美術工芸学科

2015年6月

  • LINEで送る

2015年6月12日  ニュース

【現代美術・写真】在学生展覧会情報

こんばんは!

現代美術・写真コースです。

 

現代美術・写真コース2年生在学中の、横内 望さんの展覧会が6/13(土)より開催されます。

総合造形コース在学中の植村 胡桃さんとの2人展です。

 

【 wish ~2人の願い展~ 】

  横内 望 植村胡桃

会期 : 2015年6月13日(土)~ 2015年6月26日(金)*火曜定休

   11:00~20:00 *最終日は18:00まで

場所:Cafe Eins 〒603-8054 京都府京都市北区上賀茂桜井町87

tel : 075-712-3787

 

よろしくおねがいします。

IMG_1923

IMG_1922

 

  • LINEで送る

2015年6月12日  授業風景

【総合造形】1年生合評

水曜日に1年生初めての合評がありました。
課題は、“ひねり”(土による造形)と首像(友人像)です。

DSC_4681

作品について一人ずつプレゼンテーションしていきます。

DSC_4717 DSC_4761 DSC_4726 DSC_4722

この日に至るまで、約2か月間さまざまな事を経験してきました。

瓜生山に登って山から土を採取したり(写真:採取した土で造形)、

IMG_3899DSC_3830

クラスメートの頭部をよく観察し、DSC_4570 DSC_4573

石膏取を学びました。

DSC_4672 DSC_4671

小型の薪窯で焼成も経験しました。

いいかんじに焼けていますよ~

DSC_4734 DSC_4733

  • LINEで送る

2015年6月12日  授業風景

【染テキ】絹織り

ただ今、二年生織りクラスは絹織りにチャレンジ中です。

 

経糸は化学染料で、よこ糸は植物染料で糸を染めました。

絹を使った織り物は初めてです。

とても、細いし、繊細なので、中には少し苦労している学生さんも…。

 

P1010712

 

整経中!

 

P1010703

 

経糸を巻いて行きます。色がとても綺麗。

 

P1010706

 

仮筬に一本一本入れて、間違えたらやり直しです。

大変な作業です。

 

P1010707

 

担当の渡邉操先生と院生の黄くん!

 

P1010709

 

黄くん、早く出来たので、みんなのお手伝い中

 

P1010710

 

西尾くん、からめてしまいました…。

野村さん、必死にほどいてあげています。

がんばれ〜

 

P1010715 P1010716

 

ここからが、大変、そうこうに1本1本1本1本丁寧に間違えないように入れていきます。

 

P1010727P1010726

 

P1010723P1010720

 

みんなの真剣な顔。そうだよ!この顔! 良い顔してる!

 

これ作業を乗り越えた時の喜びはとても大きい!

織り始めが楽しみですね!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2015年6月12日  授業風景

【染テキ】浴衣染め!

とうとう板締め絞りも佳境。
課題の浴衣染めです。
長~い反物をひたすら折り畳んで染めます。
絞り染めは染色後、布を広げるまで、どう染まったか分かりません。
なので布を広げる時はドキドキです!
上手く行った時の喜びは格別。
今年も力作が揃いそうです。

 

 

 

 

image (2) image (3)

 

image image (1)

 

みんなで、折りっています。なんだか、折り紙のようですね。

 

 

image (6)image (5)image (4)

 

染料をしみ込ましている。

 

 

 

image (17) image (14) image (15)

布を広げた時の喜び!

 

image (20) image (19) image (10)

image (22) image (21)

それぞれに、素敵なテキスタイル完成!

よし、合評が終わったら縫製工場に送ろう!

 

そしたら、祇園祭りがやって来る!

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2015年6月12日  授業風景

【日本画】模写クラスの合評を覗いてきました

こんにちは!日本画コースです。

 

京都は最近雨が続いていて、ムシムシしていやーな感じです・・・

雨の京都も情緒があっていいものですが、湿気でベタベタするのは気持ちの良いものではありません^^;

皆さんのお住まいの方は如何でしょうか?

 

さて、そんな雨にも負けず、学内では学生たちが着々と制作を進めております。

今回は今年初取材となる模写クラスを覗いて参りました。

 

模写クラスは3年からの選択クラスです。

主に、日本の古典絵画の模写・再現をしています。

表装や軸装をしたり、屏風制作なども業者ではなく、全て自分で行います!

 

本日は、その模写クラスの3年生の合評です。

それぞれ、伴大納言絵巻の一部から好きな場面を選んで描きます。

3年生にとっては、これが初めての模写作品です!

 

●模写クラスの一部屋で合評の準備中・・・

_MG_4158

●作品がズラリ

_MG_4159

●模写クラス担当の、山田真澄先生(左)、中神先生(右)が講評して下さいます。

中神先生の喝の一言、『できないんじゃない、やるの』は、

模写クラスの壁に家訓のように貼ってあったりします(笑)

_MG_4174

 

先程申し上げた通り、模写クラスは『模写』をするクラスです。

ですので、線の太さ、筆の掠れ具合、色合い、一つ一つ忠実に原作通りに再現せねばなりません。

自主制作とは違い、そこがとても難しかったりします。

昔通りの技法で制作する為、高額な天然の岩絵の具を皆で買いに行ったりもします。

(お金はいくらあっても足りないものです・・・)

けれど、高額なだけあって天然の岩絵の具というのはとても綺麗な発色なんんですよ!

 

 

●青い鎧は天然の群青ですね~綺麗です

_MG_4161

●赤い着物や鎧、この赤は朱ですね

_MG_4170

●原本と見比べながら合評が続きます

_MG_4166

_MG_4165

●剥落(時が経つにつれ剥がれ落ちてしまったところ)や皺も再現します

_MG_4167

●さあ何人描いたんでしょう・・・

_MG_4171

●白群の扱い方が難しかったという学生も

_MG_4173

●初めての合評を、皆真剣に聞いていました

_MG_4163

 

 

絵が完成したら、次は表装の生地を自分たちで買いにいきます。

表装によって絵の全体的な色味や雰囲気が変わってきますので、表装はとても重要です。

それぞれ自分の絵に合う生地が見つけてきてくださいね~

これからの行程が楽しみです!

 

以上、日本画コースでした!

 

 〜 お知らせ 〜 

 

今週6/14(日)に一日体験授業が行われます。

日本画コースではモノタイプという版画表現を実施します!

普段触れることの少ない表現方法、是非体験しにきてください^^

先生も揃って参加しますので、授業中質問もじゃんじゃん受付ますよ~!

 

●専用サイト

http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-14_07-12/

 

●申込みフォーム

https://w2.axol.jp/entry16/kyoto-art/step1?f=52

 

 

皆さんのご参加、お待ちしてます!

 

 

1 2 3 4

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。