通信教育部

2018年5月

  • LINEで送る

2018年5月31日  日常風景

【芸術学コース】作品の制作年と作品解釈について―横山大観筆《柳蔭》をめぐって

 みなさん、こんにちは。芸術学コースの三上です。今回は横山大観作《柳蔭》(図1)を例に、作品の制作年と作品解釈の関係について考えてみたいと思います。

 今年は日本画家横山大観の生誕150年にあたり、各地で記念の展覧会が開催されています。なかでも東京国立近代美術館の「横山大観展」は代表作を多く含む初期から晩年までの作品により、大観の作風をたどる充実した内容でした(本展は6月8日から京都国立近代美術館に巡回します)。大観が長い画業を通じ、いかに多くの作品を描いたのかを改めて感じました。

 さらに本展覧会はひとつの疑問を解決してくれました。というのも、本展でこれまであいまいだった《柳蔭》の制作年が大正4年であることが明らかにされたからです。以下、《柳蔭》の作品と制作年についてお話していきます。

 

 《柳蔭》は大正期の大観の代表作の一つで、大観作品の中でもかなりの大作です。

図1 横山大観《柳蔭》6曲一双、各195.4×545.4㎝、東京国立博物館蔵

図1 横山大観《柳蔭》6曲一双、各195.4×545.4㎝、東京国立博物館蔵(上:左隻、下:右隻)

 右隻の中心には柳の下でまどろむ童子が描かれ、左隻左から2扇目の上部では、童子の主人と思われる人物が歓談しています(柳の葉の奥で少し見つけにくいかもしれません)。柳の下で歓談する「柳陰清談」は、文人画でよく描かれてきた画題です。

 本作品のみどころはなんといっても作品全体を覆う柳の葉で、その前に立つと柳に包まれているような爽やかな気持ちになります。所蔵先の東京国立博物館でも、よく初夏の時期にあわせて展示されていますので、見たことのない方は、一度ぜひ実物を見ていただきたいと思います。その際は、作品の近くに寄って、柳の葉の大胆なタッチと、それと対照的な幹の細かな描写に注意してみてください。

 

 私が本作品をよく知るようになったのは大学院修士課程の時、明治から昭和初期にかけ、横浜で活躍した実業家であり、芸術のパトロンとして知られる原三溪(18681939)の研究を始めた時でした。修士論文で原三溪の古美術蒐集と近代美術家支援に取り組み、三溪自筆の史料の分析を行う過程で、本作品が三溪旧蔵品であり、特に三溪とゆかりの深い作品だったことが分かりました。

 本作品については、以前から伝周文筆《四季山水屏風》(東京国立博物館蔵、図2)と非常に似通っており、大観が《四季山水図屏風》からインスピレーションを得て《柳蔭》を描いたこと、原三溪による注文制作だったことが作品解説で指摘されていましたが、それ以上の検討はされていませんでした。

 

 

図2 伝周文《四季山水図屏風》室町時代、重文、6曲1双の内右隻、150.0×355.4cm、東京国立博物館蔵 

図2 伝周文《四季山水図屏風》室町時代、重文、6曲1双の内右隻、150.0×355.4cm、東京国立博物館蔵

 そこで両作品を詳しく比較してみると、《四季山水図屏風》右隻の左から二扇目(図3)には、柳の下で休憩する童子とその主人という、《柳蔭》と同じモチーフが描きこまれていたのでした。

 

図3《四季山水図屏風》部分

図3《四季山水図屏風》部分

 詳細は昨年刊行した拙著(『原三溪と日本近代美術』国書刊行会)を御覧いただきたいのですが、《四季山水図》は三溪旧蔵品の中でも名品の一つとして知られた作品だったことから、大観は《柳蔭》を制作するにあたり、注文主である三溪の所蔵品から一部を引用しつつ、金地に柳を画面いっぱいに描き、まったく違う印象の作品を作り出したことを論じました。

