こども芸術大学

2015年11月

  • LINEで送る

2015年11月17日  授業風景

11月16日 創作の時間 野村誠司先生

本日は、キャラクターデザイン学科の野村誠司先生のお迎えしての

創作の時間『音の虫の図鑑をつくろう』2回目です!

 

 

先週、身近な音から生まれてきた、子どもたちの空想の生き物たちは、

お母さんやお父さん、お家の人とのたくさんの対話から生まれています。

大好きな人との対話から生まれ、自分の手によって生まれたからこそ、

子どもたちは、この一週間、

自分が作った生き物たちとの時間を楽しみ、

その世界を広げることができたのかもしれません。

 

IMG_0021  IMG_9056  

今日は、その世界をみんなに発表の日!

 

親子or友だちor一人で、

前に出て下記の項目を発表しました。

①自分の名前

②生き物(作品)の名前

③住んでいる場所

④泣き声・動き方

 

みんなの注目を一身に浴びての発表は誰しも緊張するもの。

すごくドキドキしている子、ちょっぴりドキドキしている子、

みんなの前での発表が嬉しい子、その姿は様々です。

でも、その様々な姿からも日々の成長がうかがえます。

IMG_9041

IMG_9068  IMG_9080IMG_9071   IMG_9067

IMG_9103  IMG_9114 

登下校を毎日共にしお家で家族のようにお世話をした子、

生き物にもたくさんの家族をつくった子、

生き物を通して色んなお話しを楽しんでいる子、

音に興味を持ち日常でも空想の音の世界を楽しむ姿が増えた子、

 ひとりひとり違った発想、時間、楽しみ方が見られました。

 

目に見えない音の世界に注目し、思いを巡らすことは、

簡単なことではありません。

そして、イメージしたものを描き、

描いたものを立体、具現化することも

簡単なことではないかもしれません。

 

今回の活動は、子どもたちにとっても、

お母さんたちにとっても、学びの多い時間となりました。

 

(千葉)

 

 

 

  • LINEで送る

2015年11月11日  ニュース

春にむけて

秋も深まり、だんだんと寒くなって

きました。

こども芸術大学では、春に向けて

花の苗とチューリップの球根を植えました。

 

IMG_8744

 

今日は、次年度の新入生さんも参加をしました。

お姉さん、お兄さんたちと一緒の花植え。

IMG_8735IMG_8753

植えたあとはお水をあげました。

IMG_8745

ウッドデッキとベランダにたくさんの

プランターが並びました。

IMG_8759

新入生は4月にお兄さんお姉さんと植えたチューリップの

花を見ることでしょう。

 

年長さんはそれぞれの小学校でお迎えのチューリップの

花を見るのでしょうね。

春が来るのがたのしみですね。

 

(村瀬尚美)

 

 

  • LINEで送る

2015年11月9日  授業風景

11月9日 創作の時間 野村誠司先生

今回の創作の時間は、

芸術学部キャラクターデザイン学科の野村誠司先生を講師に迎えました。

テーマは『音の虫の図鑑をつくろう』

親子で、日常生活で聞こえてくるありふれた音に耳を傾け、空想の世界を楽しみ、目に見えないものを形にします。当たり前にある音を違う視点から捉えてみるとそこにどんな世界が広がるのかを体験!

 

IMG_8519

↑まずは、みんなでお家の人と探して描いてきた採取票を見せあいっこ。

 

IMG_8567 IMG_8571 IMG_8540 IMG_8522

↑採取票をもとに、大きな画用紙にイメージした音の虫や様々な空想の生き物を描きます!

IMG_8586 IMG_8626 IMG_8650IMG_8579 IMG_8574IMG_8656

↑描いた空想の生き物を形にしていきます!

 みんなが、様々な音から生み出した空想の生き物たちが、活き活きと動き動き出します!

 

IMG_8624 IMG_8610

↑そして、途中経過や完成した作品をみんなにお披露目!

