美術工芸学科

2013年10月

  • LINEで送る

2013年10月6日  イベント

【総合造形】展覧会情報~ART COM2013~

総合造形コース3年生と立体造形コース4年生・院生による野外展が現在開催中です。

写真はごく一部ですが、室内のギャラリーにも展示しています。

 

これまで学内でしか見ることのなかった作品たちが、

屋外に設置することにより大きくイメージを変え、

新しい世界をつくっているように映りました。

 

お庭だけでも美しい水景園、木々が少しずつ色づいています。

京都市内からは少し離れますが、

お弁当を持ってぜひピクニックにお出かけください。

 

 

ARTCOM2013
■会期 9月28日(土)~10月11日(金)
■時間 9時~17時 ※最終日は16時まで
■料金  水景園入園料 一般200円 小・中学生100円

 

〒619-0238 京都府相楽郡精華町精華台六丁目1番地

TEL 0774-93-1200

http://www.keihanna-park.jp/

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

DSC_0018

 

DSC_0045

 

DSC_0070

  • LINEで送る

2013年10月5日  授業風景

【染織テキスタイル】今日の表紙はこれで決まりでしょ!

大笑いしてしまいました。

1年生の教室にこれが…。

 

 

 

ホンダ:「誰なの?こんなの持ってきて!!!誰が関ジャニ8ファン?」

梅崎先生:「それ、田端先生のなんです…。」

え!!!!!!!!!!!!!!!!!

す みません。先生のだったとは…。ホント、ごめんなさい。(アワテル、ホンダ)

 

実は、、、

みな さん、よーく見て下さい。真ん中の彼。

たばた絞りの浴衣着てらっしゃるんです!

これ↓

 

▼ サンプルをたくさん持ってきて頂きました。

そう!今日は、田端先生、木村先生をお呼びしての特別板締めワークショップ。

今回もわいわいと技術を伝授して頂きました。

 

 

▼ なんとかレンジャーみたい。

 

 

▼ 靴下がかわいい♡

 

 

▼畳んで、畳んで、板で挟む。

 

▼圧力のかけ方について。

固すぎてもダメだし、ゆるくでもダメ。

 

 

 

▼糸のくくり方

小さなことでも、職人の技が光ります。

 

 

 

▼ 梅崎先生、スレン染料の準備中。

 

そう言えば!

後期からはスウェーデンからの交換留学生が来ています。

サラさんです。

頑張っています!

また、別の機会にご紹介致します!!

 

 

▼オリジナルデザインできた!

SOU•SOUさんに売り込みに行 く!!!!

と張り切っております!(笑)

 

 

 

▼どこが違うかわかりますか?

こちらは、上の作品と同じ折り方ですが、

圧力を少しきつくかけました。

 

 

板締め 絞りは、偶然から生まれるデザイン•色がとても面白い技術です。

毎回新しい形が生まれます。

世界に一つしかないということで すね。

知れば、知るほど深いです。

 

▼いろいろな作品が出そろいました。

木村さん、鋭い職人さんの目でチェックです。

 

さぁ。後期も作りますよ!てぬぐい、アロハシャツ、浴衣!

頑張りましょう!楽しみです!

 

副手:ホンダ

 

 

 

 

  • LINEで送る

2013年10月4日  授業風景

【日本画】日本画研究室主催『第1回 日本画大賞展』結果発表!

こんにちは。

ご無沙汰しております、日本画コースです!

 

夏休みも過ぎ去り、いつのまにか秋めいてきましたね。

さて、先週から後期の授業がはじまりました。

日本画コース、後期いちばん最初の授業は…

日本画研究室主催『第1回 日本画大賞展』の公開審査会でした!

出品作の規定は、F150号まで、素材の限定はなし!

まずはお昼の間に体育館に1〜3年生が夏休み中に制作した作品をみんなで一斉に並べます。

 

並べ終わったら、先生方がいいと思った作品を一カ所に集めていきます。

 

息をのんで待つ学生たち…

 

 

分割パネルの作品も立てて見てみたいとのことで、協力して立てました!

 

 

 

ざっくり決まってきた様子(先生方の議論にも熱が入っております!)

