美術工芸学科

2014年9月

  • LINEで送る

2014年9月19日  ニュース

【染テキ】いよいよ!明日から学祭だぁぁぁあああ!

今年の染織テキスタイルは気合いが違う!

文化祭は楽しみべし!

 

1) フードコロシアム(ビックビーチ)

9月20日(土)、21日(日) 場所:アットマークカフェ 外側

2年生のフードコロシアム!全品250円!

限定700食のみ、激うまチリコンカ〜ン!

勝負したい人は、とびきり辛いデスソースにチャレンジして!!!!

生きてる快感が味わえるかもしれません。(ヒヒヒヒ)

 

_MG_2153

 

10649549_723330927721819_5064573092034317947_n

▲チリコンカーンとは、アメリカ テキサス州のソウルフード!スペイン語で「肉入りトウガラシ」という意味。

インゲンまめを柔らかくなるまで煮て、そこにひき肉、タマネギ、トマト、チリパウダーなどを加えて煮込んだものです!

 

写真 (1)

 

▲デスソース

最後にチリコンカーンにぶっかけます。(挑戦者のみ)

 

限定700食です!お早めにお買い求め下さい!

 

 

2)ファッションショー(春秋座にて)

 

2012年、文化祭で優勝に輝いたメンバーが今、3年生になって再び、ステージに戻ってきました!

 

IMG_0986

コンセプト:

人と人とが出会うということ、そこに生まれるハプニングの連続が、国をつくり、歴史を築いた。

山を越え、海を越え、国を越え、全く異なる文化を継承した人々の織りなす物語に、互いは、何を見出しただろう?

人の交流は文化の交流、4つの国の民族衣装は、例えるなら‘国境’

人の触れ合いが国境を越える時、新たなファッションが産声をあげる。

 

ファッションショーの日程

9月20日会場11:30 開演12:00

場所‥春秋座

 

メンバー

制作‥大里、大塚、大淵、土岐、塩谷、西園

モデル‥大塚、片山、市川、杉村

 

 

そして、このファッションショーを仕切っているのが、2回生、松井藍!

 

_MG_2194

 

「めっちゃ、重い〜」と言いながら、ショーの準備に追われる松井さん。

 

「明日マジですごいから」と、自信たっぷりに教えてくれました。

松井さんが言うからには間違いないと思う。楽しみだ!!!

 

 

 

3)メルヘンキャンプ(4回生の愉快な仲間たち: NA410)

 

_MG_2175

 

NA棟4階のい〜ちばん、端っこの端っこにめっちゃ、居心地の良い秘密基地がある。

NA410教室、名前はメルヘンキャンプ。

染テキ4回生が夏休みをかけて作った、かわいいアクセサリーや小物そして特製ドリンクが販売される。

 

_MG_2169

 

▲みんな、お揃いの制服。ガールスカウトみたい。

バンダナはオリジナル。かわいい♡

 

_MG_2181_MG_2179

 

▲販売する、小物やアクセサリー☆

 

_MG_2186

 

▲ぷかぷかソーダ200円

おいしいよ〜。

 

その他にも2年生のグループは食堂で、1年生グループは未来館前の道で物販販売をしております。

きっと、あなたのお気に入りが見つかるはず!ぜひ、行ってみて下さい。

 

 

4)3回生 学生作品展

前期3回生は、プロダクト演習で、それぞれ4つのプロジェクト•インターンに打ち込みました。

一部、作品は販売もしておりますので、是非手にとってご覧下さい。

 

日時:9月20日(土)、21日(日)

場所:NC101, NC102, NC103, NC107

 

_MG_2206

 

▲会場風景

 

 

_MG_2208

 

▲わたしの帯

_MG_2216

 

▲SOUSOU×手拭と四角衣

 

 

 

_MG_2202

 

▲型染め店舗暖簾

 

 

 

 

  • LINEで送る

2014年9月19日  ニュース

【染テキ】M2野村春花、とうとうテレビ出演!明日 9月20日朝11時

明日、9月20日(土)AM11時より院生2年野村春花さんのドキュメンタリー番組が朝日放送で放送されます。

http://asahi.co.jp/life/

 

アーティストになる!作家になる!と決めたその日から、多くの人が、いつかはドキュメンタリー番組に追いかけられてみたいと夢みるものです。

そう。今年の5月ぐらいだったでしょうか?大学院2回生になりたての野村さんに朝日放送のドキュメンタリー番組の話がきました。

「え!すごい!!!どこから、はーちゃんのこと聞いたんだろうね?」と研究室でみんなで喜び、驚いたのを覚えています。

 