 

次回は一週間後!                                   (千葉)

  • LINEで送る

2015年11月9日  イベント

12月5日(土)こども芸術大学土曜講座 お知らせ

【道具と素材で遊ぶ:宝物をつくろう】

 

 瓜生山の木々が急に色づきはじめ、お山も冬支度がはじ
まったようです。山の生き物たちも木の実や小枝、色づい
た葉っぱでクリスマスの準備を始めているかもしれません
ね。
 12月のこども芸術大学土曜講座は【道具と素材であそ
ぶ:宝物をつくろう】です。木片をノコギリで切ったり、
金鎚で釘を打ったり、針金や布、紙などを組み合わせたり。
子どもの純粋無垢でストレートな発想から生まれる、さま
ざまな形を楽しみます。特別な材料がなくても、目の前に
ある物が子どもたちの手を通してさまざまな素材や形にい
のちが芽生えます。たくさんの素材と釘や金槌といった普
段使えない道具を使うことで子どもたちの発想は膨らみま
す。お父さん、お母さんも子どものつくりたい気持ちに触
発されて、道具と素材で遊んでみませんか。

 

開 催 日:2015年12月5日(土)10:00 〜14:00

募集人数:親子15組 

募集対象:3歳〜小学1年生の子どもと親*必ず親子でご参加ください。

     *本学には学外者用の駐車場がありません。
     *車の場合は近隣のコインパーキングなどをご利用ください。

会  場:京都造形芸術大学 至誠館4階(S-41教室) 

持参物等:水分補給できる飲み物、昼食、タオル
     *昼食は大学の学生食堂もご利用いただけます。
下記服装でお越しください。
               *長袖、長ズボンでお越しください。申込締切:2015年12月3日(木)17:00まで  
               *募集定員になり次第閉切ります。
               *材料費、保険費含む
               *兄妹で参加の場合、1人あたり¥750.-プラス 参 加 費:親子で¥1,500.-

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

主  催:京都造形芸術大学 アート&チャイルドセンター
     〒606-8271京都市左京区北白川瓜生山2-116                      受付:月〜金/9:00〜17:00
         *実施当日の欠席などの連絡は090-2289-1124へ        申 込 先:こども芸術大学
                tel/  075-791-9120       fax/075-791-9504
                mail/artandchild@kuad.kyoto-art.ac.jp

 

 

【オモテ】土曜講座④(u)

(小林織香)

 

 

 

  • LINEで送る

2015年11月5日  日常風景

11/5 遊びと学びの時間・からだの時間

登校後の『遊びと学びの時間』

 

気のあう友だちや、大好きなお母さんとともに

ひとりひとりが思い思いに

自分の時間を充実させています。

 

IMG_8346IMG_8351

 ↑昨日、ベランダでの『対話の時間』で見つけた虫たち(クロアゲハの幼虫・カナブンの幼虫)を、

本日は、図鑑を横にじっくり観察する子どもたち。

 

IMG_8355

↑こ芸の田んぼで取れたお米のもみがら取りをするお母さんたち。

 

IMG_8356

↑今週コツコツ作ってきたどんぐりコロコロマシーンは、

「見てみて!ピタッコラスイッチ♪」とアレンジを加え楽しんでいます!

 

 

 

『朝の会』の発表のひとコマ。

本日、発表してくれたのは年中の男の子。

昨日プランターの土から見つけたカナブン幼虫を発表してくれました。

IMG_8361 IMG_8366

 

 

そして、大好きな『からだの時間』

 

広い活動ルームでしっかり身体を動かし、見られていることを感じ、素敵な自分を感じ、心も身体も開放中。

でも、「ホールでしたかった~・・・」と残念がる子。「次はホールにしてね!」と次に期待する子も。

とは言え、大好きな『からだの時間』!

曲が流れるとみんなの笑顔がキラッと輝きます!

 

IMG_8369 IMG_8371 IMG_8374 IMG_8382

IMG_8396 IMG_8402

本日のメニュー:とんぼ・スキップ・どんぐり・かめ→ブリッジ・とんび・兄弟すずめ・お船競争

 

初めてのメニューもあり、より見本をジッと見つめる子どもたち。

どんな姿勢でするのか、手をどう動かし、足をどう動かしたらいいのか・・・

頭で考えて、身体で表現!

ちょっぴり難しい顔でチャレンジしていた子どもも、

新しいことができると顔がフッと緩み笑顔がキラッと輝いてました。               (千葉)

 

1 2 3

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。