美術工芸学科

2018年5月

  • LINEで送る

2018年5月24日  授業風景

【日本画】一回生 運筆授業

 

こんにちは、日本画コースです。

今回は、二週間続けておこなった一回生の運筆授業を紹介しようと思います。

運筆の授業は毎年、塚下先生に来ていただき円山四条派の運筆授業をしていただきます。

 

運筆とは、文字通り筆の運ばせ方を学ぶ授業です。

最終的に自身の作品に使うかどうかは、今後の学生の皆さん次第ですが、日本画を学ぶうえで筆の様々な扱い方を体験するというのは大事なことです。

 

▼まず、基本的な筆使いを学ぶために直線や円を隈取りという技法を使いながら練習します。

IMG_8407 IMG_8410

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼その後、塚下先生が描かれた見本を見ながら葉の練習や動物を描いていきます。

IMG_8564 IMG_8560 IMG_8559

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、悪戦苦闘しながらもがんばって仕上げたと思います!!

 

▼できた作品を物部先生指導のもと、裏打ち(裏から和紙をはり強度を持たせる)をして終了です。

IMG_8582 IMG_8581

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨今では、このような筆使いで描く作品も少なくなってきていますが、「だから学ぶ必要がない。」と切り離すのではなく、今後制作していく中で一つ一つの技法を使うか使わないかという選択を自身の中でしていく力を身に付けていってほしいと思います!

IMG_8571

  • LINEで送る

2018年5月23日  授業風景

【基礎美術 1・2年生】漢詩集とお掃除と立花と

最近どうしても一週間遅れでの授業の報告になってしまっていますが、5月中盤の基礎美術コースも充実していました〜。

まずは2年生から。

前の週に引き続き佐藤峰雄先生の漢詩の授業。もちろん漢詩を専門に学んだことなどない学生たちですが、先生のご指導のおかげでこの短期間で自分のオリジナルの漢詩を作れるまでに!
最後にはみんなの詩を一冊の本にまとめて漢詩の授業無事に終了でした〜。
先生のご指導もですが、学生たちのセンスの良さもかなりのもの。着実に古典の教養を自分のものにして行きます。(正直見ていて羨ましい〜。)

 

そして1年生。この週は珠寶先生の立花の授業のハイライト。
まずは4月からお世話になってきた千秋堂のお掃除を半日かけてしっかりやります。おかげでピッカピカになりました。
空間がキレイになったら、次の日はいよいよ自分で作った竹の花入に自分で花を活けていきます。この花入のために滋賀県の蓬莱に学外実習に行ったのもついこの間のはずなのですが、ずいぶん前の用に感じしまいます。
活けた花はどれも素晴らしいので口で説明するよりもぜひ写真を見ていただきたいです。

基礎美術のフェイスブックページにたくさんアップしてますのでぜひ覗いてください。↓

https://www.facebook.com/京都造形芸術大学-基礎美術コース-1907715835905771/?modal=admin_todo_tour

そして最終日はこれまでの立花の授業を振り返りました。何も知らずに基礎美術に入学してきた1年生たち。最初は足袋の履き方も知らなかったみんなですが、この授業を通して何を感じたでしょうか。謎かけみたいですが基礎美術の「基礎」ってみんなにとっては何だと感じたでしょうか。

 

1年生は今週から京都造形の美術・工芸独自のプログラム「ファンデーション」が始まります。これはコースを超えて様々なプログラムを選択して受講することができるというもの。
基礎美術の学生は積極的に他のコースの授業を受講しています。またこの基礎美術のクラス全員が揃うのは5週間後。それまでどんな風に変わっているのか楽しみです。

IMAG7318 IMAG7319 IMAG7320 IMAG7321 IMAG7322IMAG7269 IMAG7268 IMAG7267 IMAG72661526912960595 1526912946815 1526912942684 1526912940433 1526912936983 1526912934716 1526912932309 1526912930205 1526912928239 1526912925731 1526912922718 1526912919315 1526912915510 1526912912231 1526912908999 1526912902794

  • LINEで送る

2018年5月21日  インタビュー

【油画】卒業生インタビュー♯03

#03 井上 裕葵  INOUE Yuki

DSCF4112のコピー

……

1991年 兵庫県 西宮市生まれ

2016年 京都造形芸術大学大学院芸術表現専攻 ペインティング領域修了。

2013年 「Kyoto Current (京都市美術館別館)

2015年 「予感をたどる」個展(Galerie Aube /京都)

2016年 「ecorche」二人展(capsule Gallery/東京)

     「between the land」個展/ギャラリーいのくま亭 京都

2012年 京展/京都市美術館(以後、二回入選)

2014年 京都造形芸術大学卒業制作展学科賞

 

他、展示・受賞歴多数

————————————————

井上 裕葵 :I

蒲原 早奈美(聞き手):K

 

K:学部の卒制も大きかったじゃないですか。

 

I:大きいのってなかなかコントロールしにくいのが、楽しいみたいな。自分より大きいのとの葛藤とか。

 

K:なんか壁面に描いてる感覚みたいな?