朝日放送 LIFE〜夢のカタチ〜は、今、夢に一歩駆け出している新人さんを紹介している番組です。

どんなふうに、野村さんの鞄が染められ、作られ、そして、なによりもどんな人たちに野村さんが囲まれて暮らしているのか、30分たっぷり、野村さんの世界が映し出されると思います。

はじめはいろいろ悩んでいましたし、緊張もしていましたが。1つ1つ丁寧に言葉で伝える野村さんに少し感心しました。

 

_DSC5443

▲撮影が入ると言う事で、実は前日に一所懸命磨きあげた釜場(笑)

 

 

_DSC5438

▲たしか、この日は染めるとこの撮影だったと思います。

 

他にも、院生仲間の菊間さん、小林さんのインタビューや

卒業生の渡辺さんも登場するはず。作品展の時に来てくれた、児玉さんも出るかな?

あとは、手染メ屋の青木先生はもちろん、登場されます。

 

知ってる人がたくさん登場すると、やっぱり見る視点が少し変わっちゃいますね。

どこか、照れくさいような、嬉しいような。

 

 

 

_MG_2092

▲「大きなかばん」展前日に西牧さんと鞄と一緒に撮影。

野村さんは紫色の大きな鞄を自分用にしたんだって。

紅芋色で秋を感じる鞄でした。

 

 

 

野村

▲放送直前今の気持ちはどう?と聞くと…

 

「どんなふうに編集されているかわからないから、ちょっと緊張するなぁ〜」とのこと。

だけど、大学に来て、今年でもう6年目。しかも卒業だから、自分が頑張って来たことを30分にまとめてもらえたことが何よりも嬉しいなぁ〜と語っていました。

 

修了展前に、自分の姿を自分で見直すいい機会にもなると思います。

みなさん。良かったらまた、野村さんに感想をお伝え下さいね。

 

 

10704281_701304749962962_1929457489921316231_o

そして、

この度、テレビ朝日「LIFE〜夢のカタチ〜」での放送を記念して、放送日翌週9月27日土曜日に、1日だけのかばん屋さんを開店致します。

おおきなかばんや、ましかくトート、きれはしかばんなど、harunomuraのコレクションが並びます。

数に限りはございますが、ぜひお越し下さい。


場所 idギャラリー
〒604-0917京都市中京区夷川通寺町西入南側

会期 2014年9月27日(土曜日)

時間 11:00 – 19:00

 

それでは、明日11時 LIFE〜夢のカタチ〜 是非、ご覧下さい。

http://asahi.co.jp/life/

 

 

  • LINEで送る

2014年9月18日  ニュース

【日本画】山本雄教展「one」

こんにちは。日本画コースです。
週末からは瓜生山祭が始まります。学内もいよいよ祭の雰囲気が高まってきました。
(瓜生山祭中は、オープンキャンパスも兼ねています。詳しくは一番下に!)

 
 
 

これから芸術の秋も本番になってきますね!

日本画研究室には次々と展覧会情報が届いています。

 

 

 

 

yyten2

 

こちらの記事でも紹介したばかりの、
日本画大学院卒業生の山本雄教さんの個展情報が届きました。

 

 

e6cb61a6

 

 

今回の展覧会は、日常的に使用している一円硬貨と、
画材として
使用しているアルミ箔が、根本的には同じ素材だとふと考えたことがきっかけとなっています。
今展では、一円硬貨を貨幣という
ルールから離し、素材、あるいは大きさといった
「もの」として
の特徴に注目し、それを平面作品として形にしています。
それに
より見えてくるのは、一円硬貨の「もの」としての魅力か、

あるいは離れることで逆に意識されるルールそのものか。

一円を笑うものは一円に泣くという言葉がありますが、

一円を改めて見たとき、人は何を思うでしょうか?

