舞台芸術学科

2014年9月

  • LINEで送る

2014年9月5日  授業風景

舞台衣裳家の堂本教子さんの夏期集中授業が終わりました!

こんにちは、
先月、舞台衣裳家の堂本教子さんの夏期集中授業が終わりました!

.
とても刺激的な授業で、あっという間の6日間でした!!

授業の期間は8月18日~20日と28日~30日までで、

またその間の21日~27日は、堂本さんの舞台衣裳展を楽心荘というところで行っており、

それと連動して課題を進めていました。

.

まず、前半の課題は、舞踏家の土方巽さん作のテキスト、「病める舞姫」から、

マテリアルを作る、というものでした。
50センチ×50センチの布上に、自分がテキストから感じた印象などを、さまざまな素材を使って、

布の表情を作りました。

.
2日目には、舞踏家の向雲太郎さんがいらっしゃって、舞台芸術学科の三回生の2人が「病める舞姫」を朗読する中、パフォーマンスしてくださりました。

 

左の水色のシャツが舞踏家の向雲太郎さん 右の眼鏡を掛けているのが堂本先生です。

左の水色のシャツが舞踏家の向雲太郎さん
右の眼鏡を掛けているのが堂本先生です。

それを見た印象も大切にしつつ、さらにマテリアルを詰めていきました。

IMG_0645

マテリアルたち→

IMG_0664 IMG_0666 IMG_0649

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目は、その一人一人作ったマテリアルを並べて、なんと!一着の着物にしました!!
一つのテキストから、様々な形のマテリアルが出来上がっていて、とても面白かったです。人それぞれ、読み方や感じ方は違うのだなぁと、しみじみ。

IMG_0472

これが

IMG_0477

こうなって

IMG_0486

こうなって

IMG_0527

IMG_0524

こうなる

そして、その一着の着物は、24日堂本さんの衣裳展にて、

授業で来てくださった向雲太郎さんが着て、音楽とのデモンストレーションが行われました。

自分たちの作った一つ一つのパーツが着物の形となって、

衣裳として人に着られて舞台にある様は、感動しました!とっても贅沢!

 .
後半はそれらを踏まえて、「病める舞姫」から気になったキーワードを3つ選び出し、

衣裳デザインとともに、どういった空間でどんな演出の公演が可能だろうか?

ということを考えながら、各自それぞれ形にしていきました。

IMG_0603

考えて

IMG_0608

作って

そして、最後にはプレゼン!

.

これもまた、様々な「病める舞姫」の公演案が出ていました。
前半にやったマテリアルとは、また違って、

舞台空間や、どんな人に衣裳を着てもらうのか、ということまで考え、作っていったので、

より各自の感じ取った「病める舞姫」の世界観を深めていくことが出来ました!

そのためか、プレゼンはどれも見応えのある作品でした!

プレゼン

プレゼン

プレゼン

プレゼン

 

始めは「舞踏」を知らない受講生たちも多かったのですが、この授業を通して、

舞踏について知り、触れ合える機会になりました。
とても刺激的で有意義な授業でした!

.

堂本教子さん、向雲太郎さん、そして「病める舞姫」を朗読してくださった三回生のお二人、

ありがとうございました!!

IMG_0445

  • LINEで送る

2014年9月2日  授業風景

ごまのはえ先生の集中授業。とても勉強になりました!

8月25日から30日までの6日間、ニットキャップシアター主宰の劇作家・演出家・俳優の、ごまのはえ先生の夏期集中授業。

 

IMG_9781
夏とは思えない涼しさのなか、身体と音を使ってひたすら創作。
いかにして人に伝えるか?まずは身体のみでの実践。
その場に無いものをその場に有るもので表現する『見立て』をどう使い分けるか?落語のそれはなぜ見ている人を惹き込むのか?そのセオリーを探究していくことに重点をおいた。日常生活で自分はいつもどんな仕草をしているのか、どんな癖があるのか、それが舞台に立ったときどのようにあらわれるのか、改めて見直すことができた。
そのことを踏まえ、次段階。多種多様、世界中の楽器を使っての作品づくり。
『座って考え込むよりまず立ってやってみる』

 

IMG_9785IMG_0564IMG_0593

 

 

 

 

 

 

 

 

念頭におき、創作を進めていった。戯曲・詩・漫画・エッセイなどジャンル問わずに題材にとり、舞台化していく。その際に演者、キャラクターの感情、呼吸を増幅させるための『音』とは何なのか?を考える。
『音』がもたらす力はやはり絶大で作品の全てとは言わないが、その大部分の雰囲気を担っている。
最終的には、ごま先生の手が加えられつつも、学生が演出の立場に立って、作品を立ち上げていく。今年は未だ集団で舞台を作ったことがないという2回生を中心に進められた。様々なアイデアが出ては試し、出ては試し、流れをつくり、人に見せられるものに成長させた。
今回は絵本2冊、漫画2冊、詩2作の全6作を舞台化した。

 

IMG_9950
正直、舞台化困難という作品もあった。しかし、どれも見れるものにはなった。
全ては『文字』として受け取れ、その『文字』をひとがどう扱うかなのだと感じた。そしてそれを内側から見、観客の心理を掴むことだ。
『「ジャンル」という境目はない』
視野が拡がった濃厚な6日間だった。

IMG_9958

IMG_0001

IMG_0010IMG_9977
ごまのはえ先生、ありがとうございました!

舞台芸術  4回生    福久聡吾

1 2

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。