美術工芸学科

2013年11月

  • LINEで送る

2013年11月22日  授業風景

【総合造形】女の子の痕跡。

好評な作品ぞろいだった総合造形コース2年生のグループ制作。

 

今日はBチームの合評風景をご紹介。

チーム名は「キャバレー純生」!

 

 

くじ引きで決めたチーム分けでしたが、偶然にもここはガールズ・オンリー。

そして出てきたのがこの作品でした。

 

 

入口は何やら神秘的、、、

DSC_0390

DSC_0388

 

 

 

 

くぐりぬけてみればそこは真っ白なお部屋。

DSC_0403

 

DSC_0402

DSC_0407

DSC_0423

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足もとまでびっしり。

 

DSC_0397

少し恥ずかしそうな先生たち。

 

 

作品のタイトルは「女の子の痕跡」。

印象的だったのは部屋の中がほんわりと温かかったことかな、、、

 

  • LINEで送る

2013年11月18日  イベント

【BUKATSU】おいしい絵って難しい??

11月16日(土)、くらしをアートする「部活」が始まりました!

第一回目の今回は、油画コースの奥田輝芳教授が担当。パステルでマカロンを描きました。

 

部活18

 

描く前に先生から、

「部屋に飾りたい色は何色?」

「おいしく描くって難しいことなのかな?」

「“見る”ってどういう事だろう?普段、身近にあるもののこと、よく見ていますか?」

など、質問を交えながらお話がありました。

 

そして、

 

マカロンの特徴は?よく見てみよう。

さあ、描く前にまずはひとくち。味わってみて!!

 

…と言うことで、マカロンを袋から出して観察したり。食べてみたり。

それからいよいよ制作です。

部活21

部活4

 

▼お手伝いの大学院生や4年生の学生も一緒に制作しました。

部活1

 

 

こちらは4年生のナカムラさん。

描いてるうちにだんだん本気モードになっていました。笑

 

 

 

 

 

部活8

 

こちら、院生のタナカさん。指で絵具をつけて楽しんでいます。

 

 

 

 

 

 

 

▼パステル以外にも、水彩色鉛筆・アクリル絵具・クレパス・鉛筆などのいろんな画材を用意しました。

部活2部活7

 

「この色がおいしそう」 「ここの描きかたが良い!」 「めっちゃ可愛い絵やな~」

時々、近くの席の人とお喋りしながら楽しく制作していました。

 

制作の合間にはティータイムも

もちろん、マカロンを味わいながら。

 

 

▼奥田先生から「額」についてのお話も…。

額に入れるとき、マット(※先生の持っている白い枠のことです。)を使うと印象が変わります。

トリミングの仕方でも雰囲気が変わりますね。

せっかく描いた作品、きれいに額装してお部屋に飾りましょう!!

部活10

 

▼そして、最後にはみんなの『今日イチ』の作品を壁に展示しました。

部活17

部活15 部活14

部活16

 

部活19

 

 

展示した作品はみんなで鑑賞して楽しみました。

どれもおいしそう!!

 

とっても素敵な作品ができました。

 

(ちなみにこの後、参加者の皆さんで写メの撮影大会になりました。)

 

 

 

***********************

 

次の部活内容は、「硬い木と軟らかい木」。バターナイフを作ります。(注:残念ながらすでに満席です。。)

 

でも、他にもまだまだあるので、是非!

気軽な気持ちで入部してみてくださいね。お友達同士での参加も歓迎です。

もちろん!一人での参加も歓迎してます。今回は一人で参加される方が多かったです。

「部活仲間」が出来るので、楽しいですよ~

 

詳細はこちらより。 >> http://www.kyoto-art.ac.jp/bukatsu/

 

 

 

油画 うらの

 

 

  • LINEで送る

2013年11月15日  授業風景

【日本画】一年生の教室に例のアイツらがあらわる!

