美術工芸学科

2015年2月

  • LINEで送る

2015年2月5日  ニュース

【現代美術・写真】交換留学先からのレポート第3弾(チューリッヒ編)

こんにちは、現代美術・写真コースです。

 

スイスに留学中の辻梨絵子さんによるレポート、

とうとうラストの第3弾です!

 

海外ではいったいどんな授業が行われているのでしょう?

スイスの学生による作品も紹介されていて、

たいへん興味深いので、ぜひご一読を!

 

ーーーーー

現代美術・写真コース3回生 辻梨絵子

交換留学先:チューリッヒ芸術大学(スイス)

ーーーーー

 

スイスの授業について!

 

これが私からの最後のレポートになります!

 

私がこちらで専門的に学んでいたのは、”Sound Arts course”という、その名の通りSound(音)について研究し、各自制作する分野です。
サウンドアートが何なのかを知ってもらうために、授業で参考として鑑賞した作品を挙げます。
https://www.youtube.com/watch?v=5tCphr8pbFk
私たちの身の回りにある電子機器の出す機械音が聞こえるヘッドフォン。音を通じて機械と対話をするという試みです。

 

音とは何かについてのディスカッションはもちろんのこと、レコーダーでの録音方法、音楽編集方法、プログラミングなど技術的なことについても学びます。
(※ちなみにこちらチューリッヒの大学では、留学生への配慮のため授業を英語で行うことが多いです。クラスメイトもほぼ全員きれいな英語を話します!かといって彼らも英語が母国語ではないのでそこまで早口だったり難しい単語を使ったりせず、英語慣れしてない日本人にとってとてもありがたい環境です。スイスへの交換留学お薦めですよ〜〜〜〜!!)

 

さて、今このレポートを書いている日から2週間ほど前に最終授業がありました。半年かけてそれぞれが取り組んできた研究の成果を学生と教授たちで鑑賞&講評します。

 

(以下携帯からの写真です。京造・写真コースの生徒としてあるまじきクオリティーのアーカイブですが雰囲気を味わっていただけたら幸いです。

 

ハープ2台で共鳴について研究した作品埋め込み画像 5

チューリッヒ芸術大学は美術科だけでなく音楽科があるので本格的な演奏を間近で見る機会がとても多いです。

 

睡眠導入のために作られた音をスピーカーから流し、それをマットレスで包んだ安眠のためのオブジェ
埋め込み画像 2

耳をマットレスにくっつけると微かにリラックスミュージックが聞こえます

 

現在発見されている中で最大の素数を電子音に変換するプロジェクト埋め込み画像 1

電子音の連鎖。これを作った人たちは数学の話をしていました(難しすぎて細かいこと理解できなかった)。

 

Arduinoを用いて作られた体験型のミュージックボックス
https://www.youtube.com/watch?v=WYhXUi5CLnQ
すごくクオリティーの高い作品!

 

ちなみに私の制作した作品は、線香で正20面体を作り、それぞれの頂点に鈴を取り付けた立体作品です。火をつけ、徐々に線香が短くなると、形が崩れ音がなる仕組みになっています。
埋め込み画像 3

合評の様子
埋め込み画像 4

この他、クラリネットでクラブミュージックを演奏する、自分の声のピッチを買えて違う人の声に似させる、心臓の音を録音して曲を作るなど学生それぞれ全く異なることにチャレンジしていてとても見応え・聞き応えのある作品ばかりでした。
学生たちはとにかく意見をズバズバ言います。あれが素敵、わたしだったらここはこういう風にする、この作品を作ったきっかけは?完成した今どう思うか?などなどひとつの作品に対してじっくり時間をすごく真剣に話し合います。かつお酒を飲みながら(!)の講評なので時間が経てば立つほど熱く感情的になり議論はとどまることをしらない!計15人ほどの少人数のクラスですが、気付くと6時間もかけて話し合っていました。
意欲的でユーモラスな方々に囲まれて勉強できたこと、制作に集中できる環境に身を置けたこと、多くの新しい価値観に出会い自分をかえりみれたこと、半年という短い期間でしたが、スイスでの留学で得たものは語り尽くせないくらい沢山あります。

 

交換留学を考えている方、怖がらずにチャレンジ!です!

きっと素敵な日々が待っておりますよ

 

ではでは
アデー :D

  • LINEで送る

2015年2月5日  ニュース

【染テキ】卒業制作展まであと15日☆野村春花さん新作動画

卒業制作展まで、あと15日

M2生の口頭試問も無事に終わり、ちょっとほっとしたところですが、残り時間を卒展に向けて、仕上げにかかっております。
6年間の締めくくりですね。

昨日、野村春花さんが素敵な動画を見せてくれました。
新作作品の動画です。

 

19821_10151755419568065_917965930_n

 

2年前の卒展の時の写真

はじまりはここからだったと思います。

 

4回生の卒業展から2年が経ちました。
2年間の間にいろいろありました。

テレビにも出たし、行列も出来たし、成長もしたし、でも、その裏には涙を流すこともあったし、いっぱい悩むことも、もちろんありました。

 

今回は新しいことに挑戦しています。みなさんの反応がとても気になるところ。

是非卒展で、いろいろな話を聞いてみて下さい。

 

新作動画

https://www.youtube.com/watch?v=LRqg7-tBUaM

  • LINEで送る

2015年2月4日  ニュース

【現代美術・写真】交換留学先からのレポート第2弾(チューリッヒ編)

こんにちは、現代美術・写真コースです。

 

このブログでは1月12日に、

チューリッヒに交換留学中のコース3回生、

辻梨絵子さんの近況をご紹介しました。

 

その続編が届きましたので、早速ご紹介します!

つづけて第3弾もアップします〜

 

ーーーーー

現代美術・写真コース3回生 辻梨絵子

交換留学先:チューリッヒ芸術大学(スイス)

ーーーーー

 

続きましてスイスからお伝えするのは、おいしい食べ物について!

 

スイスの名産品と言えば、何を差し置いても一番はチーズです。
スーパーには何十種類ものチーズが並び、街行く人はチーズをつまみながら歩き、どこの家にも必ずと言っていいほど巨大なチーズの塊とスライサーがあります。

 

留学当初はそのチーズの量と、食卓にあがる頻度に驚きお腹を壊していましたが、滞在期間が2ヶ月ほど過ぎたあたりですっかりチーズに身体を征服され、今ではほぼ毎日チーズを口にするようになりました。

 

スイス料理でチーズを使ったものと言えば真っ先にチーズフォンデュが思い浮かぶと思いますが、私がお勧めするのは「ラクレット」です。
ラクレット、スイスに来る前は存在も知りませんでしたが、こちらではとても代表的な料理です。
どんな料理かざっくり説明すると、アルプスの少女ハイジがパンにチーズをかけて食べてるやつがあるじゃないですか。あれです。あれがラクレットです。チーズの断面を温めて溶かし、パンやジャガイモにかけて食べるやつです。

 

くわしくはこちら

 

ちなみに現代では家にかまどがあることが少なくなってきたので、ラクレット専用のグリルが普及しています。

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。