美術工芸学科

2018年9月

  • LINEで送る

2018年9月27日  授業風景

【基礎美術 1年生・2年生】後期授業着々

基礎美術、後期の2日目は1年生、2年生の授業をそれぞれ進めました。
 
1年生は陶芸ですが、まだ昨日に引き続き土作りからです。
昨日よりさらに土を細かく砕き、ふるいにもかけます。手作業だけではなくて機械も使いながら大量の土を細かくしていきます。まだまだ元気ながら体を使っているので、少し疲れていた学生もいるみたいですね。。
 
2年生の立花は花を生けるベースとなるコミ藁を黙々と作りました。
この学年はコミ藁は一度1年生で作っているのでかなり慣れたもの。かなり集中して制作していました。
 
なかなか良い滑り出しをしたように見える後期の基礎美術の授業。どんな風に展開していくのか楽しみにしています。
 
#基礎美術 #京都 #京都造形 #陶芸 #立花 #清水志郎 #珠寳

IMG_0891 IMG_0890 IMG_0889 IMG_0897 IMG_0896 IMG_0895 IMG_0894 IMG_0893 IMG_0892 IMG_0888

  • LINEで送る

2018年9月27日  授業風景

【日本画】瓜生山日本画大賞展2018

 

長い夏休みが終わり、昨日から日本画後期授業が始まりました。

最初の授業は毎年恒例の【瓜生山日本画大賞展】で始まります!

【瓜生山日本画大賞展】は通学部と通信教育部の合同で行われ、学生さんの作品を一斉に並べて

日本画の先生方が審査するといったものです。

 

▼まず、体育館に並べられた作品を先生方がピックアップしていき、壁に並べていきます。

IMG_9129 IMG_9126

 

▼それが終われば、ここから多数決を取っていき選別します。

 そして、これらは全て学生さんの前で行われる公開審査なのです!

DSC05004 DSC05006

 

 

 

 

 

▼先生方が多数決を重ねていった結果、受賞者が決まりました。

 受賞された方々、おめでとうございます!!

DSC05012 IMG_9131 (1)

 

 

 

 

▼受賞された学生が自身の作品について説明をしている様子

IMG_9133 IMG_9136 IMG_9135

 

 

 

▼受賞式の様子

IMG_9149 IMG_9153 IMG_9155

 

 

▼それらが終われば、学生の皆さんは受賞された作品を見て回ったり、先生方に自身の作品について質問したりと

 それぞれが有意義な時間を過ごしていました。

IMG_9146 IMG_9147

 

 

出品者の皆さんお疲れ様でした。

これで全てが決まるわけではありません!

受賞された方もそうでない方も、この瓜生山日本画大賞展をそれぞれの糧の仕方で次に繋げて行ってください!!

  • LINEで送る

2018年9月26日  授業風景

【基礎美術1年・2年】 後期授業開始!!

42615110_2165523303458355_3683245802794254336_o 42603608_2165523390125013_2624483733801009152_o 42601108_2165523826791636_7219643181929857024_o 42603601_2165523043458381_1179766398826577920_o 42568584_2165522980125054_4390032076359860224_o 42507178_2165521753458510_2180214240848117760_o

本日9月26日から基礎美術の後期の授業が始まりました〜!

 

1年生は清水志郎先生の陶芸、2年生は立花の珠寳先生の授業です。

1回目なのでガイダンス的なものかと思いきや清水先生の授業ではいきなり肉体労働的な固まった粘土を金槌で砕く作業から開始です。

 

2年生はみんなが大好きな珠寳先生の授業で、解説を真剣に聞き入っていました。

 

これからどんな授業が展開されるのか楽しみです!

 

#基礎美術 #京都 #京都造形 #陶芸 #立花 #清水志郎 #珠寳

  • LINEで送る

2018年9月24日  ニュース

【基礎美術1年生】キャリアの授業は書道!?

42373642_2162976697046349_6426907448765841408_o 42512662_2162978297046189_2156615306817044480_o 42497106_2162977297046289_6845737210474397696_o 42371176_2162977180379634_7079151082236018688_o 42467998_2162976687046350_6969668045123878912_o 42464962_2162976707046348_9221417796670324736_o

前期が終了してからしばらく更新がなかったこの京都造形の基礎美術のブログ。
そろそろ大学も後期が始まるので再開します!

 

まずは前期のおさらいから。
今までのアップしたなかったのですが、基礎美術コースのキャリア教育の授業内容は大学全体を見渡しても特徴的です。

1年生は「臨書」という授業内容で書道を経験します。教えていただくのは高井秀山先生。
https://www.facebook.com/sancyumondow

 

この授業はどちらかといえば字を書くこと自体が自体が上手くなることを目指すものではなく、筆で書かれた古典の文章を読めるようになることを目指したものです。臨書して自分が同じように書いてみることで、崩し字のパターンをきちんと把握して、古い文献でも読めるようにと工夫されています。

 

そうはいっても字を書くことが徐々に徐々に上手くなって行く学生を見ているとこちらも羨ましくなります。

 

金曜日の午前中は1年生はこうやって墨のほのかな香りを嗅ぎながら集中して行う授業が行われています。
この「臨書」の授業はさらに後期に展開していきます。後期の授業内容も徐々にこちらで報告していきます。学生が前期とどのように変化していくのか楽しみにしていてください。

 

  • LINEで送る

2018年9月14日  ニュース

【写真・映像】卒業生アワード情報

東京丸の内で開催中のアートアワードトーキョー2018( www.artawardtokyo.jp/2018/ )にて、京都造形芸術大の美術工芸学科の多くの卒業生・現院生も出展しています。

毎年全国の主要な美術大学・芸術大学・大学院の卒業終了制作展を訪問され、その中から発掘されたノミネート作品よりさらに厳選した作品が展示されるアワードです。今回展示されている作品からさらに最終審査が行われ、グランプリや審査員賞などが決定されます。

 

そんななか写真・映像コースの2018年3月卒業の顧 剣亨さんも選ばれ、現在展示をされています。オーディエンスも投票ができるようになっておりますので、是非ご覧いただき気になった作品に投票してみてください。

 

IMG_7161-2IMG_7181

IMG_7174

 

開催日程 : 9月7日(金)~9月24日(月・休) 会期中無休
開催時間 : 11:00~21:00 ※大手町パークビルは土曜は8:00~15:00まで、日曜・祝日は終日閉館となります。

展示会場 : 行幸地下ギャラリー 丸の内・有楽町・大手町エリア
入  場 : 無料
主  催 : アートアワードトーキョー 丸の内 2018実行委員会

 

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。