美術工芸学科

2013年8月

  • LINEで送る

2013年8月22日  日常風景

【現美・写真】展覧会 @関東

 

こんにちは。

北原です。先日まで帰省しておりまして関東にいました。

ずっと世界陸上見ていたのですが、いやあ熱かった!

そして気温も暑かった!!

またまた日本の最高気温が更新されてしまいました・・・

そろそろ気温も下がってくるかと思いますが、皆様熱中症にはくれぐれもお気を付け下さい。水分と塩分補給ね。

 

 

さて今回はタイトルにもある通り、関東(主に東京)で今やっている展覧会をいくつか紹介したいと思います。

 

★アンドレアス・グルスキー展 (国立新美術館) ~9/16

でかい!

初めて見ましたが、想像以上にでかくて圧倒されました。あと人多かったですさすが。

会場の構成は全てグルスキー自身の指示によるものらしいです。

同美術館のアメリカン・ポップアート展も覗いてみると良いと思います。

大阪の国立国際美術館にても2014年2月1日から開催予定とのこと。

 

★ルーヴル美術館展 (東京都美術館) ~9/23

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

すぐそばに国立西洋美術館とか国立科学博物館とか他もあります。

絵画から工芸から、地中海をテーマに全5章(+序章)で構成されていました。

じっくり見たら2時間くらいかかります多分。

東京都現代美術館で開催されているフランシス・アリス展と合わせて見ると良いかも知れません。

 

★浮遊するデザイン ‐倉俣史朗とともに (埼玉県立近代美術館) ~9/1

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

椅子とかデザインスケッチとか。彼のプロデュースした(?)レストランの風景を記録した写真なんかもありました。

光を取り入れる方みたいで全体的に明るかったです。

あと、無駄のあるデザイン(シリーズ?)がすごく好きでした。

 

★<遊ぶ>シュルレアリスム (損保ジャパン東郷青児美術館) ~8/25

これは私は見に行っていないのですが、きっとただ見るだけでも面白いと思います。

シュールレアリスムというのは超現実主義と言って、有名なものだとダリの時計とか溶けてるやつ。あれです。

因みに私が一番好きなアーティストはルネ・マグリットなのですが、シュールレアリスム画家の一人です!覚えておくように!

 

上には書いてないですが

東京国立近代美術館という所があって、国立公文書館(歴史的資料の保管場所・なんかすごいところ)も近くにあります。

皇居もすぐそばにあって、当然ランナーいます。

皇居は中にも入れるみたいなので一回行ってみてはいかがでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ところで何故こんな行ってるのかというと、きっかけは先生に仕込まれたからです。

というのも、

私達が個々で持っている能力などたかが知れているので、ならば吸収(インプット)しなさいと。

作品としてアウトプットする為には様々なことを知識として蓄えておかねばならないのです。

特に重要なのは今に至るまでどのような経緯・歴史的背景を経て来たか。いくつかの重要なことを抑えておけば絶対にどこかで生かせるはず。

今はインターネットを通じて簡単に見ることもできますが、やはり自分の足で美術館まで見に行くと吸収の質も変わるような気がしています。会場の雰囲気とか構成とか展示方法とか参考にできることも沢山あるし。

 

何か難しいこと書いてますが要するに”見る”のは重要ってことです。

特に中高校生までは、大手の美術館やなんかだと大学生以上一般より大分料金が安い!

グルスキー展を見に行った時などは高校生以下無料の日だったらしく、実家いた時に引きこもってたことを後悔しましたw

なので今のうちに! Let’s 美術館

 

  • LINEで送る

2013年8月21日  イベント

【染織テキスタイル】夏の思い出①松岡編 あいちトリエンナーレ

 

夏休みのまっただ中です。

皆さん、暑さに負けず、夏を楽しんでいるのでしょうか?

pj_14004361166

準備室にいますと、時々学生さんが顔をのぞきに寄ってくれます。

今日は、1年生の松岡さんが朝早くから来てくれました。

ということで、特別企画1年生 松岡さんの夏の思い出を少し覗いてみたいと思います。

 

 

夏の思い出① 松岡編 あいちトリエンナーレの巻

 

あいちトリエンナーレが8月10日から始まりました。

京都造形芸術大学から、ヤノベケンジ先生、やなぎみわ先生、名和晃平先生など多くのスペシャルアーティストが出品しています。

1年生の松岡さんは、この春からウルトラファクトリーのプロジェクトに参加。

ヤノベ先生の新作「太陽の結婚式」の制作に春からずっと携わってきました。

任務は、動物のイスを50脚作る事。名前はチャーチチェアー(協会の椅子)

染織テキスタイルでは、彫刻刀もナイフも持たないのですが…松岡さん大丈夫なのだろうか?と密かに心配しながら、

作品完成をとても楽しみにしていました。

 

愛知トリエンナーレ表-497x704

 

▼2013 年8月10日〜10月27日までですよ!

 

「太陽の結婚式」について

ヤノベ先生の構想図はこちら↓

photo

 

(ヤノベ先生の物語は、是非、あいちに行かれてご覧になって下さい!)

実 際にこの協会で結婚式を挙げたいカップルは、挙式を開く事が出来ます。

すごいですよね!