 ただ、当時《柳蔭》の制作年は大正2年頃、とされていました。ところが三溪の自筆の美術作品の購入記録「美術品買入覚」には大正4年購入と記載されていたため、大正4年の制作なのでは、と考えましたが、それ以上の検討はできませんでした。

 その後、大観が晩年のテレビ番組で、「大正2年に三溪園に滞在して制作した」と語っていたことから、大正2年制作であるとされ、しばらく大正2年説が有力と考えられていました。ですが、その場合、三溪が購入するまでの2年間、大観の手元にあったことになるのがなんとも不自然でした。

 大正2年制作説はしばらく続きましたが、先に述べた東京国立近代美術館の「横山大観展」図録の作品解説、年譜の記載によりようやく解消しました。年譜の出典に根拠となる資料(『絵画叢誌』336号、大正48月)も示されていることから、《柳蔭》の制作年は大正4年であると決着をみたわけです。その雑誌で、大観は横浜へ出かけ「一双六間の柳の大屏風」に高額な緑青(緑色の岩絵の具)を漲らせ、原氏に対する年来の約束も済んだ、と語っています。

 大正2年説も同4年説も、いずれも大観本人の談によるものですが、大正2年説は晩年の大観の記憶によるものですから、大正4年説のほうが有力であることは言うまでもありません。しかも三溪の購入記録にも大正4年とあるため、《柳蔭》の制作年は大正4年と結論づけられたのでしょう。

 

 以上のことから、絵画作品の制作年を決めるのはなかなか難しいものだ、ということがわかるでしょう。大観本人にとって、大正2年でも4年でも大した問題ではなかったのかもしれませんが、研究者にとって、作品の制作年は、作家の作風を知る上でとても重要なものなのです。展覧会で公表されていない作品の制作年を明らかにするのは難しいため、今回のように明確になるのはむしろ珍しいことかもしれません。

 なお、これまで刊行された作品集や図録では大正2年制作と記載されているものもありますから、年譜、作品、作家の情報は常に最新のものからチェックすべきこともわかりますね。

 話を《柳蔭》に戻すと、大正2年か4年か不明な時期には、大正2年に制作されたと想定した上で、大観が大正2年に没した岡倉天心を追慕して《柳蔭》のモチーフにその思いを込めて描いた、という論文も書かれています。

 私は《柳蔭》を大観が三溪のために描いたのだと理解していましたので、本論文を読んだときとても新鮮に感じました。近代の芸術作品は作者の意図を込めて制作するのが一般的ですが、《柳蔭》は注文制作であるがゆえに、私は三溪の存在を中心に考え、それ以上踏み込んで考えられなかったのかもしれないと反省するのと同時に、作品解釈がこんなにも自由な美術史という学問の面白さにも触れた思いがしました。

 さて、《柳蔭》の制作年が大正4年と分かった現在、この論文は無意味なものになってしまったのでしょうか。私はそうは思いません。もちろん論文の大前提となる制作年を修正した上で再考する必要はあります。しかし、《柳蔭》が三溪による注文制作であり、三溪のために描かれたとしても、そこに大観が自身の思いを込めるのは可能だからです(もっとも、先の大観のあっけらかんとした口ぶりからすると、そこに深い思いを読み込むのは難しいかもしれませんが)。もし大観が《柳蔭》に天心への思いを込めたとしたら、天心と旧知の仲だった三溪はむしろ喜んだかもしれないな、などと勝手な想像をふくらませています。

 

 以上、最近私にとって年来の疑問のひとつが解決しましたので、それについてお話してきました。作品を読み解く面白さを少しでもお伝えできたでしょうか。

 本学の芸術学コースでは、芸術学や美術史を学ぶ上で大切な基礎から応用までを学ぶことができます。みなさんにも、本コースで芸術学を学ぶ楽しさを知っていただきたいと思います。

 本学芸術学コースのスクーリング「芸術学Ⅱ-3 芸術史:日本芸術史の諸問題」では、原三溪と美術について詳しく講義し、受講生がそれを受けてディスカッションする時間も設けています。詳細は以前のブログでも紹介していますので、こちらを御覧ください。

