美術工芸学科

2015年11月

  • LINEで送る

2015年11月12日  授業風景

【染テキ】授業スナップ

今日も教室をふらふらと覗きに行きました。

計画が決まるとみんな、動きがとても早いです。

日に日に、新しい作品が生まれています。

 

P1020959

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片山さん、特に仕事が早いですね。

大胆な団扇柄が現れました。

 

 

P1020960

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

姉川さん、ワッフル織りのような少し変わった織布にプリントしています。

布に凹凸があると、また違って見えますね。

 

 

P1020962 P1020961

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大淵さん2作目

こんどは細かい柄のシャツ。

小さいなぁ。

 

P1020963

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3年生も、自主制作の方向性がすこしずつ決まって来たようです。

佐藤さんは龍の絵を書いています。

どんな技法で表現するのかな?

 

 

P1020967

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塩谷さんの作品

良い!にじみもなく、すごく綺麗に柄がでました。

形1つ1つが本当にオモシロいですね。

まだまだ、デザイン画があります。全部見れるのが楽しみです。

 

 

P1020970

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1年生の板締めサンプル。

百足みたいです。開いたときが楽しみ。

1年生はそろそろ浴衣制作に入ります。

 

 

1年生〜4年生まで、それぞれに制作フルモードです。

悩んでいる暇はありません、とにかく突き進むだけです!

4年生も机いっぱいに作品が広がってきました。

12月の合評、1月の写真撮影に向けて、思いっきり制作してもらいたいです。

 

期待してます!

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2015年11月11日  授業風景

【現代美術・写真】授業紹介*現代アートワークショップ*

こんにちは!

現代美術・写真コースです。

木工基礎の授業紹介に続いて、現代アートワークショップというちょっと変わった授業をご紹介します。

*木工基礎の記事はこちら

 

毎回異なる表現方法やテーマで、身近なところから作品制作のヒントを探るワークショップが、2年生の授業内で行われています。

前回までは、2枚の写真を使った3D写真に挑戦しました。

20151030_1008111

3Dビュアーを使って確認中です。

20151030_0958351

撮影位置を並行に移動させて撮影した2枚の写真を並べて、3Dビュアーで見ることで、被写体が立体的に浮かび上がります。

20151030_1001541

 

続いて、今週は、サイアノタイプ(青写真)という写真技法に挑戦しました。

銀塩写真(フィルム)はデジタル写真が現在のように普及する以前までは最も一般的な写真技法でした。銀塩写真の場合は材料に銀が使用されていますが、サイアノタイプの場合は鉄が使われています。

露光(光に当てる)して現像すると鮮やかな青色を呈するのが大きな特徴です。

 

薬品を計っています。

20151106_0930521

 

水に溶いた薬品を紙に塗り、乾かして印画紙が完成します。露光する前の印画紙は黄色ですね。

20151106_0939461

 

 太陽光で露光します。授業内では大きなサイズの印画紙に挑戦しました。この状態で待つこと十数分…DSCF81731

 

DSCF81891

 

露光した印画紙を運んでいます。光の当たった部分がすでに青く変色していますね。

DSCF81931

 

暗室に戻り、水洗すると、さらに鮮やかな青色に!

20151106_121354120151106_1213341

後期の終りには、ワークショップの成果物を使ってグループ展を行う予定です。

本ブログでもご紹介したいと思います。お楽しみに!

  • LINEで送る

2015年11月11日  授業風景

【現代美術・写真】授業紹介*木工基礎*

こんにちは!

現代美術・写真コースです。

本日は2年生の授業をご紹介します。

2年生後期の授業では、バラエティ豊かなプログラムが実施されています。

まずは、木工です!

20151023_1553351

木工基礎の入り口として、額を制作しています。

ウルトラファクトリーの木工室を利用して授業が行われています。

20151023_1553201

 

20151023_1552361

写真だけでなく立体メディアにも触れることで、作品の表現方法の可能性が広がりますね。

額の次は、椅子作りに挑戦します。

  • LINEで送る

2015年11月9日  授業風景

【染テキ】4年生本気モード!

お!4年生本気モードに入りました!

12月の合評に向けて、火がつきました!

 

P1020950

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020951

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西薗さんは、天蚕糸を使った織物を研究中です。
インスタレーションを使った作品形態を目指しています。

今回は、組織を取り入れてみました。

天蚕糸なので、光の反射で模様が見えないのでは?と思ったのですが、

実際見てみると、なかなかオモシロい表情が現れていいます。

 

完成が楽しみの1つ。

 

P1020929

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020926

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大淵柚子さんはいつも着ている自分の服を作品のモチーフとして選びました。

このネコちゃんのテキスタイルを見ると。

「あ。柚子さんだ。」とちょっと嬉しくなります。

作品コンセプトが気になる作品ですね。

 

 

P1020931 P1020932 P1020934

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020949P1020946

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなもそれぞれに形が見えて来ました。

教室に作品が並んで行くと、やっぱりわくわくします。

合評まで日にちが少なくなって来ましたが、みんな焦らずに計画通りに作品作り頑張って下さい。

 

 

↓こちらは1年生織クラス

フェルトの授業が始まりました。

良いお天気だったので、この日はお外での授業です。

紅葉がはじまり、京都の秋は本当に気持が良いです!

 

フェルトの授業、みんなはとっても楽しかったようで、どんどんどんどんどんどん作っています。

あっと言う間に羊毛がなくなって…。

先生が走って買って来てくださったのですが…またまた材料がなくなりかけ…。

みんな、どんな大作を作っているのでしょうか?

 

P1020919

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020916

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020914

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020912

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2015年11月6日  授業風景

【染テキ】今回もなかなか良い味出てます。板締め絞り

板締め絞り、毎日新しいデザインがどんどん生まれています。

今回も、なかなか良い味が出ています。

 

非常勤 江島先生

 

image image_9 image_8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image_6 image_5 image_4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image_7image_3 image_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。