美術工芸学科

2014年8月

  • LINEで送る

2014年8月11日  ニュース

【油画】東京にて開催中! 先生・卒業生の展覧会★

こんにちは。油画コースです。

久しぶりの更新になってしまいました。

現在開催中の展覧会が2つあります。
どちらも東京!
お近くの方も、そうでない方も、是非ご覧下さい★

pratique vol.0

HP.FRANCE系列ジュエリーショップであるイオッセリアーニにて開催されている、コラージュをテーマとした展覧会です。
非常勤講師の薄久保香先生が新作2点を出品されています。


IOSSELLOANI T-02-IOS  イオッセリアーニ表参道店  にて

7/25(金)~8/24(日) 11:00~19:30
*詳細はHPでご確認下さい。
http://www.hpfrance.com/iosselliani/


今回は新シリーズの実験ピースを展示されているそうです。
是非!ご覧下さい。

 

ギャラリーへ行こう2014

洋画コースの卒業生で、現在は子ども芸術学科の大学院修士1年生、品川美香さんが出品しています。
数寄和 にて
8/20(水)~8/31(日) 11:00-19:00  ※無休、8/20は17:00まで
*詳細はHPでご確認下さい。 http://www.sukiwa.net/

 

  • LINEで送る

2014年8月7日  ニュース

【染テキ】松本圭祐 京都新鋭選抜展入選!

我らの松本圭祐くんが、京都新鋭選抜展に入選しました!

おめでとう!!!

最近、ますますのご活躍の松本くん。ホームページも出来上がりました!

すごい立派なホームページなので、是非ご覧下さい。

http://keisuke-matumoto.info/

 

打掛5打掛2

 

IMG_3237

懐かしい、写真が出て来ました。

シアンの日。みんな偶然、同じ色のお洋服でした。

真ん中が松本くんです。

 

元気にしているかな?

 

副手:ホンダ

 

 

 

 

  • LINEで送る

2014年8月5日  ニュース

【日本画】京都めぐり

こんにちは日本画コースです。

30度を超える暑い日がつづきますね…

 

そんな暑い中にもかかわらず

先週、1年生の授業では「京都めぐり」をしてきました!

「京都めぐり」とは…?

その名の通り京都の文化に触れる為のフィールドワークで、

今回のルートは以下のとおりでした。

——————————–

①金福寺

②詩仙堂丈山寺

③八大神社(一条下リ松)

④狸谷不動院

——————————–

 

まずは教室で大西先生による事前説明。

 

緑がきれいですね。

茅葺き屋根も風情があります…!

 

八大神社は一乗寺下り松にあり、宮本武蔵と吉岡一門との決闘の地でもあるといわれています。

 

 

最後は狸谷山不動院へ。

京都の道を走っている車にはよく狸谷山不動院のオレンジ色のお守りステッカーが貼ってあったりします。

たぬきいっぱいかわいい!

 

前期授業は既に終わりましたが、京都巡りは後期授業にもあります!

その時にはまたブログにUPするのでお楽しみに!

 

 

 

 

  • LINEで送る

2014年8月4日  ニュース

【染テキ】学祭フードコロシアムに向けて!

8月25日で授業も終わり、今週はレポート〆切やら、テストやらでまだまだ夏休み前の一仕事をみんな一所懸命、頑張っている様子です。

さて、そんな忙しい中なのですが、昨日はちょっと息抜き?に9月の学園祭のイベントに向けて試食会を行ったようです。

毎年、フードコロシアムという、学科対抗の料理対決があるのですが、美術工芸代表として今年は染織テキスタイルが担当することになりました。

 

さて、何を作っているのでしょうか?メニュー発表して良いかな?

どうなんだろう…。(学生さんに聞くのを忘れたので、発表は次回にします。)

とにかく、皆さんにおいしく食べてもらおうと練習中です!

是非、9月の学園祭の時に食べに来て下さい!!!

 

試食会2

試食会3

試食会1

 

 

 

 

 

 

1 2 3

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。