美術工芸学科

2014年12月

  • LINEで送る

2014年12月4日  ニュース

【日本画】軍鶏が来てくれました〜!

こんにちは、日本画研究室です。

 

今週から1年生の軍鶏デッサン授業がはじまり、

菅原先生が飼われてる軍鶏がモデルとして来てくれました!

前期も軍鶏を描く授業はありましたが、後期はデッサンをした後に日本画制作まで行います。

 

▼プリマスロックちゃん

 

▼今年の春に生まれたヒナも、もうこんなに大きくなりました…(°□°;)

軍鶏の成長に負けないように、学生もモリモリ成長していってくれる事を期待します!!

 

デッサンは2週間行い、約ひと月かけてじっくり制作していくスケジュールです。

大学にきてはじめの一年の集大成、どのような作品が生まれるのでしょうか。

気になります…!

 

 

*****************************

美術工芸学科 日本画コース

twitter : @kznhng

*****************************

  • LINEで送る

2014年12月3日  ニュース

【染テキ】今日は友禅の合評

今日は2年生、型友禅の合評会でした。

今日の日まで、何枚も何枚も作り続けました。

 

型友禅なので、1度作ったデザインは、何度でも使えます。

型を同じ方向に置いたり、ひっくり返して置いたり、重ねたり。

それぞれがいろいろ工夫をして、研究しました。

その成果です。

 

IMG_3763 IMG_3758

なかなか、深い作品が出来たのではないでしょうか。松岡さん。

型を重ねることで、深みを出したようです。

 

IMG_3755

 

 

合評後、すこし休憩している、村尾さん

色使いが綺麗ですね。万華鏡の様に、型の方向を変えた作品ですね。

 

 

IMG_3751IMG_3752

 

なんだか…ちょっぴり照れてる様子の村上さん。

秋を感じる作品。

 

IMG_3745 IMG_3744

バラをモチーフに型彫りをしました、松井さん。

松井さんらしい、パンチのきいた色づかいとデザイン。

 

 

IMG_3736

自分で作った作品は是非使って欲しいと井上先生。

箕浦さんが作ったスカーフのつけ方を見せてくれました。

 

IMG_3740

モスリンの布は、とてもやわらかく、肌触りの良い布です。

箕浦さんの笑顔も素敵。

 

IMG_3742

IMG_3753

 

 

 

蒸しに失敗したり、色置きが難しかったり、にじんだり。

なかなか、苦戦したようですが、何枚も何枚も新しいを布を買ってチャレンジしました。

いい勉強になったと思います。

 

明日からはプリントの授業に入ります。

次回も楽しみにしています。

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2014年12月3日  ニュース

【現美・写真】プラハからこんにちは

 

こんにちは!現代美術コース3年生の愛子です。Nice to meet you~

わたしは今、学校の交換留学制度を使ってチェコ共和国・プラハに来ていますー!

IMG_2933

 

これは来たばっかりの写真なので天気がよいですが、

最近は寒くてずっと曇ってます。今朝初雪でした!

写真 1写真 5

 

 

クリスマスツリーもたくさんでてきて、すっかり冬ですね。日本はどうでしょうか。

だんだん寒くなってきて、4年生なんかは卒制卒論に追われていますよね!きゃー!

 

さて、わたしは写真コースで勉強するために
プラハ美術工芸大学というところに通っています。

みんな作品やアイデアを持ち寄って話し合います。

授業はチェコ語なのでほとんどわかりませんが、みんな英語が上手なので、留学生とは英語で話してくれます。

しかし!!

私は英語がまともにできないまま来てしまったので、なんとか作品というコミュニケーションツールを利用して

少しずつ頑張っております。きついです。

でもその分得るものは大きいですね。いやでも努力しますからね。

 

写真 2

 

とにもかくにも、海外生活は刺激がいっぱい。もちろんつらいこともあるけれど

(それは日本と同じで課題とかプレゼンとか!笑)

たのしいですよ。

 

「大学生活は人生の夏休み」って言いますけど、

その夏休みに海外旅行なんて最高ですよね。

芸術の分野ではとくに、「遊び」が「学び」になったりするわけですから

あらゆる場所であらゆる遊びを楽しむっていうのは、ほんとに有意義だなって思います。

 

 

こちらでの生活を、また紹介しますね。

CHAO!

  • LINEで送る

2014年12月1日  ニュース

【BUKATSU】油画SPECIAL★ Enjoy 紙版画

11月22日(土)、秋の部活の第2回目が行なわれました。

担当は清水博文先生です。

この日はとてもいい天気!大学内の紅葉もきれいに色づいていました♪

紙版画_1

今回のBUKATSUは紙版画!

ということで、まずは身近にある「版画」のお話から。。

「ステンシル」や「シルクスクリーン」という言葉を聞いたことがある人も多いのでは?

「はんこ」だって版画の一種なんですよ!

写真で先生が持っているのは千円札。紙幣はエッチングの技法で作られています。紙版画_2

 

紙版画に取りかかる前に、いろいろな版画の参考作品をみました。

紙版画_9紙版画_3上の2つの写真は、紙版画の「版」です。紙に紙を重ねたり、ボンドを塗ったり、ボールペンで描いたり。

いろいろな凹凸によって「版」が出来るんです。

紙版画_11紙版画_10

紙版画_6すご~く集中して制作されていました!版が出来たところで少し休憩です♪

 

そして、いよいよ「刷り」の工程へ。

紙版画_12

 

紙版画_8紙版画_14

紙版画_7紙版画_15

↑ 左の写真は版の状態。右は刷りあがり。思い通りに出来たかな?

↓ こちらは先生の作った見本。すてき。

紙版画_13

 

いろんな色のインクを使ったり、プレス機を使って刷ったり、「(小・中)学校で習った版画とイメージが全然違った!」と感想を頂きました。

 

 

美術工芸のBUKATSUでは、いろんな素材や技法に触れることが出来ます♪

是非、参加してみてくださいね!

 

詳細はこちらから * 秋・冬のBUKATSU

申込はこちらより * 美術部申込

 

1 2 3

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。