美術工芸学科

2015年10月

  • LINEで送る

2015年10月13日  学生紹介

【染テキ】織室を覗きに行ったら。

授業中、カメラを持ちながら、フラフラみんなの教室へ遊びに行くのがスキです。

先週の金曜日は織り室に潜入したのですが、

みんなすごく集中しているので…

なかなか私には気がつきません。

 

今日は院生の中平さんをレポートします。

 

P1020672

P1020673P1020674

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土佐和紙を使って制作中の院生の中平さん。

ふるさとの高知県の素材を使って、新しい表現を模索中の様子。
私には全く気がついていません。

 

P1020675

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらくして、気がついたようです。その時の顔です。

驚いています。

 

P1020676

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笑いが止まらなくなるんですよね。こういう時って(笑)

 

中平さんは丁度、大きな展覧会と中間合評が終わり、少しほっとしたところでしたが、

11月のHOP展に向けて、また走り出しています。

 

いつもは白い織物を作る中平さんですが、今回の作品はとてもカラフル。

 

織物は構想を練って、計画通りに織り進めていきますが、

最近、中平さんは計画を立てず、少し織っては目隠しをし、また自分が引き抜いた和紙を使って織って行くという、半分、偶然性に任せた作品作りを始めています。

 

12033200_883020278460974_4626083313078299125_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは前々回の作品です。

白をベースに綴れ織りをしていきます。これは計画的に織った作品です。

 

12036393_883020395127629_4547152132763379444_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは前回の作品です。白黒の作品でした。

サイコロをふって、出た数字の数だけ織るというこちらもは偶然に任せた作品です。

 

さて、次回作はどんな偶然が見られるのでしょうか。

 

P1020714

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、今、院生は忙しそうです!

忙しいのが一番ですね!新作楽しみにしています!

  • LINEで送る

2015年10月5日  授業風景

【染テキ】2年生型染めに新しいクラスメート

後期授業が始まりました。

2年生染めクラスでは、型染めからのスタートです。

糊型染うちわ制作!

なのですが、、、

今年の後期は教室がいっぱいいっぱいです。

いつもは2列の机が並んでいるところ、真ん中まで埋め尽くされ、3列になっています。

 

その理由は、、、

 

P1020659 P1020657 P1020656

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3人の留学生がやって来たからです。

イタリアからのハザルさん

フィンランドからのノーラさん

メキシコからのデニさんです。

 

P1020663

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3人はこんな感じで机を並べています。

 

とてもオモシロいと感じたことは、デザインにそれぞれのお国柄が出るということ。

こちらは、チーム日本 どこか和をイメージできる柄です。

P1020667

 

P1020670

P1020665

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、こちらはチームフィンランド

ドットや大きなチューリップ柄がフィンランドっぽい。

 

P1020661

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チームメキシコ

この柄の他に、メキシコのなぞの動物の柄もあってとても、オモシロいです。

 

P1020654

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チーム トルコ(ハザルさんはトルコ人なので)

これは、トルコの伝統的な柄だそうです。

この柄が△の中に描かれ、それを組み合わせていくそう。

P1020662

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

染織テキスタイルがインターナショナルな感じになってきました。

いろんな国のテキスタイルが見れるのはとても興味深いですね。
完成が楽しみです!!!

  • LINEで送る

2015年10月1日  授業風景

【染テキ】吉本忍先生特別講義

後期授業が始まりました。

1年2年生の前期、染クラスだった学生さんは織クラスへ

前期、織クラスだった学生さんは染クラスへとまた、新しい技術を新しい先生と共に学んで行きます。

3年生は、4年生に向けて自主制作、4年生は卒業に向けてどんどん力を入れて行っています。

 

昨日は、1年生の織クラス はじめての織物ということで、織物の研究者である吉本忍先生に

織物とは何か!という事をじっくり教えて頂きました。

 

P1020641

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは一番原始的なやり方で、織物を織る方法です。

 

 

P1020638

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の体を織り機の一部として考え、足にひっかけた糸と手でひっぱってる糸の張りをうまく使い、
織物を織っていきます。

 

P1020647

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉本先生、1人1人丁寧に見てくださいました。みんな、うまく出来てるかな?

 

 

P1020645

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図に書いていくとこんな感じです。

 

P1020646

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本では、この織の方法でわらじを作ったりしていました。

 

 

1年生の2つ目の課題では、オフルームと言って、織り機を使わないで作る布の課題があります。

昔の人の生活を知恵を体感できるとても良い課題です。

後期もますます楽しみですね!

 

 

 

 

 

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。