 

 秋以降の入学説明会のミニ講義でも三溪について取り上げますので、興味のある方は御参加ください。また、三溪の作った三溪園を、新入生を中心にしたスクーリング「芸術学研修」で例年秋に訪れています。四季折々に美しい三溪園ですが、秋の紅葉は格別です。もし入学されたらぜひ御一緒しましょう!それではまた。

 

 追伸:ウェブマガジン『アネモメトリ』にも原三溪と荒井寛方について書いています。よかったらご覧ください。

 

——————–

 

芸術学コース主催「第三回 芸術をめぐる(おいしい)お話の会」
1、「頭の哲学と肉の哲学(ロゴスとレンマ)-からだにやさしい哲学を求めて-」(梅原賢一郎)
2、「ヒトはなぜ絵を描くのか」(斉藤亜矢)

日時:2018年7月7日(土)14:00 ~ 17:00

場所:瓜生山キャンパス(教室は当日掲示)

※事前申込不要。参加無料。一般の方、他コースの方を含めどなたでもご参加いただけます。「芸術学コースでどんなことが学べるのか」「どんな先生から学べるのか」気になっているという方にもお気軽にご参加いただける雰囲気です。

 

——————–

 

京都造形芸術大学通信教育部 芸術学コースでは以下のwebサイトでお知らせを定期的に更新しています。ご都合が合うイベントがありましたら、 お気軽にご参加ください!

 

芸術学コースのつぶやき@geigaku4

 

芸術学コースコースサイト Lo Gai Saber|愉快な知識

 

芸術学コース |学科・コース紹介

 

  • LINEで送る

2018年5月29日  授業風景

【陶芸コース】1年次スクーリング

陶芸コース 西村です。5月になりいよいよ1年次のスクーリングが始まりました。入学して最初に受講できるスクーリングは「陶芸Ⅱ-1 机上のオブジェ/ペーパーウェイト」です。この科目では、二つ割りの石膏型を使い押し型成形でペーパーウェイトを制作し、石膏型を作る技術を学習します。

 

陶芸01

まず、皆さんが事前課題で考えてきたアイディアスケッチを見て原型が二つ割りの石膏型で抜けるか検討します。

 

陶芸02

次にアイディアスケッチをもとに土でペーパーウェイトの原型を制作します。原型は慎重に時間をかけて制作します。

 

陶芸03

石膏型の厚み、石膏を流すための土手と壁の作り方を説明しています。

 

陶芸04

各自、石膏を流すための土手と壁をつくります。土手の高さが曖昧だと型から作品が抜けないことがあるので慎重に作業をすすめます。

 

陶芸05

完成した石膏型に土をはりつけ作品を制作する工程を説明しています。

 

陶芸06

石膏型から次々に作品が出来ていきます。同じ形のものがいくつも出来ていくのは楽しいものです。

 

陶芸07

最終日、合評の風景です。同じ課題で制作しているのに様々な表現の作品が出来てきます。スクーリングで他の人がどんな考えを持ってどんな作品を作っているのかを見られるのはとても参考になると思います。石膏は原型を忠実に写し取るので石膏型を作る時、原型の仕上げがとても重要だということがわかってもられたと思います。受講者の皆さん、お疲れ様でした。

 

 

【陶芸】

陶芸コース|学科・コース紹介

 

陶芸コースブログ

 

  • LINEで送る

2018年5月24日  イベント

【洋画コース】通信洋画20周年記念イベント報告!!

