美術工芸学科

2015年7月

  • LINEで送る

2015年7月15日  イベント

【日本画】一日体験授業第二弾

こんにちは!

日本画コースです。

 

さて、先日の7月12日(日)は前々から告知をしておりました、一日体験授業の第二弾が行われました。

今回も予想を上回る人数の方に参加して頂き、ありがとうございました!

午前中は何とか教室に収まるような状態でした^^;

 

けれど、今回も素晴らしい作品の数々が出来上がりましたよ~!

 

日本画コースでは、墨と金泥を使って和紙に描いてみる、という日本画ならではの伝統的なことを行いました。

しかし!!

ただ描くのではありません。

ここで使うのが、以前うちのコースの筆職人の記事でもご紹介していた、わら筆なのです!

参加した方全員が自分の手で作った、マイわら筆を使って描きました!

 

その様子を早速紹介していきたいと思います。

※今回も力が入りすぎた故に長文になりました・・・お許しください・・・

 

 

 

 

 

●先生からのご挨拶。墨を盛大に使うので、汚れてもいいように皆靴下を脱いでいます。

ビニールエプロンも配布し、服が汚れないようにしてもらいました。

_MG_2536

●まずは世界のSUGAWARA・・・もとい巨匠もとい菅原先生に墨と金泥のお手本を見せてもらいました

_MG_2542

●皆近くに寄って・・・

_MG_2545

●わら筆でがつんと

_MG_2551

●金泥で月を描いて出来上がり

_MG_2557

●もういっちょ

_MG_2639

●金泥を飛ばす表現がハマってますね~

_MG_2644

 

菅原先生作・わら筆で月と松を見事に墨表現して下さいました。

わら筆の描き味、とってもかっこいいです!!

ものの2,3分描いただけですが、既に作品になっています!

ちなみに、こちら400円の値をつけてました(あれ・・・安い・・・)

 

さてお次は筆職人・吉川先生からわら筆のレクチャーを受けます。

 

●職人の周りに集まります

_MG_2568

●弟子と職人の図

_MG_2647

●しゅろ縄や麻ひもで縛って・・・

_MG_2566

●根本と穂先を少し切って調整し、完成です!

_MG_2571

 

 

 

さて今度は参加者の番です!

 

●皆それぞれわらを好きなだけとって作ります

_MG_2573

●お、太目のに挑戦していますね

_MG_2653

●わらを縛るのはちょっとコツがいるみたいです

_MG_2655

●皆楽しそうにやっています!

_MG_2656

●縛り終わった人から山田先生に根本を切ってもらいます

_MG_2659

 

 

 

さて、筆が完成した人から本画に入ります!

まずは小さいサイズの和紙に筆慣らしも兼ねて描いていきます。

 

●皆初めてなのにとても大胆です!かっこいい!

_MG_2586

_MG_2663

●金泥を散らしてますね~素敵です

_MG_2666

●お皿を使って型をとってる人も!

_MG_2672

_MG_2589

続々と作品が仕上がっていきます!

枚数を重ねる度に皆ノッてきていました。

出来た作品はこんな風に展示しましたよ~

 

●まるで展示会ですね・・・いや、これぞ展示会場です!

_MG_2599 _MG_2675

●どんどん作品が出来るので、先生方も大忙しです(笑)

_MG_2592

●しかしご機嫌なご様子の巨匠と職人

_MG_2695

そろそろ大詰めです!

今度は特大の大きさの和紙に描いてもらいました。

結構な大きさなので、大丈夫かな・・・と心配していましたが、皆さんの勢いを見ていてそんな気持ちはふっとびました。

どんどん意欲的に取り組んでいました。

そして、使っているものは一緒ですが、一人ひとり描き方が全然違うのです!

それぞれが、わら筆・墨・金泥との向き合い方を、独自の見解で理解しているようでした。

 

●ほんとに大きいサイズなのです。しかし皆臆することなくどんどん挑戦していました

_MG_2602

●体勢がイイ!

_MG_2683

●和紙の上に乗り出しています!

_MG_2607

●とばしてますね~

_MG_2609

●ボウルで型をとっています

_MG_2611

●なんとわらの切れ端を使って描いています!考えましたね~

_MG_2625

●皆さんの描きっぷりに押され、うなる先生方

_MG_2615

●彼女は連作で龍を描いていました。それに気づいて『あれ描いた子だね!イイね!』のポーズを同時にとる

青木先生と菅原先生

_MG_2688

 

 

 

大体が描き終わったところで、皆で教室を巡って観覧しました。

 

●人の作品を見るのも、勉強になるものです

_MG_2697

●自分とは違う何か、発見はあったかな?

