美術工芸学科

2014年8月

  • LINEで送る

2014年8月18日  ニュース

【染テキ】野村春花個展「おおきなかばん」

おおきなかばん展

8月24日(日)から、野村春花の個展「おおきなかばん」展が京都市中京区のidギャラリーで開催されます。

 

今回の個展は野村さんにとって、新しいことへの挑戦の連続でした。

初めてのテレビ出演。野村さんの作品がどんな人に支えられ、どんな風に生まれて来ているのか、ドキュメンタリーでご覧頂けます。今回は、鞄だけでなく、まとう鞄「かばんふく」をファッションコースの濱田先生と共に発表します。

 

【個展】

「おおきなかばん」

harunomura bags works exhibition

場所 idギャラリー 〒604-0917京都市中京区夷川通寺町西入南側

会期 2014年8月24日(日曜日)  8月31日(日曜日)

時間 11:00 – 19:00

※作品の数に限りがございますので、ご購入をご希望の場合は、初日にご覧になられる事をおすすめ致します。

 

——————————————————————————————————————————————–

【テレビ放送】

ライフ夢のカタチ

9月20日(土)朝日放送 11時より放送

http://asahi.co.jp/life/

 

1339_main

20140731

 

 

 

  • LINEで送る

2014年8月13日  ニュース

【日本画】京都新鋭選抜展入選!山本雄教さん

 

 

こんにちは。日本画コースです。

先日染織テキスタイルコースでも報告がありました「新鋭選抜展」ですが
日本画大学院卒業生からは1名、山本雄教さんが選ばれました!

 

 

 

琳派400年記念 新鋭選抜展
~琳派の伝統から、RIMPAの創造へ~ 選抜作家

 

5647_300505953412353_237175103_n

 

山本雄教

やまもと・ゆうきょう

 

1988年京都府生まれ。
13年京都造形芸術大学大学院芸術研究科芸術表現専攻修了。
12年ART AWARD NEXT2012審査員賞、13年京都府美術工芸新鋭展2012京都美術・工芸ビエンナーレ公募部門大賞。美術新人賞デビュー2013準グランプリ。他展覧会多数。

 

 

ご本人よりコメントをいただきました。

「この度は新鋭選抜展に推薦していただき、また入選することができ、

非常にありがたく、また嬉しく思っております。

来年開催される展覧会で良い作品を出品できるよう、制作に励みます!

 

おめでとうございます!

 

c28ee7c7 e4d26ac1

左「286円の女」 右「431円の女」
2014

 

3083a115-s

「日の丸」
2014

 

すべて山本雄教のブログより

 

 

また山本さんは今月の月刊美術8月号にも
『プロ&通(ツウ)の「イチオシ!」93点 この新人が、欲しい!』に特集されています。

こちらもぜひご覧ください。
コメの人かと思っていたらお札の人だった、いや一円玉の人だった…などと在学生からもささやかれるうわさの山本さん、つながっていくキーワードと共に、毎回気になってしまうこと間違いなしの作家さんです。

来年の選抜展も楽しみですね。

これからの活躍も応援しています!

 

  • LINEで送る

2014年8月12日  ニュース

【受賞作品】1年生奈良研修旅行スケッチ展

こんにちは、美術工芸学科です。

 

 

大学はレポートや筆記試験の期間が終わり、

作品制作に来ている学生さんはもちろん、学内では1年生の「京造ねぶた」のプランニングをする

学生さんをたくさん見かけます。

 

今年はどんなねぶたを見ることができるのか、、楽しみですね!

 

 

 

さて、今から3か月ほど前。

 

入学ほやほやの1年生が参加した

 

1年生奈良研修旅行 

記事はコチラ!>>http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?m=201404&author=2

 

 この旅行の課題でもあったスケッチの投票結果発表を

前期の終わりにおこないました★

 

最優秀作品3点をご紹介します。

今年度は、特に力作が多かった!

 

 

※ちなみに、以下のスケッチは全てハガキ大のサイズに

描かれています。

 

 

★最優秀賞 3名★

 

日本画コース 1年生 岡本くん▼

3-3

 

 現代美術・写真コース 1年生 顧 さん▼

3-1

 

油画コース 1年生 渡辺さん▼

 3-2

 

教員による投票で選ばれた3名です。

 

3名には学科長からのメッセージ入りカードとスケッチブックを

記念品として贈呈しました。

 

おめでとうございます!拍手!

 

 

こんなに上手な先輩がいるんだ、、自信ないな、、

 

または

 

自分の方がもっと良いスケッチをできる!

という方!

 

9月20日(土)、21日(日)に

実施されるオープンキャンパス(学生作品展、学園祭と同時開催ですよ!)

