こども芸術大学

2013年6月

  • LINEで送る

2013年6月5日  授業風景

創作の時間「記念写真」~1日目~

今年度第1回目の創作の時間は本学美術工芸学科の

奥田輝芳先生が来てくれました。

IMG_5932_1

今回の創作の時間のテーマは「記念写真」。

1日目の今日は大きなダンボールにイメージを描いていきました。

 

 

IMG_5812_1

顔写真を貼り付け、自分の好きな画材を選び、

想い想いの表現をしていきます。

IMG_5926_1

絵の具やクレヨンを使ったり、キラキラの色紙でコラージュしたり

IMG_5845_1

IMG_5848_1

沖縄の海や、雪の仙台、宇宙、深海、恐竜時代、未来、ひらパー

顔写真のまわりがたくさんのイメージで埋め尽くされました。IMG_5949_1

IMG_5913_1

IMG_6003_1

見ているだけでいろいろなストーリーが聞こえてくるような楽しい作品ばかりです。

創作の時間2日目は6つのグループに分かれ、

グループごとに作ったひとつの物語を発表してもらいます。

それぞれの物語がどのように1つにまとまっていくのかとても楽しみですね。

 (村井)

 

 

  • LINEで送る

2013年6月4日  授業風景

瓜生山を満喫したよ

今、瓜生山の新緑がとても綺麗です。

心地よい風が吹き、気持ちよいこの季節は

是非、山で過ごそうと!

朝から山で出席確認と体操をしました。

IMG_5548

この後は、チームに分かれての活動に入ります。

畑チームや探検チームなどに分かれて今日は一日お山で過ごしました。

 

探検チームは年長の女の子をリーダーに出発しました。

「はい、ここはBB弾とエビフライ道でーす」

「ここはツルツル道でーす」

年長さんが道に名前をつけて引っ張っていってくれました。

IMG_5571

いつもと違う道を探検するといろいろな発見がありました。

山ツツジやブツブツの葉っぱ

IMG_5574IMG_5573

道なき道を行った後は、しばし寄り道。

先日やんちゃく連さんと作った鯉のぼりの展示を見に食堂へ立ち寄りました。

IMG_3821

よし、じゃあこども芸大に戻ろう!と歩き始めた時、

年少の女の子が言いました。

「あっ!目玉焼きのお花だ」

IMG_5666

なるほど、言われてみればその通り!

学内にたくさん咲いている野草の花にとても素敵な名前がつきました。

こども芸術大学に帰ったあとは、

ウッドデッキの色水遊びチームと一緒に楽しみました。

IMG_5512

(村井)

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2013年6月3日  ニュース

巨大迷路

今日は対話の時間にダンボールを使い

迷路をつくる活動をしました。

 

 

まずは、グループに分かれ迷路会議。

わくわくするアイデアが次々と飛び出します。

ダンボールに向かうとすぐに手が動き出し、

みるみるうちにかたちになってきます。

 

 

つくるときの真剣な目つきは職人のようです。

そして手を動かしていくうちに更に新しいアイデアが浮かんできているといった表情。

ながーいトンネルや

巨大な恐竜の手が屋根になったおうち。

たくさんの魚が泳ぐ釣り堀まで!釣竿つき!

穴から外をのぞいて友達と内緒の話。

 

こどもたちが見ている目線に合わせてみると、

そこにはわくわくさせられる素敵な世界が広がっていました。

今日はこどももお母さんもとても集中して活動に取り組めた一日でした。

 

ちなみに今日使ったダンボールは先日の創作の時間のダンボールを再利用しました。

(小林)

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。