 

I:まわりも大きいの描いてたから、あたりまえ感もあった。3年生のときは目にみえない何かをって話したけど、私は何かがないと描けないかなってやっぱり思って、身近なものを描いたりした。デッサンが好きで、目の前に対象物があって夢中になって描くのが好きだったから。

視覚的に目に見えるもの、対象物を設定したくなった。学部の卒制は対象物が「森」だったんだよね。「森」をモチーフにしてた。上からどんどん描き消していって、なんとなく、見えてくるような見えないような仕上げ方をしたかった。

 

卒業展2014 (1)

(卒業制作)

 

K:大学院にいってから、支持体が変わってましたよね。学部のときはキャンバスですか?

 

I:キャンバス。院のときは、支持体を変えたね。4年生のときは悩んでたっていうか、制作を続けたいとは思ってたけど、モヤモヤしたまま院受験してて、自分が何をしたいのかわからないまま、院はじまっちゃって、だんだん苦しくなってきて。なんでこの四角()に捉われなくちゃいけないんだって。もっと自由になりたいなって沸々と思いはじめて。そんなモヤモヤした時期の院の1年の時にロンドンに行った。同級生とFrieze London見に。みんなが行くなら行くって感じで。

 

K:初海外?

 

I:初海外は高校生のときの修学旅行(イタリアとパリ)。人生で二回目の海外は、ロンドン。ロンドンでは、ホワイトキューブでみた作品(Tracey Emin)が、女性のヌードの絵なんだけど、ものすごいでかくて、繫ぎ目には糸で布を縫い付けてたり、その作品は支持体が作られていて。あ、自由なんだなって思った。あ、院の時、きょうとカレント展に出したんだよ。それ安河内さんが推薦してくれて。キャンバスを自分で縫って吊るしてる感じなんだけど。ロンドン行った後に作った絵。

 

carent

 

K:これ縫ったんですか?綿布?

 

I:そう、手縫い。綿布です。

 

K:アクリルなんですね。繋ぎ合わせてから描いたんですか?描いてから繋ぎ合わせたんですか?

 

I:どうだったかな。繋ぎ合わせてからだとおもう。場所のサイズとかあったし。

 

K:京都市美術館?

 

I:京都市美術館の別館。みんなで持ち上げてもらって。ひょいってかけて。そっからなんか、これきっかけというか、自分のしたいことに素直になっていったていうか。こうしなきゃって思ってやるのしんどいしね。素材も興味あるものから手を出して、転写を始めたり、転写した上から描いたり、グルーガン使ったり、木の枝とか、素材とかも変わってきたり。壁にじゃなくて、修制も展示場所の空間の中央に吊るしてたり、あらゆる意味で解放されていく感じがしていて。

 

K:ギャルリ・オーブでも個展していましたね。

 

オーブ個展2015 (2)

 

I:この時は、自分でモチーフをつくって、それを描きおこそう、って感じで。タコ糸とか、グルーガンとか枝とか使って。

 

K:「線」というか。

 

I:線は線でも、直線以外に、曲線になったり、いろんな線があって。

 

K:その作られたモチーフにも空間が感じられて、あらゆる角度から見えるようになっているような、多面的なような気がしてました。立体もつくる人なのかなって感じたり。

 

IMG_0629

 

IMG_0631

 

I:展示すると、人が見てくれるじゃない?そうするとそれがきっかけで、人との繋がりができて、作品に歩み寄ってくれたら嬉しいなって。最近、体験型の作品も多いじゃない。参加型みたいな。従来の展示形式って、人と距離ができるというか、一歩下がって、こういう世界あるんだみたいな見方をされる印象があった。その感じが少し苦手で。もっと近づいて欲しいし、歩み寄りたい、そんな作品づくりがしたいってのが根元にあって。本当は立体とか、自分で何かを三次元的に創造するってのが苦手で。これらは、ドローイングのような感覚で思うがままにやってみたかんじ。こういうのインスタレーションっていうのだろうね。絵以外で、空間を使うって、可能性があるよね。

 

K:壁じゃなくて、(修了制作)吊るすのってものすごく大変な気がするですが。

 

I:大変()この場所じゃなきゃできなかったかも。空間で作品作りたいって思ったからこんな感じに。

 

K:これって布割いているんですか?

