美術工芸学科

2013年6月

  • LINEで送る

2013年6月6日  授業風景

【染織テキスタイル】藤原大先生特別講義!

3年生特別授業

 

21-21DESIGN SIGHT で6月21日から「カラーハンティング展」
http://www.2121designsight.jp/program/color_hunting/が開催されますが、そのディレクターを
務めていらっしゃる藤原 大 先生に4回の特別授業をしていただきました。
今年のテーマは『さいふ』。写真は、リサーチ、分析、試作を経て最終日のプレゼンテーションの様子です。

 

専任:野田凉美先生

藤原大

  • LINEで送る

2013年6月6日  授業風景

【染織テキスタイル】織りのカラクリ☆吉本忍先生

3年生特別授業 5月30日

 

国立民族学博物館 民族文化研究部教授 吉本忍先生に来ていただきました。
昨年民博で開催された特別展「世界の織機と織物-織って!みて!織りのカラクリ大発見」ほ大変面白い展覧会でした。
今回は、その関連書籍として先生がまとめられた「世界の織機と織物」に沿って、織物の定義、開口の仕組みのいろいろを
実際に見せてもらったり、身体を使っての織りを体験したりと大変充実した授業でした。

 

専任:野田凉美先生

 

写真3

  • LINEで送る

2013年6月6日  ニュース

【総合造形】明日まで!~フランス研修旅行成果物発表展

983716_297136447087516_467572094_n
3月に2週間行われたフランス研修旅行の成果作品を
現在、大学内 望天館にて展示中です。
総合造形コースからは
2年生の 油野 愛子さん、栗栖 仁美さん、北川 莉衣さん、
3年生の 中村 江里さん
が出品しています。
明日が最終日となります。お見逃しなく!
“フランス研修旅行成果物発表展”
日時:5月24日(金)〜6月7日(金) 16時30分〜18時30分
会場:B37(望天館3階)
  • LINEで送る

2013年6月5日  授業風景

【総合造形】本日のドレスコードは白。

 

先日、総合造形コース2年生の合評が行われました。

 

 

教室外観

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の課題は「素材を選ぶ・塗装を学ぶ」。

台座も含めて構成・制作、最終的に作品はすべて白で塗装されます。

 

 

合評教室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春に出来たばかりの真っ新な教室に、

真っ白な作品が並び、ギャラリーのような空間が出来ました。

 

 

 

DSC_0171DSC_0235  DSC_0175

DSC_0168

 

 

 

 

 

 

作品解説

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1年生の間は短期間で様々な素材を扱いましたが、

今回は初めて2か月という長期に渡る自由制作。

 

合評ではそれぞれの作品に込めた想いが伝わってきました。

 

 

合評全体

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名和 晃平先生、宮永 愛子先生を交えて、和やかな場面も。。。

 

 

 

 

ドレスコード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白い作品に合わせて白い服装で出席とは、

粋な計らいですね♪

 

 

  • LINEで送る

2013年6月5日  授業風景

【日本画】京都巡り

 

こんにちは。日本画コース非常勤講師の佐竹です。

 

5/31日金曜日、一年生の授業は京都文化博物館 学芸員の西山剛先生の引率のもと、

京都巡りに行ってきました。

梅雨入りしたのが嘘のような快晴で、

高野川、出町柳商店街、下鴨神社、京都考古資料館、清明神社、白峰神宮を歩いて巡りました。

 

まずは集合場所の出町柳駅から高野川におりて鴨川や京都の水についてのご説明がありました。

 

 

次に向かったのは出町柳商店街 桝形。

ここは京都アニメーション制作の「たまこマーケット」の舞台モデルにもなった商店街で、

アニメを見ていた学生たちは写真を撮ったりアニメの話で盛り上がっていました。

また、もともと出町柳付近は福井県の小浜から続く鯖街道の終着地点で物流の拠点でもあり、

京都の食文化についても触れられました。

 

 

 

商店街の中には和菓子屋や漬け物屋、スーパーマーケットなどがあり買い物客や観光客でにぎわっています。

続いては世界遺産でもある下鴨神社に移動し、糺の森や神社の歴史、

毎年5月に行われている葵祭などについてのご説明がありました。

各自お参りをしたあとは境内の見学やおみくじを引いたりして楽しみました。

夏の御手洗祭りもおすすめです!

 

 

京都御所付近でお昼休憩のあとは京都考古資料館に移動しました。

資料館は入場無料で現在は伏見人形の展示会を開催していました。

伏見人形は伏見や深草付近で作られている土人形で、

今回の展示では発掘された江戸時代や明治時代の型からつくられた再現品や、

当時作られた人形が展示されていました。

 

絵付けや着彩の過程で膠や胡粉・顔料を使用するということもあり、

学芸員の方の説明を皆熱心に聞いていました。

 

 

続いてはご存知平安時代の陰陽師 安倍清明をお祀りしている清明神社に移動しました。

もともと清明が住んでいた屋敷の跡地に建てられた神社で、

境内のいたるところに清明のシンボルである五芒星の紋が描かれていて独特の雰囲気がありました。

漫画や映画のなかでの陰陽師っぽく、式神召喚ごっこ!

 

最後に向かった先は白峰神宮です。

白峰神宮は崇徳天皇・淳仁天皇をお祀りしている神社なのですが、

社地が蹴鞠の宗家だった公家の飛鳥井家の屋敷跡地で、

摂社の地主社には蹴鞠の守護神である精大明神がお祀りされています。

 

現在ではサッカーをはじめとするスポーツにご利益があるとされ、

スポーツチームや学生が大会優勝を祈願しにやってくるそうです。

 

京都の歴史と現代の生活、サブカルチャーとの関わりも交えたお話で、

とても有意義で面白い時間になったと思います。

冬にも西山先生をお招きして京都巡り第二回が行われます。

季節がかわればまた新しい発見があると思います。第二回をお楽しみに!

 

 

美術工芸学科非常勤講師 佐竹龍蔵

 

〜美術工芸学科HP〜

日本画コースの授業風景などはこちらからも見ていただけます → http://bixko.net/

1 5 6 7 8

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。