美術工芸学科

2014年5月

  • LINEで送る

2014年5月23日  イベント

【美術工芸1年生】奈良の研修旅行 part3

あ。5月になってしまいました。

懐かしい〜と言われてしまいそうですが、

奈良の研修旅行の続き PART3です。

しかも、まだ初日の話。

 

 

今年もお世話になりました。

ホテルニューわかさ。

今日は、外国の方が2名(観光客)と造形大生157名が宿泊。

あはは。

 

 

荷物がいっぱい、一旦、各自、部屋へ解散です。

 

 

 

おなかすいたよね〜。やっと。夕食の時間。

 

 

本日のメニューは、ごはん、天ぷら、八宝菜、茶碗蒸し、汁物、おしんこ

あと…鍋焼き?だったかな?

おいしかったです!

 

 

次の朝

 

 

は〜い。おはようございます。行ってらっしゃい。

 

 

さすが、奈良!鍵のデザインも鹿さんです。

 

 

昨日はゆっくり寝れたのでしょうか?

 

 

いやいや、やっぱり眠たいよね〜。

 

 

こちらは、朝ご飯の時間になかなか降りて来なかったので、

心配しましたが… ただ…寝坊してしまっただけだったようで、

良かった。良かった。

 

※噂では、朝3時まで大富豪をして楽しんだグループもあるとか…。

いやはや、青春でございます。

 

 

ということで、青春の一枚。ハイチーズ!

 

 

 

今日も良いお天気!

戒壇堂!

 

 

お花もとっても綺麗でした。

 

そして、

 

 

ただ今、奈良の研修旅行のスケッチがNC棟入り口に

展示されています。

 

 

 

先生方の投票で賞が決まります。

どの作品が選ばれるかとても楽しみですね!

 

また、賞が決まったときに発表します!

 

ホンダ

  • LINEで送る

2014年5月23日  ニュース

新人スタッフの授業潜入レポート★その1

 

 

こんにちは!今年の4月から、京都造形芸術大学で

働き始めた新入職員の幅上(はばうえ)です☺

 

今日は一日美術工芸学科の授業を見学させてもらったので

その様子をレポートしたいと思います。

 

まず、午前中は講義の授業!

 

私が今日見学したのは萩原先生の「工芸概論」です。

 

_MG_8871

先生は、日本の「民芸」と北欧のデザインを関連づけて授業をされています。

今日は先生がつい先日まで行っていた北欧での研究や旅の思い出を

写真とともに紹介してくれました〜!

 

先生が実際にインタビューしたデザイナーの方のお洒落なお家の様子や、

飛行機や船から作られたホステル、そして街の美味しそうなカフェの様子などなど

時間があっという間に過ぎてしまう程楽しい写真を沢山みせてもらいました♩

 

そして、、

午後からは、日本画コースの授業をのぞかせてもらいました。

 

IMG_8885

こちらは1回生の授業の様子です。

私の中では日本画というと、日本史の教科書に出てくる絵のイメージが

強かったので、様々な色を使って鮮やかな絵を描いている様子にびっくり

しました!その反面、別の教室で行われていた授業では昔の作品を

模写していたりと、実技の授業でも色々あるのだな〜と感心してしまいました。

 

_MG_8881

上回生にもなると個々の作品をスペースを区切って自身の作品に

打ち込んでいくようになります。

ここでもひとくくりに「日本画」といっても、色々な作風のものを

みることが出来て、学生さんの創る力に圧倒されてしまいました!

 

さて、明日は引き続き、現代美術/写真コース、油画コース、

染織テキスタイルコースの授業をレポートしたいと思います☺

  • LINEで送る

2014年5月22日  授業風景

【染テキ】シンプルな作業は奥が深い!

5月16日(金)

引き続き、板締めのサンプル制作です!
地染め組と板締め組に分かれて制作。

原理が大体わかってきたので、ちょっと応用してみたり。
ちょっとした事なのに、ガラッと変わる事があるから、

またやりたくなる。
とてもシンプルな作業なのに、奥が深いです。

非常勤講師:江島

  • LINEで送る

2014年5月21日  授業風景

【日本画】第5回『放課後の日本画研究会』

こんにちは!日本画コースです。

 

今回は先週金曜日に行われた、

第5回『放課後の日本画研究会』の様子をお伝えしていきたいと思います。

 

第5回はスペシャルゲストに、

泉屋博古館分館学芸課長の野地耕一郎先生をお迎えしての作品講評です!

 

▼まずは材料研究室にて、先生に作品をみてもらいたい作品を持ち込み講評していただきました。

 

▼教室にはたくさんの学生が…。(このあとも続々と増えていきました)

作品の中に自分がいるかどうか。

3、4年生になってきたらそういう事もできていかなければならない。

とのお言葉に学生の目も次第に真剣になっていきました。

 

▼材料研究室の次は模写室へ

 

野地先生、模写作品に思わず欲しい…!との一言。

作品を「欲しい」と言われるのは作者にとって最高の褒め言葉だ。

という野地先生のお言葉がとても印象的でした!

 

▼そして次は大学院生のアトリエへ!

大学院生ともなると個人の世界観がわりとでてきているので、

各々の世界観に対してよりつっこんだお話をしていただきました。

個人の世界観が決まってくるのはいい事かもしれませんが

そこにとどまらず、野地先生のアドバイスを受けて大学院生の作品も更に発展していける予感がしました。

 

野地先生ありがとうございました!!

 

次回の放課後の日本画研究会もお楽しみに!

 

  • LINEで送る

2014年5月20日  ニュース

【油画】オークション出品!!

こんにちは。油画コースです。

前回に続いて、卒業生の活躍を紹介します!

 

 

第23回 三菱アート・ゲート・プログラム

▼チャリティーオークションに2012年に油画コースを卒業した佐藤真美さんが出品しています。

 

オークションの開催は6月14日です。

 

詳細は三菱商事HPで確認! >> http://www.mcagp.com/

*事前に申し込みをすれば、オークションに参加できます。

*HPでオークションカタログのダウンロードも出来ます。

 

 

 

 

 

次回は油画コース関連の展覧会情報をお届けします!

1 2 3 4 5 6

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。