 

 

(「山本雄教のブログ」より抜粋)

 

 

yyten_b

 

2014年09月16日(火)〜 2014年09月28日(日)

12:00 〜 19:00(月曜休廊、最終日18:00まで)
ギャラリー恵風 1F 公式サイト
〒606-8392 京都市左京区丸太町通東大路東入ル 南側

 

写真ym

DMがぴかぴかでしたので写真に撮りました。
この光り具合かなりレアカードそうです(でも一円玉なところも意味深ですね)
みなさまどうぞご高覧下さい。

 

 

 

***********

瓜生山祭中は今年最後のオープンキャンパスが行われます。

祭と一緒に楽しめる・大学がわかるチャンス!
日本画コースも先生がお待ちしています。
★オープンキャンパスについて詳しくはこちら
★瓜生山祭について詳しくはこちら

  • LINEで送る

2014年9月5日  ニュース

【日本画】佐竹龍蔵展「やまのこえ」

こんにちは。日本画コースです。
暑さのピークも過ぎ、朝夕がめっきり涼しくなり

展覧会巡りにうってつけの初秋がやってきました。

 

日本画コース卒業生・現非常勤講師をされている佐竹龍蔵先生の個展のご案内です。

 

 

 

img05899-2b

img05899

 

 

5歳の春、雨が降るなか友人達と山を登っていた。麓の公園から山頂まで、歩いて30分程度の整備された山道の途中で、こどもの声を聞いた。

 

今年の春に岩倉に引越して、前に住んでいた家より少しだけ山に近づいた。山からの風に土や草の匂いが混ったのを嗅ぎ、時間や天候によって様子を変える山際を見ていると、山にまつわるいろんな記憶が蘇る。
小学生の頃から山を遊び場にしていたので、山でいろんなものを見てきた。おとな達からは山にまつわるいろんな話しを聞かされた。山にはいろんなものがあった。四季折々の樹木や草花、多種多様な虫、猿や鹿などの生き物に出会う事もあれば、それらのフンや死骸も見つけた。自然のものだけではない。農作物の貯蔵庫、切り倒された木材、神社、山のふもとに遺された防空壕、朽ちた家、倒れた墓石などから、人々の暮らしを想像した。
そして、人づてに聞いた山の話に胸を躍らせ、怪談を聞かされては怯えていた。誰に聞いたか定かではないが、山からの帰り道に後ろを振り返ってしまうと山姥に食べられてしまう、という話がこどもの頃はとくに恐ろしかった。古事記にある黄泉の国の話しと、牛方と山姥の昔話を混ぜた様な話しだった。今でも、一人で山に入ったときは後ろは振り返らないようにしている。

 

2012年のアートスペース虹での個展「どこでもない場所」では、どこにでもある普遍的な風景画としていくつか山の絵を描いたが、今回は違ったかたちで「やま」の絵を描く。僕個人の山での体験と、人々の暮らしの痕跡、そして昔話や怪談が交錯した「やま」の絵を。

 

冒頭の話しにもどるが、15歳のぼく達は聞こえるはずの無い山からの声に恐怖し、山頂に着いたあとは来た道を引き返さずに別の道を探しながら帰ることにした。そこから4時間以上も山のなかを彷徨い、夕闇という別の恐怖が迫っているとも知らずに。家に帰り着いた頃、雨上がりの雲の切れ間からは星空が見えていた。

 

(アートスペース虹ホームページより抜粋)

 

 

【略歴】
現在 京都市在住
   京都造形芸術大学 日本画コース 非常勤講師

2012年 京都造形芸術大学大学院 芸術研究科 芸術表現専攻 修了

1987年 高知県四万十市生まれ

 

 

 

img05899-2

 

■9月9日(火)~21日(日)

月曜休廊 ※最終日18:00まで
■アートスペース虹 公式サイト
 京都市東山区三条通神宮道東入ル東町247

Tel.&Fax. 075-761-9238

 

 

 

みなさまどうぞ、お越しください。

  • LINEで送る

2014年9月3日  ニュース

【油画】卒業生 小沢さかえさんのレターセット発売中★

こんにちは。油画コースです。

今日は素敵なお知らせを…

 

洋画コース卒業生の小沢さかえさんの作品がレターセットになりました!!

 

表現社  cozyca products から、

全部で4種類が発売中!

 

*ぷーとしてわー (写真左上)

*惑星の0.5秒 (写真右上)

*壊れたトロイメライ (写真右下)

*きのうみた夢を喰う (写真左下)

 

 

 

便箋にあわせて、封筒のデザインが全て違います。

どの組み合わせも素敵

送るのも、送られるのも嬉しいレターセットですね!

 

 

レターセットは大学内のADストアで販売中です。

是非、手にとってご覧下さい。

 

 

表現者HP >> cozyca products

小沢さかえさんについて >> MORI YU GALLERY

1 2 3

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。