美術工芸学科

2013年6月

  • LINEで送る

2013年6月4日  授業風景

【染テキ】 子供たちと一緒にじっくり観察

今週は京都市動物園にスケッチに行ってきました。

植物とは違い動くモチーフなのでボリューム、体の構造、バランスを素早く捉える方法などのポイントを伝えたあと、それぞれスケッチへ。

DSC_3045

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_3054

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_3061

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまり動かない描きやすい動物たちもいれば…

 

DSC_3058 DSC_3059

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常に動き回っている動物も。

 

 

園内には保育園や小学校の団体も多く、

同じようにスケッチしている子供たちがたくさんいました。

 

 

DSC_3075

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_3073 DSC_3076

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな紙いっぱいに元気よく描いていました。

同じ動物を描いているのにほんとうにさまざまです

DSC_3077

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はみんなで今日のベスト1を広げてお互いに見合います。

植物よりも多くの人が生き生きとした線が描けていました。

感想を聞いてみると「動物の方が楽しい!」とのこと。

あまり描く機会がない動物ですが、みんなそれぞれに面白いパーツや姿を

見つけられてたようです。

 

 

非常勤講師 塩見・井上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2013年6月4日  ニュース

【陶芸コース】展示のお知らせ♪

陶芸コース4年生の中林ゆうみさんが

東山二条付近のカフェ メメントモリにてコラボ展を開催されます。

 

会期中はカフェのごはんが中林さんの器で提供されるそうです。

皆様是非お越し下さい!!

 

img01982

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会期:6/19(水)~7/1(月)

場所:mementmori(京都市左京区岡崎西天王寺84-1)

営業時間:11:30~19:00

定休日:火曜日

Tel:075-752-2264

http://mementmori.net

  • LINEで送る

2013年6月4日  ニュース

【現代美術/写真】3回生・階段展

 

 

階段展1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん?

 

階段展2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んん?

 

階段展3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んんん?

 

階段展4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んんんん?

 

 

 

 

 

 

 

階段展5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どーーーーーん。

 

 

と、いうことで。

現代美術/写真コースの3回生による階段展、始まりました!

 

「Kyoto Survey Project」という名の下、去年の4月〜今年の始めにかけて

私達3回生(当時2回生)が、京都のまちを歩きながら撮り続けてきた写真の数々です。

 

 

実はこのプロジェクト。去年の前期終了時点で、いったん一区切りし

美術工芸学科の研究室(現在、同コース・2回生が展示をしています)で、展示を行っていました。

その時とはまた違ったテーマになっていたり、更に深い所まで調査していたり…変化は学生によって様々で、私自身も見ていて面白いなぁと感じています。

 

 

お時間あるとき、階段を上り下りする度、「京都」というまちについて考えたいとき、何かの調査を始めたとき、

「最近忙しくて、恋人とデートできてないな…あっそうだ!階段展行こって誘おう☆」ってきっかけでも、

人間館1F/ギャルリ・オーブ階段で行われている、3回生の階段展を見ていただけたらと思います。

よろしくお願いしますー!

 

 

 

美術工芸学科/現代美術コース 3回生 唐鎌なつみ

 

 

  • LINEで送る

2013年6月3日  授業風景

【日本画】名物授業「京都巡り」

こんにちは!日本画コース非常勤講師の佐竹です。

 

今日の一年生の授業は京都文化博物館 学芸員の西山剛先生の引率のもと、京都巡りに行ってきました。

梅雨入りしたのが嘘のような快晴で、高野川、出町柳商店街、下鴨神社、京都考古資料館、清明神社、

白峰神宮を歩いて巡りました。

 

まずは集合場所の出町柳駅から高野川におりて鴨川や京都の水についてのご説明がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に向かったのは出町柳商店街 桝形。ここは京都アニメーション制作の「たまこマーケット」の

舞台モデルにもなった商店街で、アニメを見ていた学生たちは写真を撮ったりアニメの話で盛り上がっていました。

また、もともと出町柳付近は福井県の小浜から続く鯖街道の終着地点で物流の拠点でもあり、

京都の食文化についても触れられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商店街の中には和菓子屋や漬け物屋、スーパーマーケットなどがあり、買い物客や観光客でにぎわっています。

 

続いては世界遺産でもある下鴨神社に移動して、糺の森や神社の歴史、毎年5月に行われている葵祭などに

ついてのご説明がありました。各自お参りをしたあとは境内の見学やおみくじを引いたりして楽しみました。

夏の御手洗祭りもおすすめです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都御所付近でお昼休憩のあとは京都考古資料館に移動しました。

資料館は入場無料で現在は伏見人形の展示会を開催していました。伏見人形は伏見や深草付近で作られている土人形で、

今回の展示では発掘された江戸時代や明治時代の型からつくられた再現品や、当時作られた人形が展示されていました。

絵付けや着彩の過程で膠や胡粉・顔料を使用するということもあり、学芸員の方の説明を皆熱心に聞いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてはご存知平安時代の陰陽師 安倍清明をお祀りしている清明神社に移動しました。

もともと清明が住んでいた屋敷の跡地に建てられた神社で、境内のいたるところに清明のシンボルである

五芒星の紋が描かれていて独特の雰囲気がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漫画や映画のなかでの陰陽師っぽく、式神召還ごっこ!

 

最後に向かった先は白峰神宮です。白峰神宮は崇徳天皇・淳仁天皇をお祀りしている神社なのですが、

社地が蹴鞠の宗家だった公家の飛鳥井家の屋敷跡地で、摂社の地主社には蹴鞠の守護神である

精大明神がお祀りされています。現在ではサッカーをはじめとするスポーツにご利益があるとされ、

スポーツチームや学生が大会優勝を祈願しにやってくるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都の歴史と現代の生活、サブカルチャーとの関わりも交えたお話で、

とても有意義で面白い時間になったと思います。

冬にも西山先生をお招きして京都巡り第二回が行われます。

季節がかわればまた新しい発見があると思います。第二回をお楽しみに!

 

美術工芸学科非常勤講師 佐竹龍蔵

 

********

美術工芸学科ブログもチェックしてみてくださいね → http://bixko.net/

  • LINEで送る

2013年6月1日  授業風景

現代美術・写真コースの授業

現代美術・写真コースでは1回生のオリエンテーション授業として、やなぎみわ教授の指導のもとベケットの難解な戯曲「ゴドーを待ちながら」をチームに分かれて演じました。もちろんあの不条理なセリフをすべて暗記してのことです。舞台コースでも無いのになぜ?当然の疑問ですね。でも一回生はこの一カ月を経て自然に思想や哲学の用語を言ってもスッと馴染んでくれるようになったのです。言葉は声に出して初めて身体化します。目で追う記憶は血肉にならないのです。このコースでは堅くなった心をほぐして自在に発想し、表現の翼を得るために独創的なプログラムを組んでいます。この冊子のデザインも木村三晴さんの指導を受けて自分たちでやりました。鍛えれば必ず伸びる!冊子をご覧になりたい方は美術工芸の研究室までお尋ねください。

_IGP4209

1 6 7 8

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。