 

そしてついに大賞が決定!

見事大賞に選ばれたのは3年生の吉原くんでした。

(↑左の風景の作品)

作品のコンセプト等を皆の前でお話してもらいました。

受賞者だけでなく、先生が気になった作品の作者にも説明してもらいました。

 

一通りプレゼンテーションがおわったところで、ちょっと休憩。

 

先ほどの審査の時の真剣な表情とは一変、笑顔がこぼれています♪

 

休憩後は個別で先生に作品を見てもらう時間に。

 

 

 

先生方はバラけて各生徒の作品を見て回られており、

学生も先生をつかまえて積極的に自分の作品についてお話を聞いている様子でした。

 

そして個別講評の時間もおわり…

授賞式へ!

大賞 吉原くん(3年生)

 

優秀賞 野口さん(3年生)

 

優秀賞 田中くん(2年生)

 

以上3名が日本画研究室主催『第一回 日本画大賞展』の受賞者です!

その後審査員の先生方から一人ずつ総評をいただきました。

 

総評も無事おわり、各自片付けをして解散に。

解散後もちらほら学生たちは先生をつかまえてお話を聞いていました。

来年も楽しみです!

 

 

  • LINEで送る

2013年10月3日  ニュース

【油画】卒業生がすごい!祝★受賞!!

先日、油画コース卒業生の篠原先生と山岡先生の受賞のお知らせをしたばかりですが、

またもや嬉しいニュースが!!

 

★★ 海野厚敬さん 新作家賞受賞 ★★

おめでとうございます!

 

昨年度まで油画コースで非常勤講師をされていた卒業生の海野厚敬さんが

第77回・新制作展で新作家賞を受賞されました!!

昨年に続き2年連続の受賞です。すごいですね!

 

▼国立新美術館での展覧会は終了しましたが、巡回展があります。

京都展: 京都市美術館 10/19(土)~10/29(火)  ※10/21・28は休館

(その他巡回展についてはこちら→ http://www.shinseisaku.jp/ )

 

▼海野さんは今週、ギャラリー恵風とギャラリーヒルゲートの2ヶ所で個展を開催されています。是非ご覧下さい。

 

海野左うら

the left

ギャラリーヒルゲートにて

10/1(火)~10/6(日)

12:00-19:00  ※最終日は17:00まで

 

 

 

 

 

 

海野右うら

 

 

the right

ギャラリー恵風にて

10/1(火)~10/6(日)

12:00-19:00  ※最終日は18:00まで

 

  • LINEで送る

2013年10月1日  授業風景

【染織テキスタイル】私、今日から母になる!

染織テキスタイルのガールズ28名は、今日から母になりました。

息子なのか、娘なのか、オスなのかメスなのか、全く区別がつきませんが…。

蚕の幼虫です。

卵の段階を0齢と呼ぶそうですが、この子たちで4齢だそう。

 

 

 

1人6匹、4齢の幼虫から蚕になるまで育て上げます。

1人、6匹も!!!

あら…どうしましょ…。

 

私は、3匹頂きました。

一応、名前を付けました。

大きいのからニコラス、ハリー、スーザンです。

立派な日本の蚕の幼虫ですが、なんとなく、外人さんの名前を付けてみました。

見た目が全く同じなので…。どの子がどの子か良くわからないのが…悩みです。

 

エサはこれ。桑の葉。柔らかい葉だけ食べるらしい…。

朝に1回、夕方1回、 お蚕さんは1日2食です。

 

 

もちろん、これは授業の一環として行われたもの。

今日は客員教授の伊豆蔵明彦先生をお招きして、

蚕の素晴らしさ

生と死の深さ

について教えて頂きました。

 

 

赤いお帽子にサングラスをつけていらっしゃるのが、伊豆蔵先生。

授業終了後、先生は大きな鞄を抱えて、ハワイへ。レクチャーのために旅立たれました。

「先生、蚕に何かあったら私達は一体どうしたら良いのでしょう…。」

とにかく、頑張って育てろと言う事でしょうね。

 

みんな、頑張ろう!

 

副手ホンダ

 

1 2 3 4

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。