美術工芸学科

2014年5月

  • LINEで送る

2014年5月12日  授業風景

【染テキ】作ったモノを見つめ直す時間。(4月のはなし)

1年生染クラス

大分サンプル制作が進み、自分なりの絞り染めが見えて来ました。
課題のハンカチ染めに入っている学生もチラホラ。

出来上がったモノは壁に貼ってみます。
自分の作ったモノを見つめ直したり、他の人が作ったモノを見るのは、スゴく大切なこと。

同じ事をやっても全然違うモノが出て来て、面白いですね!

 

非常勤講師:江島

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2014年5月10日  イベント

【BUKATSU】超絶技巧!ミスターXの正体は…!?

こんにちは。油画コースです。

今日はとってもいい天気です。BUKATSU日和ですね★

 

5月最初の美術工芸BUKATSUは細密描写 超絶技巧で描くビー玉でした。

顧問はミスターX。

まずはその正体を発表します!!

 

_DSC3295

安冨洋貴さんです!(写真は鉛筆削りの解説中)

本学大学院の修了生で、現在は画家としてご活躍されています。

安富さんの作品はすべて、鉛筆のみで描かれています。今日は細密描写について、たくさん教えて頂きました!

 

安富さんのブログはこちら >> http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/

★作品画像もご覧いただけます。是非!

 

 

▼ちなみに、今日使った道具はたったこれだけ。画用紙、鉛筆、消しゴム、ねり消し。

これだけあれば、細密描写が出来ちゃいます。

_DSC3299

 

▼まずは鉛筆を削りましょう。とっても大事な作業です。

カッターナイフの持ち方、手の動かし方、芯の長さ、木の部分の長さ…。 描きやすくするためのコツがいっぱいです。

_DSC3296 _DSC3297 _DSC3294

▼ハイ。仕上がりはこんな感じ。美しいです。

_DSC3303

 

▼みんなで一緒に削ります。初めての人も、なかなか上手。

_DSC3313_DSC3305

そして、準備が整ったら下描き。ビー玉をしっかり観察しましょう。

よ~く見て、よ~く見て。

 

木村克朗先生にも来て頂きました!

▼光の方向と陰影について。かげはどんな風に出来る?じっくり解説してもらっています。

_DSC3335 _DSC3334 _DSC3349

 

ところで、今回の写真、少し暗く見えませんか??

部屋が暗いのにも、ちゃんと理由があります。蛍光灯を半分消して、光の方向と量を調節しているんです。

みなさんも、家でデッサンをする時はライティングに気をつけて下さいね!モチーフの見え方が変わりますよ。

 

▼安冨さんの作品も見せて頂きました。スゴイ!!超絶技巧ですね。

_DSC3320

 

 

▼みんな、とっても集中して描いていました。

 

_DSC3382 _DSC3389

▼休憩用のジュースとお菓子も用意していましたが、全然減らない…(笑)

休憩なんてもったいない!と、一生懸命デッサンしていました。

_DSC3361

_DSC3341

 

あっという間の3時間でした!

まだまだ描き足りない、との声もありましたが、今回はここまで。

部活の時間が終わってやっと、みんなでおやつタイムになりました♪

 

次週のBUKATSUは「ろくろマジック2」です!

春の部活はまだまだ始まったばかり。次の報告も楽しみにしてて下さいね。

 

BUKATSU申込はコチラから >> http://www.kyoto-art.ac.jp/bukatsu_02/

 

  • LINEで送る

2014年5月9日  授業風景

【染テキ】カタゾメのカタホリ

こんにちは。染織テキスタイルです。

今、2年生染クラスでは、型染め授業を行っています。

テーマは 「花」

 

エレガントです♡

モチーフをスケッチし、そこからデザイン画をおこし、型を彫っていきます。

 

 

▼ 型完した型がこれです。昨日は糊置きの作業でした。

 

 

 

 

 

 

 

▼糊がしっかり置けました。

ゆっくり乾かしていきます。

 

 

▼糊の独特の匂いがプ〜ンと香る教室。

 

型染めは1つ1つのプロセスがとてもオモシロいですね。

明日はどんな工程に移るのでしょうか?

楽しみにです。

 

ホンダ

 

  • LINEで送る

2014年5月9日  授業風景

【日本画】一年生運筆授業

こんにちは、日本画研究室です。

 

今年も塚下先生による運筆の授業がはじまりました!

年度初めに2年生からはじまり、現在1年生が運筆の授業をうけています。

 

塚下先生によるデモンストレーション。

先生に描いてもらったお手本を元に自分たちのスペースで運筆の練習です!

 

新品の机で運筆の練習…うらやましいです。

最初は簡単なものからはじめ、徐々に大根や花などに挑戦していきます。

 

 

今年はどんな名作が生まれるのでしょうか…楽しみです!

 

 

美術工芸学科のHPはこちら

  • LINEで送る

2014年5月9日  イベント

【現代美術・写真】展覧会「INTERACTION」のお知らせ

 

postcard 縦

 

INTERACTION

開催期間 2014年4月26日(日)ー5月18日(日) 12:00–18:00
開催場所 元藤平陶芸

*月曜、火曜は休みとなっております。

写真とアートの新しい関係を考える場として2011年に誕生した「現代美術・写真コース」。

社会から眼をそむけず他者との対話を続ける、ボーダーレスな表現者を目指しています。

今春、ようやく4学年80名がそろい、初めてのコース合同展覧会を企画しました。

写真と映像作品を中心に、サイトスペシフィックな展示に挑戦します。

 

今回展示場所の元藤平陶芸は、

京都市内に残る最大規模の登り窯(長さ15m、幅4.8m、焼成室8室)を有する陶芸工場。

明治30年から昭和43年頃まで使われていた。

 

 

螢幕快照 2014-05-08 下午5.29.51

住所

京都市東山区六波羅裏門通東入竹村町151-1

 

アクセス

バス「東山五条」より徒歩2分

バス「五条坂」より徒歩4分

京阪線「清水五条」駅より徒歩12分

 

1 3 4 5 6

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。