 

にて、ぜひ自分のデッサンなどもお持ちください。(もちろんお話しだけでもOK)

教員相談ブースで、いつでも先生が待っています。

 

 

気軽に相談しにきてくださいね!!

 

 

美術工芸学科

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2014年8月11日  ニュース

【油画】前期授業の思い出! 1年生<後編>

すぐさま更新!油画コースです。

お待ちかね(?)の後編、スタートです★

(『前期授業の思い出! 1年生<前編>』をまだご覧になっていない方、是非ご覧下さい)

 

▼前期後半、最初の課題は「風景」でした。

風景3

風景2

_DSC4746

みんな学内を歩きまわって「ここだ!」と決めた場所で、まずは木炭デッサン。

ちょうど梅雨にさしかかった頃、急に降り出す雨と戦いながらの制作でした。

 

▼木炭デッサンのあとは、油彩へ。今回の課題は「デッサンを油彩におこす」というものでした。

油絵具は現場で持っていかず、教室で油彩にとりかかります。

風景4

↓例えばこんな感じだったり。。

_DSC5197 _DSC5198

↓こんなふうになったり。。

_DSC5202 _DSC5203

 

風景1

※写真の油彩がグレートーンなのは、“グリザイユ”という技法で描いているからです。

 

 

▼そして、前期最後の合評です。この日は1・2年生の合同合評。

合評_風景1

 

合評_風景2作品_風景

先輩に見られて、緊張の1年生。。先生の数も普段の倍以上!他学年担当の先生方にも参加して頂きました。

 

▼こちらは、金曜日の午前中授業の様子。1年間を通して、パソコン演習を行なっています。

PC講座1

 

_DSC3972PC講座2

左の写真は1・2年生が授業内に作った名刺の展示風景。

右の写真は“仮想展覧会”のDM作り。データを作って印刷し、一人一人プレゼンをしました。

 

▼北野天満宮へも行きました!

_DSC4720

 

6月25日水曜日、1年生みんなで学外演習へ。

 

この日は「天神さん」の日、

演習の目的は“京都を知ること”。

 

京都を深く知り、創作のヒントを探します。

 

 

夏休み、制作も大事ですが、いろんな所へ出かけることも、とっても大事!

みなさん、よい夏休みを~★

 

 

副手:ウラノ

  • LINEで送る

2014年8月11日  ニュース

【油画】前期授業の思い出! 1年生<前編>

 

本日2度目の更新!油画コースです。

前期の間にはなかなか授業紹介が出来なかったので、一気にまとめて紹介しましょう!!

まずは1年生の授業から♪

 

▼1年生になって最初の課題は、「レオナルドの手」!石膏デッサンをしました。

(レオナルド・ダ・ヴィンチ作の“手”を石膏にしたものがモチーフです。)

レオナルドの手1

レオナルドの手2

7人くらいのグループに分かれて、モチーフを囲んで鉛筆デッサン。

デッサンをはじめる前にはグループディスカッションをしました。

「デッサンとは何?」という、難しい問題にそれぞれが意見を言い合い、考えました。

 

▼講評会もグループごとで。。

合評_レオナルドの手

 

▼こちらは、「レオナルドの手」2つ目の課題。先ほどとは取り組み方が違います。

並んだ作品を見て、何か気付きませんか??

作品_レオナルドの手

実は、どの作品も全部同じ構図!不思議ですよね~、クラス全員が同じ場所から描けるわけありません。これらは実物ではなく、写真をもとにしたデッサンなんです。

この課題の後も、グループディスカッション。

「実物を見たとき、写真を見たときで何か違いはあった?」それぞれの“気づき”を話し合いました。

 

▼次の課題は、「白い静物」。石膏、牛骨、ロープ、ホウロウのポット…、モチーフは全部「白」!

白い静物2白い静物1

これが、大学に入って初めての油彩課題です。

最初はデッサン課題から始まるので、みんな油絵が描きたくて、描きたくてうずうず。笑

待ち遠しかった!

 

▼この時は、作品をずらりと並べた合評会でした。先生の言葉を必死にメモメモ…。

合評_白い静物

 

▼作品の一部をご紹介★

作品_白い静物

 

▼「白い静物」の次は、「色のある静物」!今度は自分達でモチーフを選ぶ所から始めました。

静物1

静物a

大きな植物を置いたり、楽器や時計などの雑貨を集めたり。モチーフはグループによっていろいろです。

 

▼今回の合評は、准教授・神谷徹先生と非常勤講師・岡田啓伸先生。

先生によって、話の切り口が違って面白い!とっても勉強になります。

合評_静物静物b

 

思っていたよりも長くなってしまったので、前半はここまで!

続きは後編で!お楽しみに~

 

 

副手:ウラノ

1 2 3

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。