美術工芸学科

2013年6月

  • LINEで送る

2013年6月20日  授業風景

【総合造形】3年生合評風景

 

総合造形3年生の合評風景です。

今回は名和晃平先生、宮永愛子先生、ヤノベケンジ先生にもご参加いただきました。

 

 

DSC_0005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなやや緊張の面持ち、、、

 

 

DSC_0003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見ると壺の内側に模様が施されています。

 

 

 

 

 

DSC_0028

今回の3年生の課題は工房に分かれ、

専門的な技術を学びました。

 

工房は

・ろくろ

・鍛造

・金工

・木工旋盤

・ガラス

・塗装

など、10種類以上の中から選べます。

 

 

DSC_0007

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0033

 

 

3年生になるとそれぞれの方向性も

見えてきますね。

 

何かを表現するには

技術を身に着けることも重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0062 DSC_0047 DSC_0087

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回からは今回学んだことを生かし、表現の幅を広げたあたらしい作品に挑みます。

みなさん頑張ってください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2013年6月20日  授業風景

【現代美術・写真コース】樹脂成形実習

現代美術で立体作品を造る場合の中心技術になるのが樹脂成形です。本学のULTRAファクトリーを使用して専門の技官から直接指導を受けます。現代美術の世界では、ジェフ・クーンズの作品に代表されるように手わざのあるアートというよりも完璧なプロダクト(製品)としてのクオリティーが要求されます。いずれは3次元プリンタを使いこなせるように2回生では3DCGソフトの実習も始まりますが、一年生はまず基礎基礎基礎!手技で見事なカーブを成形から塗装まで、自らの頭部をフィギュア化するべく奮闘中です。http://www.jeffkoons.com/

IMG_2997IMG_3002

 

  • LINEで送る

2013年6月19日  ニュース

米国スミソニアン博物館群 Arthur M. Sackler Gallery/Freer Gallery of Artの新収蔵品

美術工芸学科 総合造形コースの八木です。

米国スミソニアン博物館群のアジア美術館である Arthur M. Sackler Gallery/Freer Gallery of Artに、黒釉入れ子球蓋物が新収蔵品として加わりました。

更にウエッブページにもアップ。

これで、器物と漆を使った非器物が収蔵・展示される事になりました。

 

http://www.asia.si.edu/collections/new-acquisitions/default.asp

 

New Acquisitions

 

F1930.51   
     

  • LINEで送る

2013年6月18日  ニュース

ペインティングはアートの中心です

大学院で今年から指導してくれているのが卒業生の大庭先生です。大庭先生が企画した展覧会のご案内。今後素晴らしいペインターが造形大から世界に羽ばたいて欲しいですね。

179773_527058770694219_306992433_n

  • LINEで送る

2013年6月14日  授業風景

【油画】作品展示中!NC3F!

こんにちは。油画コースです。

 

突然ですが、現在開催中の展覧会を紹介します!

 

会場は「NC3F」

ギャラリーではなく、大学内の人間館実習棟(“NC棟”と呼ばれています)の3階の廊下で作品を展示しているんです。

 

油画コースの教授、東島毅先生の発案で、昨年から教室前の廊下を展示スペースとして活用することになりました。

NC棟3階の油画準備室の前から廊下の端まで、作品が並びます。

 

 

▼展示されているのはすべて3年生の作品です。

_DSC9186_DSC9187_DSC9179_DSC9181

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼油画準備室のドアを開けると、すぐ隣に作品が。

_DSC9176

 

 

 

6/16(日)のオープンキャンパスに参加する皆さん!

是非、“NC棟”まで足を運んで作品鑑賞してください!

 
キャンバスやイーゼル、パネルなどが並ぶ廊下に作品が飾られています。

作品と一緒に制作現場の雰囲気も感じてもらえると思います。

 

教室の中も案内できるので、 気軽に油画コースへ声をかけて下さいね♪

 

 

 

 

*** 美術工芸学科 油画準備室 ***

 

油画展覧会情報はこちらでチェック!!

学科運営サイト → http://bixko.net/

 

 

1 2 3 4 5 8

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。