて織りと染めの両方を習います。

大きな織り機を並べてやってますねー。

進級していくと、一番左の写真のように自分のデザインを織り込む、ということもやっていきます。

_MG_7614 IMG_7606 IMG_7590

こちらは染め。

色をつけないところをロウで塗ったり、デザインをしたり…

一言に「染め」と言ってもみんなやっていることはばらばらです。

それぞれ違う事をしている人たちが、同じ教室、同じ棟で作業する。

静かな教室で学生の制作を眺めていると、

このキャンパスには!今!美しい時間が流れているなー!と感じます。

  • LINEで送る

2013年5月16日  授業風景

★新人スタッフから見た美術工芸★−ある日の油画コース−

こんにちは。

今週一週間、研修で美術工芸学科のお手伝いをしている新入職員の田口です!

 

今日は美術工芸学科で水〜金曜日に行われている、制作実習の授業の雰囲気をお伝えします。

半日かけてずっと学生を追いかけていたので、なんとなく美術工芸の一日が伝わると思います。

 

色んなことをやっている大学ですが、どんな学生も軸足は制作です。

機器の扱いや技法を先生に教えてもらって、

自分のやりたいこと・制作へと結びつけていくという訳です。

 

まずは油画コース。

_MG_7534 _MG_7540 _MG_7502

学生たちは、私たち職員がぱしゃぱしゃ写真を撮っていても、

じいっとカンバスと向かい合っています。

_MG_7522_MG_7542 _MG_7530

様々な画材を使う油画コースは、椅子も床もツナギも画材まみれです。

_MG_7555 _MG_7512 IMG_7483

毎年卒業制作展前は掃除が大変ですが、

こうした絵の具のシミの積み重ねが

少しずつ芸術大学を作っていくというわけです。

 

  • LINEで送る

2013年5月14日  ニュース

奈良研修スケッチ展♪ お坊さん人気急上昇?!

こんにちは。美術工芸学科です。

 

本日から、奈良研修旅行のスケッチ展が始まりました!

 

場所は、大学内・NC棟(人間館実習棟)の2階から3階の階段壁面。

先月末に1年生みんなで行った研修旅行は、スケッチ2枚とレポートが課題でした。

 

ボールペンや鉛筆で細かいところまで書き込んだ作品や、墨や水彩絵具の柔らかい色調の作品、

ポップで可愛い雰囲気の作品…

nara4 nara9 nara5 nara8 nara3

などなど、たくさんの作品が並んでいます。

 

 

じっくり見てみると、いろんな作品があって楽しいですよ~

 

たとえば、

▼鹿や大仏、お寺の作品も多いですが、今年の特徴はお坊さんを描いている作品が多いこと!笑

nara10 nara2nara1

(そういえば、東大寺でたくさんのお坊さんがいらっしゃいました。みんな、お坊さんの集団に創作意欲を刺激されたのでしょうか…)

 

 

▼そして、謎のゆるキャラ「モチドン」の登場。

注※モチドンは、もちいどのセンター街のキャラクターらしいです。なぜかワニがモチーフ。

 

nara7

 

葉書大のスケッチですが、ずらっと並ぶとなかなかの迫力!

今後、各コースの先生方からの投票も行なわれる予定です!

 

 

大学が開いている時間帯ならいつでも見られます。どうぞご覧下さい

  • LINEで送る

2013年5月14日  ニュース

【染織テキスタイル】塩見友梨奈☆首吊りビリーグランプリー☆

 

今月はじめGW真っ只中の5月5日6日、

東京青山のスパイラルで開かれた

SICF14(Spiral Independent Creators Festival)に出展してきました!

http://www.sicf.jp/

100組の様々なジャンルのクリエイターが集まり、

作品を展示し、交流するアートイベントです。

 

 

ひとりひとり与えられたブースの中で作品を展示します。

 

IMG_14861

 

私はブランコの作品を展示しました。

タイトルは「首吊りビリー」

多重人格を煩った実在する人物、

ビリー・ミリガンをモデルにした作品です。

 

IMG_1448

 

この作品はこども用のブランコで

真っ暗の中、手も足も出せないように

ファスナーで閉じ込められます。

ぐらぐらと不安定な動きをするので

とても怖いのです。

 

勇気のあるたくさんのこどもたちが乗ってくれました!

 

IMG_1399

 

このブランコばらすと中はこんな感じ。

きちんとした骨組みが金属で作られています。

 

IMG_7587

 

そしてなんとこの作品、

今年度のSICF14のグランプリを獲得しました!

ありがとうございます!

 

IMG_15051

http://www.ustream.tv/channel/sicf

 

今年の9月〜10月頃に本展と同じ会場、

青山スパイラルにてグランプリ展が開催されます。

是非みなさまお越し下さいませ!

 

非常勤講師 塩見友梨奈

 

 

 

1 2 3 4 5

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。