こんにちは。

日本画コースの技官Aです。

 

すっかり寒くなり、もみじも色づいてきた今日このごろ。

お鍋がおいしい季節ですね。

個人的に手羽元が大好物です。(安くてうまいっ)

 

さて、昨日から日本画コースには特別ゲストが来てくれています!

 

気になるゲストの画像はこちら!▼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう!軍鶏です!

 

12月20日まで5羽の軍鶏が日本画コース1年生の教室で飼育されています。

 

 

早速本日の授業で描きました。

 

 

午前中はクロッキーをし、午後からは半日で1作品仕上げるという制作でした。

そして授業最後にみんなで本日描いた作品を壁に貼っていき、合評です!

 

 

これから2週間ドローイング制作をしていき、

それから3週間本画制作に入っていく予定です。

 

どんな作品ができあがってくるのか楽しみです。

  • LINEで送る

2013年11月13日  授業風景

【総合造形】最後の晩餐。

先日総合造形2年生の合評が行われました。

今回はグループ制作!!

4チームに分かれて“今そこにあるリアリティ”というテーマでそれぞれ取り組みました。

 

合評開始と同時にみんなが集められたのはなんと学生食堂。

Aチームの作品は「食べ物」そのものだったのです!

内容はご覧のとおり~

 

最後の晩餐13最後の晩餐15 最後の晩餐16

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の晩餐14 最後の晩餐8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お魚が青いんですけど、、、 。 

 

 

最後の晩餐10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品の説明が終わり、では!

 

 

最後の晩餐1

先生方、どうぞ!!!   「 いただきまーす。 」

 

最後の晩餐3

 

ヤノベ先生、お味はどうですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の晩餐4

 

その顔、、、

 

 

 

 

 

最後の晩餐2

 

 

 

 

 

 

終始和やかな雰囲気。。。

 

 

最後は学生のみんなも一緒に全員で試食。

見た目とは裏腹に味は普通―というよりむしろおいしい!!

味が(色も)よく沁みた大根の煮物が、名和先生お気に入りだったそうです。

 

“食”のパワーを改めて感じさせられた作品でした。

 

  • LINEで送る

2013年11月13日  イベント

【油画】卒業生・在学生の展覧会多数!!

こんにちは。

今週、来週と油画コース関連の展覧会がたくさんありますよ~!!

まだまだ芸術の秋を堪能してください♪

 

▼開催中の展覧会 (お知らせが遅くてゴメンナサイ!)

蜜る日に

大学院修了生の藤本絢子さんの個展です。

京都東急ホテル 地下1階、ギャラリーkazahanaにて

11/2(土)~11/17(日) 11:00-19:00 ※日曜日は9:00~17:00、会期中無休

詳細はギャラリーHPでご確認下さい。 http://www.kyoto-h.tokyuhotels.co.jp/gallery/

 

エトワールブリヤント展

卒業生の大路誠さん、丸尾宏一さん、安冨洋貴さんらが出品されています。グループ展です。

画廊 大千にて

11/6(水)~11/15(金) 11:00~18:30 ※土曜・日曜は16:00まで

 

優しい森のうた

大学院修了生、山本麻衣子さんの個展です。

ギャラリーモーニングにて

11/12(火)~11/17(日) 12:00~19:00 ※最終日は17:00まで

 

杉尾恵津子展

 

 

卒業生の杉尾恵津子さんの個展です。

中井三成堂画廊にて

11/13(水)~11/18(月) 10:00~18:00 ※最終日は16:00まで

 

 

▼今週開催の展覧会 (是非ご覧ください!)

3人展-そこに潜むこたえ-

 

油画コースの3年生によるグループ展です。

出品者:青木智哉さん、秋山詩織さん、佐光ゆずきさん

Gallery  Take twoにて

11/14(木)~11/21(木) 11:00~19:00 ※最終日は17:00まで

 

上畑光個展

卒業生の上畑光さんの個展です。

ギャラリー三条祇園にて

11/15(金)~11/24(日) 12:00-18:00

1 2 3 4

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。