マンガ学科

2018年2月

  • LINEで送る

2018年2月22日  ニュース

1回生PN.HinoharAくんがヤングジャンプで受賞しました!

 

本日発売の週刊ヤングジャンプでPN.HinoharAくんが期待賞を受賞しました!

おめでとうございます!

page-0002

HinoharAくんはこれで1回生にして2度目の受賞。

 出張編集部では毎回ど編集部からも評価が高かったのもうなずけます!

今後の活躍にさらに期待です!page-0005

 

  • LINEで送る

2018年2月13日  ニュース

マンガ学科卒業展2017 優秀作品紹介Vol.3

 

こんにちは

いよいよ学長賞の発表です。

今日も力作揃い! 

 

Vol.1こちらから

Vol.2はこちらから見ることができます!

 

奨励賞 益岡友里

『兄をよろしくお願いします。』

自閉症のお兄さんとの接し方を実話を交えて描かれたマンガです。

このマンガをきっかけに少しでも障害者の方について考えてほしいという事ですが、

益岡さん自身の経験をもとに描かれているのですごく分かりやすいです。

仲良し兄弟や仲の悪い兄弟と同じく、益岡さん兄弟も特別なものではなく

兄弟の一つの在り方なのだというセリフはとても印象的で今後、自分自身がどう動くべきなのか

または動かないべきなのかを考えさせられるマンガでした。

 56

 

優秀賞 長岡三平

『群青や屋上。と、マヨネーズ』

表題作『群青や屋上。と、マヨネーズ』を含めた2作品が収録されています。

『屋上~』は1月に発売されたドラゴンエイジにも収録された力作!

屋上で出会った不思議な文学少女に支えられながら主人公の冴えない高校生が好きな子に告白…と

一見良くある話に見えますが、長岡くんの仕掛けのセンスが全く新しい作品に仕上げてあります!

映画を一本見たような内容の濃さ、爽やかな読後感を是非体験してください!

 3 4

 

学長賞 小川和泉

『TWILIGHT+GHOST』『あなたの願い叶えます』

2作品が収録されています。

運命に抗うというテーマをもとに制作された2作品の主人公はそれぞれ運命に抗い奮闘します。

小川さんのかわいらしい絵柄と相まってマンガはサクサクと読み進められますが、

クライマックスシーンはどちらの作品も主人公が自分を変えるために立ち上がる熱いものになっています!

画力の高さ等総合点がとても高く今回の受賞に繋がりました!

 1 2

 

優秀作品紹介は今回で終了ですが卒業展は引き続き2/18まで開催されています!

学生達のマンガのコンセプトやテーマ、動機などを発表する最終プレゼンの様子も会場で見ることができます。

惜しくも優秀作品には選ばれなかった作品も学生が4年間を詰め込んだ力作だらけです!

是非会場に足を運んで、学生の集大成を肌で感じ取ってください!

 

 

  • LINEで送る

2018年2月12日  イベント

マンガ学科卒業展2017 優秀作品紹介Vol.2

こんにちは

 昨日に引き続き今日も優秀作品を紹介したいと思います。

 

 

Vol.1こちらから見ることができます!

 

――――――――――――――――――

 

奨励賞 中藤貴一

CROSS OVER

_MG_4485

LEMON」、「カラス皇」の2作品が収録されています。

両作品はそれぞれ異なるストーリーですが、

「現象者」と呼ばれる超能力者やそれぞれの作品のキャラクターが登場するクロスオーバー作品です。

そして描かれている背景や小物にも中藤君の遊び心がいたる所にちりばめられていてどんなコマでも見逃せません!

 

 

 

奨励賞 藤中宏斗

『フライシャーを追え!』

 _MG_4471

「ポパイ」や「ベティ・ブープ」など有名なキャラクターを生み出した

フライシャーを読者に分かり易く紹介するルポマンガです。

フライシャーが生み出したのはキャラクターだけではなく、

実際に撮影した映像の人物の動きをトレースし、アニメーションに反映させる

「ロトスコープ」という手法を開発した人物であることも驚かされました!

 

 

 

奨励賞 星原愛

HelloBoys and Girl

 DSC_0697

「雨宮さんのひみつ」、「宝ヶ池さんの世界は一条くんで廻っている」の2作品で構成されています。

星原さんの描くキャラクター達は可愛くて、表紙を見ると少女マンガなのかな

と思うのですが読みすすめるとこの作品は普通の少女マンガではないことが分かります。

両作品ともキャラクター達の出会い方が特殊で、その発想から物語を考えていくのか

と星原さんの独特なセンスに感心させられますので是非冊子を手にとってご覧ください!

