美術工芸学科

2014年10月

  • LINEで送る

2014年10月24日  ニュース

【油画】先輩方の展覧会♪ 10月~11月!

秋晴れ!こんな日はお出掛けしたくなりますよね~♪

油画コース関連の10月~11月の展覧会情報をお届けします。

 

芸術の秋!是非、ご覧下さい。

 

新制作展2014

新制作

卒業生の海野厚敬さんが出品されています。

京都市美術館にて

10/17(金)~10/26(日) 9:00-17:00  ※入場は16:30まで

【入場料】 大人:800円、高校生・大学生 無料

**日曜日までの開催です!今週末、是非お出かけ下さい!**

 

 

大路誠 洋画展

―巡― 10年間紡いだ作品

大路おもて大路うら

洋画コース卒業生、大路誠さんの個展です。

阪急うめだ本店 7階美術画廊

11/5(水)~11/11(火)

日曜~木曜 10:00-20:00 、 金曜・土曜 10:00-21:00  ※最終日は18:00まで

 

 

うつろう

うつろう表うつろう裏

 

洋画コースの卒業生、中山悠平さんの個展です。

ギャラリーモーニングにて >> HP

11/4(火)~11/9(日) 12:00 ― 19:00  ※最終日は17:00まで

  • LINEで送る

2014年10月24日  ニュース

総合造形ホームページOPEN!

遅ればせながらご報告です。

 

総合造形ホームページがオープンしました!

先生の紹介や、授業風景・学生の作品など、随時更新していきます。

ぜひご覧頂けますよう、どうぞよろしくお願い致します。

http://kuad-mm.jp/

MMトップページ

 

 

  • LINEで送る

2014年10月23日  ニュース

【染テキ】絞り染め→板締めへ

10月17日(金)

絞り染めの合評が終わり、今日からは板締め絞りに入ります!
合評には力作が並びましたよ~。
良かった事も、良くなかった事あるけれど、次に繋がっていくハズ。

さて今回の課題では、地染めした生地に板締めを行うので、まず今日は地染めからスタートです。
藍独特のブルーももちろん良いけれど、藍一色が続いた後だと色が新鮮!
いつも見ている色も違って見えます。
色ってイイな~、と染み染み思うひととき。

 

非常勤講師:江島

 

 

 

image (2)

 

 

image (3)imageimage (1)

 

↓合評に並んだ、みんなの力作。 素晴らしい!!!

 

image (5) image (4) image (7) image (6)

  • LINEで送る

2014年10月20日  ニュース

【染テキ】遥々、地球の裏側コロンビアからモラ作家ミリアム•ロドリゲスさん来日!

10月19日(日)

この日は、地球の裏側にあるコロンビアからモラ作家のミリアム•ロドリゲスさんが本学へ来て下さいました。

 

_MG_2889

 

▲仁尾先生はこの日司会をつとめられました。

少し緊張気味の先生。学生たちは微笑ましく見守っていました。

 

 

 

_MG_2915

 

▲みなさん、モラってご存知ですか?

パナマ、コロンビアの国境にクナ族という民俗が住んでいます。

モラはそのクナ族の人が生み出したアップリケのような刺繍技法のことです。

 

もともとは、身体に入れ墨を入れていたのですが、

それが衣服となって受け継がれました。

 

 

_MG_2919

 

▲ミリアムさん、スライドを使って、クナ族の独特の文化のことや、

モラの色や模様のことについて説明して下さいました。

 

もちろん、スペイン語で♪新鮮ですね。

 

 

_MG_2903

 

 

▲皆さん、コロンビアの国へ行ったことはありますか?

 

コロンビアで有名なもの:

その1、コーヒー

その2、エメラルド

その3、カーネーション(日本に売っているほとんどのカーネーションってコロンビアから来てるんですって。)

知っていましたか???

 

すごく、トロピカルな国コロンビア、一度訪れたくなりました。

 

 

 

_MG_2928

 

 

▲2回生完戸さん、ミリアムさんとお話しています。

 

 

_MG_2929

 

▲モラは何枚もの布が重なっていて出来ています。

近くで見るとプロセスがよく理解できました。

 

 

 

_MG_2934

 

▲真剣。

 

_MG_2939

 

 

▲色も本当に美しいですよね。

 

後半はワークショップでモラ作りにチャレンジです!

 

_MG_2997

▲ミリアムさんの作品

_MG_3024

▲ミリアムさんは今、先住民族クナの作るモラよりも、

ファッションとかけわせた新しいモラを追求されています。

 

ファッションデザイナーとコラボして、靴を作ったり、水着にモラの刺繍を取り入れたりされています。

 

_MG_2959

 

▲ということで、いよいよ教えてもらいましょう。

 

 

_MG_2981

 

▲始めに、白と黒の布を重ね合わせ、チャコペンでデザインをうつし、

ちっちゃいはさみで切り込みを入れて、切り込みを入れたところを折り込んで、ちくちく、ちくちく縫っていきます。

 

 

 

 

_MG_2987

 

▲亀井さん、田口さんに説明中。ふふ。

 

_MG_2992

 

▲陳さん、針に糸が通らなくて苦戦中。ふふふ。

 

_MG_2995

 

▲6つの島に分かれて、みんなモラを制作中。

それぞれ、違う島の違う民族なんだって(笑)

1番テーブルは、やけに多いの民族でした。

 

 

_MG_3071

 

 

▲今日のワークショップは13時から16時までの、少しの時間だったので、全然仕上げることは出来なかったけれど、

これは宿題ということで、何ヶ月後にみんな出来上がるのかな〜?

 

思った以上に、この技術は細かくて、根気がすごく必要、だけど全然飽きないのはなぜだろう?

それが、モラマジックかもしれませんね。

 

 

_MG_3088

 

▲10年後にはこんなモラが出来るようになっているかな?

 

ミリアムさんは今年60歳、4人のママで5人もお孫さんがいらっしゃいます。

60歳になっても、世界を飛び回り活躍するパワフルさにびっくり。

とても、素敵なスーパーウーマンでした。

 

 

 

  • LINEで送る

2014年10月17日  ニュース

【染テキ】カメラ女子になって見た日

 

先週の金曜日のこと。

 

この日は特別にカメラマンの西村先生をお招きして、

「自分の作品をカメラでかっこよく撮る方法」講座を開いて頂きました!

 

_MG_2503

▲みんなキャピキャピ、カメラ女子!

 

_MG_2448

▲机の間を駆け回る、西村先生

 

 

_MG_2451

▲もちろん、細かい修正はパソコンで!!!

 

 

_MG_2462

▲蛍光灯で撮る場合

 

_MG_2466

▲レフ板を使って光の当て方を自分で調整する方法

 

 

 

▼次はライトを使ってみた場合。

光の当て方で奥行きが出たり、糸の表情を現したり、ドラマチックに撮ったり。

_MG_2477_MG_2479

 

_MG_2488_MG_2491

▲上から光を当てたり、真正面から光を当てたりで表情が変わります。

 

 

_MG_2521

▲では、実践してみましょう。

_MG_2532

▲奥田さんも真剣なまなざし。

 

_MG_2554

 

▲なかなか、顔つきがプロってきました。

 

 

IMG_0318

 

▲学んだテクニックをうまく使って撮ってみました。

村上さんの作品。陰影がくっきり出ています。

 

IMG_0308

 

▲細部

 

IMG_0300

▲そして、最後は笑顔で一枚。

やっぱり笑顔の写真が一番素敵ですね!!!

 

 

1 2 3 4 6

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。