 

修了展2016jpg (2)

(修了制作)

I:そう。

 

K:感覚で?

 

I:感覚で。図像を先につくって、空間を使って奥行きを出したかったから、照明とかも考えながら、どこに穴開けるか考えてやってた気がする。

 

K:この図像は、Photoshopで加工してましたっけ。

 

I:自分で撮った風景の写真とか、ネットで拾った写真とか、この時、修了後は淡路島にいくって決まってたから、淡路とか、京都とか、行ったことのない外国の風景のレイヤーを重ねている感じ。

 

K:こんだけの大きさ、井上さん何人包めるのかなってくらいうの。これ制作期間は?

 

I :(笑) これは、年明けから一ヶ月くらいかな()用意していたのあったけど、これじゃダメだって思って。納得いかなくて。

 

K:油彩の部分は、転写した図像の上から同じ色を重ねている?塗るとこも感覚で?塗るとマチエールできるじゃないですか。そこも考えて?

 

修了展2016jpg (1)

 

I:塗るところは人の視線の高さをメインに合わせて描写の範囲を広げていった。マチエールも盛り上げるところは盛り上げて、マチエール好きなんだよねきっと()

 

K:今、作品とかについて聞いてきたんですけど、4回生から大学院に入るきっかけは?もっ

と制作したかったから?

 

I:そうだね。モデルにしてた先輩方も結構院に進学してたし、より密に勉強したいなって思ってたから。お金の面もあるから、覚悟が必要だったけど。

 

K:奨学金も借りてましたよね。

 

I:そうだね。

 

K:院の同級生とイギリスいってたりと、同級生と刺激しあってた?

 

I:そうだね。院の先生がいろいろアドバイスしてくれたりもあって、「生で色々見ろ」って言われたりしてたから見にいったりしたけど、生で実感する大切さがよくわかった。機会があったら色々見たほうが楽しいし、刺激になると思う。

 

K:アトリエって、学部より広くなるじゃないですか。2人一部屋ですし。もう住むレベルでいて制作してるイメージが。

 

I:同室の子と、よく話しもしてたかも。

 

K:いい感じの関係性だったように見えてました。

 

I:譲り合ってたし、いい関係だったかな。同期や先輩、後輩から刺激をもらっていたと思う。

 

K:井上さんのアトリエいったら、よく先生もいたりしてましたよね()

 

I:日当たり良かったからかな()

 

K:人が集まりやすい場所だったイメージが。

 

I:やっぱり日当たりが() ウェルカムな感じだったからね。

 

(パンフレットに掲載)

 

I:あ、最近編み物はじめたんですよ。

 

K:え、何編んでいるんですか。

 

I:最初こどものために帽子つくろうと思ったんだけど。でも難しくて、ちまちま編んでる。

 

K:何編みですか。

 

I:棒編み。ひたすらこの面を編んでる。制作で、なんとなく手縫いとかもしてたから、その感覚も思いだしたり。

 

K:繋がってますね。

 

I:今後、支持体を編むっていうのもやってみたいなとも思ってる。この前、塩田千春の展示見にいったのね。これ、よく見ると毛糸だったんだよね。私も手編みしてるよって()身近なことからひっぱってくるのがいいって思ってるから。

 

K:いいですね。こどもの性別はどちらですか。

 

I:男の子。

 

K:もうわかってるんですね。

 

I:写真見る?

 

K:大きい!そりゃ蹴りますわ()すごい、感動する。日に日に、自分の変化を感じているわけじゃないですか。

 

I:そうだね。受胎告知を受けた感じがした。わかってからは、産みますって思った。これが自分の運命だって思った。すくすくと育ってくれてるから、これからまた見え方も変わるんじゃないかなって思っている。

 

K:編み物はじめたり、いろいろ始めたこともありますね。

 

I:自分の引きだしを増やすというか、どんどん自分のできることを増やしていくことを大事にしてる。勤めていた学校で、マット編みをする授業があって、卒業後は事業所へいく子への授業だったんだけど、私はマット編みができなかったから、授業を通して覚えていったり、出来ることを増やしていってる。人として蓄積していくというか、なんでも経験というか。手近なことからはじめてみたりしてる。最近、『君たちはどう生きるか?』みたいな本注目されてるよね。それを紹介しているテレビを見て。おじさんと主人公のやりとりの中で、人間として何が一番必要なのかっていう場面で、おじさんが「経験」だって言ってて、確かにと思った。何でも自分に引き寄せて考えてみてるんだけど、母親になるのも、やってみなきゃわからないって。今までは子どもたちを指導してたけど、今度は、1から人間を育てるし、職業的には、また場所を変えて教師やりたいと思ってるけど、まずは、この子育てることをしなきゃって。

