美術工芸学科

2016年5月

  • LINEで送る

2016年5月10日  イベント

~春のオープンキャンパス~

みなさんこんにちは、美術工芸学科です。
少し遅くなってしまいましたが、先日行われたオープンキャンパスのご報告を少々…^^
 
…4月24日の日曜日。

桜の花も散ったころ、今年最初のオープンキャンパスが開催されました。
どきどき、緊張気味の学生さん。
ワクワク、期待いっぱいの学生さん。

たくさんの方にご来場いただきました。どうもありがとうございます◎

 

その日の学内はみなさんの熱気で暑いくらい。

とても賑やかで、活気ある1日となりました。

DSC_1157

 

我らが美術工芸学科の会場にもたくさんの人が◎

 

DSC_1209

 

日本画、油画、染織テキスタイル、そして 総合造形、写真・映像と、専門性の高いコース群の美術工芸学科。

そこへ新たに『基礎美術コース』が誕生◎

創造すること、表現すること、を更に深めることのできる学科としてお披露目です。

 基礎美術コース写真

 

基礎美術コース写真2

 

学科長、椿昇先生とたくさんの資料を見ながらお話し中。

後ろには 棟方志功の掛け軸でしょうか?貴重な作品を教材に、どんな授業が展開されるのでしょうね。

(基礎美術コースとは? 詳しくはこちらから↓)

http://www.kyoto-art.ac.jp/art/department/

 

DSC_1205

 

「立体に興味があるんです。」

「どの分野に進むか迷っていて…」

「デッサンを持ってきたので見てください!」

 

…色々な悩み、希望、迷いを抱えた学生さんたち。それぞれの先生方と熱心にお話しされていました。

DSC_1177

こちらは日本画コース↑

 

そしてこちらは油画コース↓

DSC_1195

 

各コースのワークショップも大盛況でしたね。

それぞれ本格的な内容で、手を動かすことの楽しさ、作品づくりの難しさ、出来上がりの嬉しさ…。

きっと体感してもらえたのではないでしょうか。

 

DSC_1141

総合造形のロクロ体験↑

手をそえるとアッという間にお碗が!?まるで魔法のようです。

 

油画コースの油絵体験↓

DSC_1204

先輩たちの制作風景も紹介。

絵の具はチューブから出したそのままではなく、いろんな色を混ぜ合わせて自分だけの色を作りだすのだそう。

奥のキャンバス、深みのある黄色は笹山くんの色。

手前のキャンバス、夕日のようなオレンジは大原さんの色。

それぞれの色彩が表れてくるんですね。

 

そして版画体験↓

DSC_1174

 

油画コースでは、油絵だけでなく版画も学ぶことができます◎

今回は白と黒と線での表現。格好いいです。

DSC_1211

DSC_1132

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回の開催は 6月12日(日)・ 7月10日(日)。

こちらは体験入学型のオープンキャンパスで、1日芸大生として授業を受けることができます。

 

芸術大学の授業って…? 期待あり、不安あり、興味が津々です。

魅力的な授業、個性豊かで素敵な先生方、先輩や沢山のスタッフさん。

みんなでお待ちしています◎

ぜひ、1日京造生を体験しに来てくださいね^^

 

◎オープンキャンパスについて、詳しくはこちらから↓

  http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/

 

1 2 3

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。