IMG_7292

本学の通信教育部が開設されてから昨年で20年、洋画コースもその中で733名に及ぶ修了生、卒業生を送り出してきました。
20周年とともに通信教育部開設から携わってこられた中原史雄先生の退任を記念しギャルリ・オーブで研究室専任による展覧会が開かれました。

2
6日には中原先生のギャラリー・トーク、中原、川村、相見、奥田、山河出品者による座談会、夕方からは、20周年を記念しての洋画大同窓会が京都ホテルオークラで開催されました。最終日13日にはワークショップなども開かれ盛大なイベントとなりました。
同時に、一旦休止していたギャラリーヒルゲートでの教員小品展もこの機に合わせ活躍する卒業生を招待してリニューアルスタート、paintings 20+として同じく5月1日(火)~6日(日)までの間会を盛り上げてくれました。

 

これらの催しは通信洋画卒業生・修了生の皆さん全てに案内は送らせていただいたのですが、中には住所変更され案内が届いていない方、また、参加したかったけれど都合がつかず、或いはホテルがとれずなど、さまざまな事情でご参加いただけなかった方も多かったことと思います。
(案内が届かなかった方申し訳ありません!また現住所ご連絡下さいね)

 

そこで今回はその展覧会や座談会の様子、ホテルでの大同窓会の様子、ギャラリーヒルゲートでの展示やパーティーの様子を一気にアップいたします。

 

京都造形芸術大学 通信教育部 洋画コース20周年記念
―『引き継がれるもの』―
中原史雄と絵画が語る20年
会期:5月1日(火)~13日(日)
会場:京都造形芸術大学ギャルリ・オーブ

20周年記念展表

20周年記念展裏

私達企画から運営をしていたスタッフ一同はこのパンフいやになるぐらい見ておりますが、とりあえずこんな案内をさせていただきました。

《展覧会》

5
ギャルリ・オーブに至るエントランスと展覧会案内です。

7

展示風景

展示風景

ギャラリートークの後も説明を聞く人たちがおられました。

 

《座談会》

13
最初50席ほど用意しましたが、全く席が足らず100席、ついには150席準備しても立ち席があったくらいです。同窓会に出席できない方もこちらへは駆けつけてくれ、予想外に盛大な座談会になりました。

12

こちらは上からの眺めですね。

15
奥田先生の司会で始まり、相見先生、中原先生、川村先生と皆さん立ってお話しをされていました。私はずっと座ったままでエラそうにふんぞり返っているわけではありません。
多少疲れ気味で神妙に聞いていたというか、マイクの調子が悪くあちこちへマイクを運ぶ役など世話係をしていました。この語慌ただしく同窓会会場へ…
その前に出品者の記念写真です…

18

記念写真です。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
《同窓会》
同窓会は、お忙しい中徳山豊理事長や上田通信部長も駆けつけて下さり、これまで関わってきた教員や事務担当、卒業生・修了生の総勢175名の大同窓会となりました。
皆さん懐かしい顔・顔・顔どの顔も生き生きされており、描くことの持つ大きな力を再確認させていただきました。

19

まずは徳山豊理事長のお祝いの言葉から…

まずは徳山豊理事長のお祝いの言葉から…


続いて中原先生の挨拶。

続いて中原先生の挨拶。


大野木常務理事の挨拶…

大野木常務理事の挨拶…


田中事務局次長から洋画の卒業生の活躍にいつも驚かされるという嬉しい言葉などが出ました。

田中事務局次長から洋画の卒業生の活躍にいつも驚かされるという嬉しい言葉などが出ました。


最後は上田通信教育部長。美容と健康に乾パイ!

最後は上田通信教育部長。美容と健康に乾パイ!

いつもの名調子をありがとうございました。
しばらくは顔なじみや先生方とワイワイと食事と歓談が続きます。

26

27

小西先生からの心温まる言葉!

小西先生からの心温まる言葉!


開設期のエピソードなどを語った中元寺さん。

開設期のエピソードなどを語った中元寺さん。

実は中原先生と同い年です。そういえば2009年度卒の昨年熊谷守一大賞展でグランプリをとられた大浦さんも確か同じ…

小枝先生からは教育の大切さが…一居先生は久しぶりに”ようやった!!”の大喝

33

開始前までプログラムになかった、女子群からの花束贈呈。中原先生うれしそう!