 

―――――――――――――――――― 

 

本日紹介した作品は人間館3階にて展示をしております。

卒業展は2/18()まで開催していますので、

是非マンガ学科卒業生4年間の集大成をみに来てください!

 

 

明日は学長賞、優秀賞、奨励賞の3作品の紹介ブログを更新しますのでチェックをよろしくお願いします!

  • LINEで送る

2018年2月11日  イベント

マンガ学科卒業展2017 優秀作品紹介Vol.1

昨日2/10()より「京都造形芸術大学卒業展」が始まりました。

例年より更にクオリティアップしたマンガ学科の展示を是非ご覧ください!

 

今回は奨励賞、同窓会特別賞を受賞した4作品の紹介をしたいと思います。

 

――――――――――――――――――

 

奨励賞 奥原華

『ハジマリの地でずっと。』

_MG_4505

本作は2作品構成で奥原さんの出身地である島根県をテーマに描かれています。

両作品とも奥原さんの郷土愛であふれていて島根の文化や方言を知ることができる、

マンガも楽しめて島根県についてより知識を深めることができる作品です!

 

 

 

奨励賞 北川幸志郎

『さちこちゃん』

589211

主人公のさちこちゃんが常識の枠を飛び越え、ありえない展開を広げている作品です!

斬新な発想でクスっと笑わせられる、一言で言うとシュールなギャグです。

考えながら読むのではなく見たものを感じてください!

 

 

 

奨励賞 辻睦都実

『醜果』

7457488087694 

「天使が死んだ日」、「ばけものは、」、「罪悪感の水溜まり」の3作品構成です。

人間の複雑な心情を上手く表現していて登場人物の感情に共感できる部分がありました。

それぞれのお話の主人公がどうしても解決できない問題にぶつかった時に

どのような選択を選んで物語の結末を迎えるのか、が見所だと思います!

 

 

 

同窓会特別賞 平岡滉史

WORRIOR

 7457489472104

「狂機-ギャラン-」、「イラスト作品」、「Journey to the West」が収録されています。

全体的にクールでかっこいい作品が多く、「狂機-ギャラン-」は

集英社の『ヤングジャンプ』で準入選を受賞し雑誌でデビューをした作品です。

ひとつひとつのキャラクターのデザインもかっこよく、

女の子も可愛く描かれているのでどのページをめくっても見所が満載です!

 

 

 

本日紹介した作品は人間館3階にて展示をしております。

卒業展は2/18()まで開催していますので、是非マンガ学科卒業生4年間の集大成をみに来てください!

 

 

引き続き明日も優秀作品を紹介しますので楽しみにしてください!

  • LINEで送る

2018年2月10日  ニュース

卒業展が始まりました!

 

本日2/10からいよいよ卒業展が始まりました!

連日リーダーを中心に朝早くから夜遅くまで作業を行い、

試行錯誤を重ねた展示を見ることができます!

 

マンガ学科は人間館の3階で展示を行っております!

まず階段を上がって出迎えてくれるのは平岡君の展示。

_MG_4573

トリックアートを思わせるレンガのプリントがとてもクールです!

貼られているイラスト一点一点の画力もとても高く、

平岡君に見入ってしまいついつい足を取られてしまうかも知れません。

 

トイレ横に飾られている長岡くんの展示もとても迫力があります!_MG_4565

長岡くんの作品には

今年の1月に『ドラゴンエイジ』で掲載された作品も入っています。

様々なアイテムが効果的に使われており、最後にあっと驚くような仕掛けも用意されて

読後感はこの青空のように爽やかです!必読の一冊!

 

メインの教室では学長賞を受賞した小川さんの作品も読むことができます。

_MG_4499

小川さんの作品は2作品あり、

どちらも共通して『運命に抗う』というテーマを設けてあります。

魅力的なキャラクターとかわいい絵柄、その完成度から学長賞を受賞しました!

 

小川さんを初め、今回の卒業展で受賞した作品のあらすじ等は明日移行随時更新していきます!

 

さらに明日は集英社トークイベントを13:00から行います!!

学生の作品を講評会を交えつつマンガの裏側の話を聞けるかもしれません。

是非お越しください!

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。