_MG_2698

●先生方からの〆の挨拶で、解散となりました

_MG_2699

 

 

 

今回も、前回に引き続き『デッサンからの解放』というお題を掲げ、皆さんに墨表現を体験してもらいました。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、実は今回モチーフがありません。

ですが、逆にそれが発想を膨らませ、描くべきものに捕らわれることなく自由に描くことへ繋がったのではないかと思います。

筆でこまごまと描くのも勿論ありです。

しかし、敢えてわら筆のような大胆に描かねば味が出ないものを使って描きました。

一見難しいかもしれませんが、実際は参加者全員がそれを使いこなしていたのです。

 

これも一つの、『デッサンからの解放』なのではないでしょうか。

 

お陰様で、7月の体験授業、大成功に終わりました。

参加して下さった皆さん、ありがとうございました!

 

さて次はAO入試です。

6月、7月と行った体験授業に共通する課題を出しますので、体験授業に参加して下さった皆さんも、

そうでない方も(体験授業の内容はブログを参考にしてくださいね!)、お待ちしております!

 

 

以上、日本画コースでした!

 

 

 

  • LINEで送る

2015年7月15日  ニュース

【染テキ】4年生合評に向けて!

前期も7月で終わります。

 

4回生の合評は、17日です。

残り、2日。かなりの集中力と制作のスピードで頑張っています!

 

P1020160

 

片山さんは、シルクスクリーンの技法を使って、浴衣を制作予定。

 

P1020204

 

澤田さんは、おばあちゃん、お母さん、娘をテーマに服を作ります。

布はデジタルプリントで表現する予定。

 

 

P1020206

 

大淵さんは、金魚をモチーフに手捺染で染め上げます。

 

P1020227

 

頑張る3人

 

P1020228

 

池田さんの板締め絞り。色が並ぶと本当に美しい。

P1020236

 

池田さんも嬉しそうです。

 

P1020240

 

大里さんは、布を使ってモビールをつくります。

 

P1020241

 

姉川さんは自分の書いたスケッチをデジタルプリントで表現。

最後はどんな形になるのでしょうか?

 

P1020242

 

岡安さんは、今、シルクスクリーンのためのデータ作りです。

 

 

P1020234

 

宮本さんは植物をテーマに型友禅を制作中。

 

合評の日にはコンセプトボードと共に作品を発表します。

みんながどんなことを考えながら作品を作っているのか、とても楽しみです。

あと2日!頑張って!!!

 

 

 

 

  • LINEで送る

2015年7月9日  イベント

【染テキ】「伊勢木綿の手ぬぐい•四角衣展」いよいよオープン!今日から!

SOUSOU初日です!!!

いい感じに見せ開き出来ました!!!

 

台風には負けません!

皆さん、遊びに来て下さい!

 

SOU・SOU  × 京都造形芸術大学染織テキスタイルコース

「伊勢木綿の手ぬぐい・四角衣」展

会    期: 2015年7月9日(木) ~ 7月14日(火)

営業時間: 10:30 ~ 20:30

会    場: 京都マルイ店頭(北西側)(京都市下京区四条通河原町東入真町)

 

IMG_0981

 

 

IMG_0982

IMG_0984

IMG_0983

 

IMG_0967

 

  • LINEで送る

2015年7月7日  ニュース

【油画】開催中の展覧会! ~熊谷亜莉沙さん、武田敦子さん個展~

7月7日、七夕ですね~★★★

あいにくの雨模様で残念です。

 

今日は油画コースから、卒業生の展覧会のお知らせをします。

東京と京都の2つですが、お近くの方是非ご覧ください。

 

熊谷亜莉沙個展 Leisure Class

熊谷亜莉沙オモテ

今年の3月に本学大学院を修了した熊谷亜莉沙さんの個展です。

Gallery Art Composition にて >> HPはこちら。

 

6/26(金)~7/18(土) 11:00-19:00

休廊日:日・月・祝祭日

熊谷亜莉沙ウラ

 

 

武田敦子展

武田敦子オモテ

2010年度大学院修了生、武田敦子さんの個展です。

ARTE Gallery にて >> HPはこちら。

 

6/29(月)~7/10(金) 11:30-18:30

※7/5(日)のみ休廊

 

武田敦子ウラ

  • LINEで送る

2015年7月2日  授業風景

【染テキ】にわ先生のミシン講座!

先週の金曜日

1年生に新しいミシンが届きました!

早速、使ってみようということで、丹羽先生のミシン講座が開催されました!

A4の大きさの布を4枚使って、いろいろな縫い方を学びながら1つの鞄を作る授業です。

さて、みんな上手くできたのでしょうか?

 

 

P1020142

 

P1020138

P1020137

P1020136

P1020134

P1020131

 

これから、どんどん自分達で作ったオリジナルの布が出来上がってきます。

是非、ミシンを使って鞄や洋服、帽子などいろいろなモノを作って使って下さいね!

 

 

 

 

1 2 3

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。