最後の〆は富士先生の一本締めで幕を閉じました。
卒業生・修了生の皆さん、ホントにありがとうございました。(Y)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
通信教員と卒業生の小品展
《paintings 20+展》
会期:5月1日(火)~6日(日)
会場:ギャラリー・ヒルゲート

36 20+展パンフ表

37 20+展パンフ裏
こちらは同時期に開催された活躍する卒業生を招待した洋画教員小品展です。
田中次長の言葉にもありましたが、この数年の洋画卒業生の活躍は目覚ましいものです。
同窓会に来られた皆さんを始め、個人でグループで、団体展でなどその活躍は研究室でも目をみはるものがあります。

今回はその中から全国公募の絵画展で受賞された方たちを招待し、教員とともにギャラリーヒルゲートの1.2Fに展示しました。どうしても本学での大きな展覧会の陰に隠れてしまいがちでしたが、土日の最終頃には大挙して皆さんが来場していただけた様子。また来年には新しい卒業生たちを招待して開催できればと思います。
皆さんこぞってご活躍の様子お伝えください。

38
オープニングパーティーの様子。きっと中原先生と川村先生が挨拶されたのでしょう?
私は急な野辺の送りで終わりごろから参加。推測で失礼しました。

39
今回は展覧会名もあらたまり、paintings 20+の看板は、ナント石田歩先生が揮毫して下さったとのこと。流石工作少年(壮年?)器用ですね。
その後はわいわい賑やかだったのでしょうね。
1Fは教員の小品です。

 

41

小西先生の作品


山本先生の作品はメタリックな月のようですね。

山本先生の作品はメタリックな月のようですね。


入口には川村先生の絵が…

入口には川村先生の絵が…


46

2Fは今回ゲストの卒業生14名の小品がならびました。

 

47

どれもこれも小品ながら緊張感があったようです。

あらためて自分らしさとは何かを考えたのではないでしょうか。

49

そういえば一番最初に赤ピンがついていたのは卒業生の作品でした。


50

通路から奥にもずらっと並んでいます。


52

2Fの通路から奥は教員のサムホール作品がならびます。


54

今回はカフェスペースまで浸食し…

55

ギャラリーの壁を最大限に使った展示になりました。

※教員も卒業生も、学校以外の一般のギャラリーに一緒に並ぶ緊張感があったのではないでしょうか。今後も出来る限りこのような催しは続けていきたいと思いますのでまた期待して下さい。
以上とっても長いブログになってしまいましたが、研究室では昨年からこれらの催しの計画をし、一月からは準備に追われ、中原先生まで封入作業に参加され、デザインからポスター制作や展示やサイン計画まで全て研究室の手作りで行ってきました。勿論授業や卒展、学募やガイダンスなど通常の業務を行いながらなのでとっても忙しかったです。
こんなことが皆さんの励みや刺激になればなどと思っております。(Y)

 

 

洋画コース | 学科・コース紹介

洋画コースブログ

  • LINEで送る

2018年5月23日  授業風景

【和の伝統文化コース】煎茶献茶祭

 和の伝統文化コースの井上治です。今年度もあっという間に二か月近くが経ちましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 先週五月十五日には京都で恒例の葵祭がありました。私も河原町通りで見学しましたが、あの行列を見る度、学生時代に傘を持つ役のアルバイトをしたことを思い出します。今年もかなり暑い日でしたので大変だったと思います。

 

 その葵祭の締めくくりのひとつとして、先日下鴨神社で小川流の煎茶献茶祭がありました。

昨年家元を継がれた小川後楽先生が献茶され、その後「殿(なおらいでん)」で文人手前、重要文化財の「(くごしょ)」で清明手前の席が持たれました。

ご存知の通り小川後楽先生は先代の頃から本学通信教育部の和の伝統文化コースのスクーリングおよびテキスト科目をご担当くださっています。

先日のお茶会でも今年度の授業についてご相談いたしましたが、テキスト科目のレポート添削も家元ご自身がなさってくださるということでした。

本コースの授業から煎茶の魅力を知って小川流入門される学生さんも毎年のようにいらっしゃいます。

 