 

K:そうですよね。

 

I:こどもが出来てから、初めて、こどもができることとはどういうこととか、人間の育ち方とか知っていってる感じ。大学でも社会でも、自分から動いて、人の繋がりは、大事にしていったほうがいいかなって思う。人との縁で、仕事も制作もできるから。ものをつくるにしても、長い目で見れたらって思う。死ぬまでできることだと思うから。人とは違うやり方で、心の安定もとりつつ、続けていきたいと思う。こどもとかにも、いろんなものを見せたいなって思うし。

 

K:たのしみですね。

 

I:いっぱい経験させたいですね。無理強いはしたくないけど、選択肢とか楽しみをつくってあげたいね。

 

K:こどもの写真撮っていたり、シリーズつくってる作家もいますよね。こどもできる前と作品変わってたりしますよね。

 

I:そうだね。

他大学の友達で、去年おかあさんになった子が、ハンドメイドアクセサリーはじめたりして。私もやってみようかなって。楽しくやって生きていきたい、じっとしてるのが苦手だから、何かをしていたいし。これからもつくりつづけていきたいと思う。

 

…END

■卒業生インタビュー■

 

#01 西垣 肇也樹   NISHIGAKI Hayaki 

 

#02  神馬 啓佑  JIMBA Keisuke

 

#03  井上 裕葵 INOUE Yuki

 

  • LINEで送る

2018年5月18日  ニュース

【基礎美術・日本画】教員の活動

「第7回日経日本画大賞」に基礎美術の教員の山本太郎先生と日本画の非常勤講師である山本雄教先生が入選しました。

本日より上野の森美術館にて展覧会が始まっています。

 

太郎先生は今回は地元の熊本の震災を機に行ったフィールドワークをベースにした作品を出品しています。

雄教先生はコインを下地に使いながらフロッタージュで図像を浮かび上がらせる作品を展示しています。

 

お時間のある方はぜひご高覧ください。

http://www.ueno-mori.org/exhibitions/article.cgi?id=857621

第7回東山魁夷記念 日経日本画大賞
 
5月18日 (金) 〜 5月28日 (月)
 
開館時間:午前10時~午後5時
*最終入場閉館30分前まで
 
入場料:一般500円、大学生300円、高校生以下無料
*障害者手帳をご提示の方とその付添者(1名)は無料
*20名以上の団体は各100円引き
*障害者手帳を持参の方とその付添の方1名は無料
32873694_1545821832214086_61818731306680320_n 32678997_1999274000114630_8582162041224036352_n 32750542_1545821535547449_2818300111627485184_n 32887314_1545821678880768_3990287865119506432_n

 

  • LINEで送る

2018年5月17日  授業風景

【日本画】二回生 テーマ「衣類」

2018年度、2年生の最初の課題のテーマは「衣服」でした。

 

なぜ衣服なのか?というと、

日々生活するの中で当たり前に目にするもの、身につけるもの、
そういったものから自分なりの美を見出してもらうのが狙いです。
“花や風景などを美しく描く”
なんてことは日本画を描く経験を積んで技術修得すれば、
乱暴な言い方かもしれませんが誰でも描けます。
そうではなく、ものを見る目を養い、色々なものから美を見出す。
日本画だけでなく通常の授業(美術史や思想哲学等)を学んでいる中で、
今見ているものに常にアンテナを張って見ているか。
ただ漫然とモチーフを描くだけではない表現のトレーニングとして
2年生は1年生の時から比べて一歩踏み込んだ内容の課題が出されています。
IMG_8452 IMG_8458 IMG_8468 IMG_8472
そして先日、GW明けに合評が行われました。
厳しい事を言うとまだひとつ出し切れていないように感じましたが
それは当然の事だと思います。
IMG_8512 IMG_8525 IMG_8515
元から思い入れのある衣服をモチーフにしてみる学生もいれば、
ものすごく雑然とした日常風景としての衣服を描く学生もいたり、
背景と衣服の兼ね合いをシビアに考えている学生など…様々でした。
IMG_8422 (1) IMG_8424 IMG_8499
自分の思考をフルに出し切れていないながらも、
「衣服」という極々ありふれたモチーフに苦戦しながら
頭を回転させて手を動かした痕跡が合評で並んだ作品から見て取れました。
次は卓上、その次は石…というテーマが続きますが、
常に前回の課題のリベンジだと思ってのぞんでもらいたいと思います。
乞うご期待ください!
1 2 3

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。