ヤノベ先生の作品の中で挙式を挙げる ことが出来るなんて夢のような話です。

挙式を挙げる予定のそこのあなた!応募して見てはいかがでしょうか?

http://aichitriennale.jp/news_data/2013/05/002344.html

 

そして!

是非、松岡さんたちが制作した汗と涙の結晶に触れて来て下さい!

▼シカ、トリ、ウサギ、おサルなどなど、

たくさんの動物たちが椅子になっています!

 

 

 

▼拡大します。うん!良い!すごく良いです

 

 

松岡さんに、どうだった?と聞いたら、

「も〜本当に大変でした。本当に終わるのかなぁ〜?って感じでしたよ。ギリギリで部品は取れるし、急い で修復して、全部の完成に朝までかかって…。」

と言いながら、顔はとても誇らしげでした。

プロのアーティストさんの制作に関 わることは、めったにない貴重な体験だと思います。

この夏、またぐっと大人になった様子に私もとても嬉しくなりました。

 

ところで?

結婚式はどうだったの?

松岡:「それが、直前におなか痛くなっちゃって、トイレ行って帰って来たら全部終わってたんですよ。」

ホ ンダ:「うそ!!!」

一番のクライマックスを見逃したそうです。

 

それもまた、松岡さんらしい夏の思い 出なのではないでしょうか?

  • LINEで送る

2013年8月20日  ニュース

あいちトリエンナーレ2013

 

 

こんにちは。

 

夏も終わりが近づいてきました。

 

お盆を過ぎると、もう秋の風を感じますね。

瀬戸内国際芸術祭の夏の部も9月1日まで。

(秋の部は10月5日スタートです!)

 

芸術祭の様子はこちら↓

http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?m=201308&author=2&page=2

 

 

秋の部にしか見れない、展示もあるので、とても楽しみですね!

 

 

 

美術工芸の学生さんたちも、夏期休暇期間を利用して

芸術祭に行ったり、海外を旅したり、自分の制作にはげんだり

プロジェクトに参加したり、京造ねぶたミーティングをしたり、

学園祭の準備をしたり、、

 

 

盛りだくさんな夏をすごしているように思います。

 

 

 

そして、瀬戸内のみならず。

 

8月10日(土)からは「あいちトリエンナーレ2013」がはじまりました。

 

 

あいち

 

8月10日(土)~10月27日(日)まで

愛知芸術文化センター、名古屋市美術館、長者町会場など、名古屋市を

中心に、作品展示だけでなく、ダンス、演劇なども上演されます。

 

http://aichitriennale.jp/

 

美術工芸学科からは

 

名和晃平先生(総合造形コース)

ヤノベケンジ先生(総合造形コース)

やなぎみわ先生(現代美術・写真コース)

 

が出品しています。

 

 

学生さんのみならず、教員も、大忙しな熱い夏をすごしています。

 

 

ぜひ、お見逃しなく!!

 

 

美術工芸学科:細井

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2013年8月19日  イベント

【日本画コース】3年生グループ展のご案内

 

 

日本画コース3年生4人展あきどな

7

美術工芸学科日本画コースの3年生4名が、このたびグループ展を開催します。
在学生ならではのみずみずしい作品群、どうぞご高覧下さい。

 

<出展者>
京都造形芸術大学芸術学部美術工芸学科 日本画コース3年生

 

乾榮里子
北村友理
西谷花穂
松野木望会

 

<開催期間>

8月23日(金)~8月31日(土)

11:00~19:00 ※最終日は17:00まで

 

<場所>

gallery take two

〒604-0941 京都市中京区御幸町通御池上ル亀屋町399 カーサ御幸1F MAP

ギャラリーHPはこちら

 

★京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」ゼスト御池⑩番出口より御幸町通を北へ100m

※駐車場・駐輪場はございませんので公共の交通機関をご利用いただくか

 お車の場合は近隣のコインパーキング等を必ずご利用ください。

 

 

<DM>

表 裏 

  • LINEで送る

2013年8月15日  ニュース

日本画VS油画 投票ありがとうございます☆

こんにちは。

 

 

夏期コミュニケーション入学体験授業が

8月6日(火)~9日(金)まで実施されました。

 

体験授業を受講されたみなさん、お疲れ様でした!

朝から夕方まで、緊張しながらみっちり濃い内容の授業で、4日間くたくたになった

と思いますが、お盆休みは、ゆっくりと体を休めてくださいね、、。

 

 

さて、

 

美術工芸学科の研究室では

7月末のオープンキャンパスから、

 

「日本画VS油画」

 

作品での勝負を実施しております。

 

日本画コース 在学生 2名 

油画コース 在学生 2名

 

が出展しております。

 

オープンキャンパス来場者のみなさんや、夏期コミュニケーション入学エントリー者のみなさんにたくさん投票をしていただきました☆ありがとうございました。

 

__3

 

ここで途中経過を、、

 

 

 

 __4

 

 !!良い勝負!!

 

 

 

 

勝敗結果は9月に発表予定です。

 

お楽しみに☆ 

 

 

 

美術工芸学科:細井

1 2 3 4

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。