煎茶会1

「直会殿の文人手前席。」

煎茶会2

「供御所の清明手前席。」

 江戸時代前期の話ですが、後水尾天皇の皇子である獅子吼院(ししくいん)(尭恕法親王・ぎょうじょほうしんのう)は「一生薄茶〔抹茶〕も参らず〔飲まず〕、煎茶のみなり」『槐記』と記録されています。

このように煎茶を愛好する人はいたのですが、近世から近代にかけての煎茶文化は、抹茶文化と比較するとややマイナーであるかもしれません。

そのエリート主義・文人趣味が大衆化を避けてきた歴史もあります。

しかし一方で、変に格式張らない煎茶会は俗塵から離れた爽やかかつ知的な雰囲気に満ちており、初めての方でも十分楽しめるようになっています。

 来月六月二十四日(日)には、近江神宮で小川流献茶祭があります。門人ではない一般の方の参加も可能ですので、ご都合がつくようでしたらぜひ小川流の煎茶会を体験してみてください。

 

学科コース紹介|和の伝統文化コース

  • LINEで送る

2018年5月18日  授業風景

【情報デザインコース】体験や感じた事をイラストレーションで表現してみよう。「コンセプトドローイング」

こんにちは。情報デザインコース業務担当講師の山崎です。

 

外苑キャンパスで5/5-6に行われた、イラストレーションクラス「情報デザインV-5(コンセプトドローイング3)」の授業の紹介を致します。 この授業では、出来事の持つ文脈や前後関係と言った「コンテクスト」と、イラストレーションを結びつけて表現することを試みます。自分の体験した事や感じた事を、できるだけ文字や記号は使わず、イラストレーションだけで表現するにはどうすれば良いのでしょうか。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずはじめは少しリラックスする為、アイスブレイクの時間からスタート。班を作って分かれその中で自己紹介をし合い、話を聞いた結果、相手の方を象徴する絵を描いてもらいます。

そして相手の方のプロフィールを他の班のみんなにも分かるように紹介、共通点や意外な面を見つけながら先ほど描いた絵も披露し合い、自然と会話が生まれ、楽しげな雰囲気ができていました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いい感じに緊張もほぐれたところで、事前課題で出されていた「今年一番重要だった事」というテーマを自分なりに分析したものと、そこから作成してきた小立体を見せ合い、意見を交換。 先生も各班を回りながら、それぞれ学生の方のエピソードにじっくり耳を傾け、更なる気づきを引き出すように聞いてくれていました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そこからは更に構想を広げて、テーマを伝える為のイラストレーションを30案、とにかく出しまくります。そしてその中から「自分がアピールしたい案」「しっくりこない案」「他人に決めてもらった案」の3つを選出し、2日目からはいよいよ実際に描いてきます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

2日目はデモンストレーションからスタート。先生が絵の具を使った手法を、実際に見せながらレクチャーしています。学生の皆さんもとても真剣に聞いていて、自分の作品にうまく取り込んでいました。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後に描きあげた3枚を貼り出して講評です。 上から「自分がアピールしたい案」「しっくりこない案」「他人に決めてもらった案」と縦に並べていますが、今回なぜ3案を作る必要があったのかと言うと、どうしても最初に思いついたアイデアに固執してしまう傾向にありますが、それを他者の意見を聞き入れたり、本命ではなかった案も進めてみたりと、なるべく客観的な目線を取り入れて視野を広げて考えようというねらいがありました。

 

イラストレーションにおいて、絵で説明をする事はとても重要ですが、説明しすぎるのも考えもので、その辺を探るのが非常に難しいのですが、今回の授業で学生さん達には良い意味で頭を悩ませる経験ができたのではないかと思いました。 お疲れさまでした。

 

情報デザインコース業務担当講師 山崎

 

 

情報デザインコース|学科・コース紹介

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。