美術工芸学科

2014年5月

  • LINEで送る

2014年5月7日  イベント

【BUKATSU】パート2が始まりました!

4月19日から美術工芸学科による春のBUKATSUが始まっています。

 

第1回目は、小野規先生による「暗室に入ってみませんか?」でした。

みんなで暗室に入り フォトグラムの不思議な世界 を体験していただきました!

カメラを使わない写真って??

 

まずは、フォトラボの暗室で機材の使い方を学びます。

実際の作業は真っ暗な中で赤色灯(赤いランプで)行うため、事前に電気をつけた状態で練習します。

 

 

IMG_3153現像液・停止液・定着液

IMG_3160想像を膨らませながら・・・モチーフを準備します IMG_3203モチーフを印画紙に置いて、感光させてものがこちら!!

真っ白な印画紙を現像液に漬けると・・・このように像が浮かび上がります。

その瞬間「うわ―!出てきた!!」と驚いておられました。

IMG_3169出来上がった写真をみんなで見てディスカッションします。

ちなみにこちらが小野先生です。

  IMG_3172 IMG_3175 IMG_3180みなさん何枚もフォトグラフを制作されました。

カメラを使わないと写真はできない!というイメージから写真のイメージが変わったと思います。

またやりたい!という声もたくさんあり楽しい時間を過ごせました。

 

小野先生・スタッフのみなさんありがとうございました!

 

BUKATSUは、まだ始まったばかりです。

次回もお楽しみに~

 

BUKATSU申し込みページはこちら

http://www.kyoto-art.ac.jp/bukatsu_02/

  • LINEで送る

2014年5月1日  イベント

【染テキ】オープンキャンパス4/27

4月27日(日)オープンンキャンパス

奈良の研修旅行レポートの途中ですが、

こちらからも少しわりこんでオープンキャ ンパスの様子をお伝えします。

 

この日もとても良いお天気で、たくさんの方にご来場頂きました。

ありが とうございました。

 

 

 

オープンキャンパスでは、専任の先生とじっくりお話ができます。

2回も3回も戻って来てくれる熱心な学生さんもいて、とても嬉しかったですね。

 

 

 

【オーヴワークショップ】ソフトジュエリーを作る。

毎回、とっても人気のソフトジュエリー。

たくさんの色が入った糸BOX から好きな色を選んでオリジナルのジュエリーを作ってもらいます。

 

遊びに来てくれたみんなの中には部活に参加してく れている部員さんもいました!

本当にありがとう!

 

 

 

2回生や3回生の先輩がそばで教えてくれるので、安心。

学校生活のことなんかも聞いてみたら、たくさん教えてくれます。

行きつ けのの雑貨屋さんとかパン屋さんなんかも聞いてみてもいいかも。

造形大の周りには本当に素敵なお店が多いので、是非行ってみて下さい。

 

 

 

【地下のワークショップ】はじめての藍染め

実は…もう1つ… 知る人ぞ知る

藍染めワークショップをNC棟地下で行っていました!

 

 

こちらは八幡先生と江島先生が教えてくれます。

1年生の授業をちょっぴり早く、少しだけ体験できます。

 

 

こちらは仕上げのアイロンですね!

良い作品ができましたか?

 

 

ジャーン☆江島先生!流石〜☆お弁当包むのに良いですね

 

次回の染織テキスタイルのイベントは、

6月14日 BUKATSU、そして22日が1日体験入学です。

BUKATSUでは、八幡先生と一緒にオリジナルバックの制作をします

詳細はホームページからどうぞ!

http://www.kyoto-art.ac.jp/bukatsu_02/

 

みなさんに会えることを楽しみにしています。

 

 

1 4 5 6

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。