美術工芸学科

2018年8月

  • LINEで送る

2018年8月31日  ニュース

【染テキ】全国大学選抜染色作品展

2018年3月卒業の武田梨乃さんが

全国大学選抜染色作品展に参加します!!

 

本日、31日から始まりました!

みなさま、ぜひご覧ください。

 

■会期:8月31日[金]—9月24日[月・祝](月曜休館)
 午前10時~午後5時
■場所:染・清流館(明倫ビル6階)
■入館料:大人300円、学生200円
■休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

http://someseiryu.net

 

img04641

  • LINEで送る

2018年8月24日  イベント

【染テキ】空間計画ゼミ選抜展「selected tactile costume」展@ダルマ糸 横田株式会社

 本日824日(金)より、染織テキスタイルコース3年生 空間計画ゼミ生の選抜展がダルマ糸で馴染みあるDARUMA 横田株式会社3階スペースで始まりました。

IMG_9733

 

 横田株式会社の3階の真っ白な打ち合わせスペースには、提供していただいた糸で作り上げた「tactile web」というタイトルの巨大なクモの巣状の作品が浮かびます。

IMG_9742

奥には、選抜された3名(3年 長田綾美/星野なつみ/樋口舞)の作品が展示され、いつもの打ち合わせスペースと全く異なる空間が完成しました。

IMG_9743

IMG_9737IMG_9756

 

 展覧会の企画、実施をゴールとし、素材の持つ力を最大限に引き出し、空間をどのように構築していくかを思考の中心に据え、取り組んだ空間計画ゼミは、DARUMA 横田株式会社の横田社長、企画室 牧野さんに多大なるご協力をいただき、工場の見学、繊維素材のご提供、特別レクチャー、作品講評会といったプログラムと共に進められました。

普段、何気なく購入している糸がどのようにして作られているのか、社会の動きを読み取り、どのような視点で新しい商品を企画・開発、そして流通に乗せていくのか、など、横田株式会社のダイナミックかつ緻密な生産の現場に触れ、ゼミ生は非常に多くの刺激と学びを得ていたようです。

 

 学内から、展示場所を学外(社会)へと移した「selected tactile costume」展、是非、ご高覧くださいませ。

 

selected tactile costume

長田綾美/星野なつみ/樋口舞

2018.8.24(金)-8.31(金) ※土・日は定休日

9:00am-17:00pm

DARUMA 横田株式会社 大阪本社 3階スペース

541-0058 大阪市中央区南久宝寺町2-5-14

  • LINEで送る

2018年8月8日  ニュース

【染テキ】卒業生 中平さん、海外展覧会へ

染織テキスタイルコース卒業生の中平美紗子さんから嬉しい報告が届きました!

 

オーストラリアのシドニーにあるThe Japan Foundation Sydneyにて

『THE INTUITIVE THREAD -NEW EXPRESSIONS IN JAPANESE TEXTILES- 』展に参加します!!

 

 

デザイナーであるEloise Rappさんのキュレーションで日本から4名の作家が出品するそうです。

過去に何度か中平さんの作品を見てくださっていたようで、今回お声掛けがあったとのこと。

卒業してからも精力的に制作をしている中平さん。

作品が世界を広げてくれましたね!

 

学部生の時に制作した作品も含め、3つの作品がシドニーの地に行きます。

触感、人の潜在意識を呼び起こす W160cm×H165cm 2

中平さんが3年生の時に初めて織ったタピスリー

『触感、人の潜在意識を呼び起こす』

 

紙を織るW113cm×H42cm×D9cm (2)

こちらは最近の作品

『紙を織る』

 

 

 

『THE INTUITIVE THREAD -NEW EXPRESSIONS IN JAPANESE TEXTILES-』

場所:The Japan Foundation, Sydney

会期:8月24日〜10月27日

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。