美術工芸学科

2019年3月

  • LINEで送る

2019年3月12日  ニュース

【写真・映像】卒業生展覧会・受賞情報

 

こんにちは、そろそろ新学年の準備が始まるころですね。

現代美術・写真コース(2017年度入学生より写真・映像コース)卒業生の

展覧会・受賞情報のお知らせです。

 

————————————————————

2015年度卒業生 柳瀬安里さん 展覧会

残り5日間!!!!

兵庫県立美術館「Oh! マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒーロー&ピーポー」

 

兵庫県立美術館「ヒーロー&ピーポー」DM1 兵庫県立美術館「ヒーロー&ピーポー」DM2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同時代を生きるアーティストとして、会田誠さん、石川竜一さん、しりあがり寿さんとならび本コース卒業生の柳瀬安里さんが出品作家として選ばれました。

通常の作品展とは少し異なる構成のこの展覧会は、「ヒーロー&ピーポー」をキーワードに美術の領域に収まらない大衆メディアを含む様々な資料で昭和から平成にかかる時代の動向や景色をみた上で、4人の作家によって表現されている「現代」を美術館ならではの広くとられた空間で深くじっくりと読み解ける贅沢な展覧会となっています。

 

会期残り5日となっています。是非、ご高覧下さいませ。

 

会 期:2019年1月12日[土]- 3月17日[日]

会 場:兵庫県立美術館

時 間:10:00~18:00 (金・土曜日は20時まで)

    入場は閉館30分前まで

休館日:月曜日
(ただし1月14日(月・祝)と2月11日(月・祝)は開館、1月15日(火)と2月12日(火)は休館)
観覧料:一般1,300円 大学生900円 70歳以上650円 高校生以下無料

 

https://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1901/detail.html

 

———————————————————————

2017年度卒業生 顧剣亨さん 受賞&展覧会

 

sanwacompany Art Award / Art in the House 2019 グランプリ受賞

&グランプリ作品展  顧剣亨「Inbetweening」

 

受賞や展覧会のお知らせが続く顧剣亨さんですが、

この度株式会社サンワカンパニー主催の、東京ショールームを会場としての展示プランコンペティションで見事グランプリを受賞されました。

応募には推薦必須(全応募者96組)・制作期間がたった5日間という条件のなか見事グランプリを勝ち取り、現在展示が行われています。

 

東京にお住まいの方、また長期休暇で東京に足を運ぶ予定の方もぜひご覧ください。

 

会 期:2019年2月6日(水)~4月1日(日)
会 場:サンワカンパニー東京ショールーム(東京都港区南青山2-26-1 南青山ブライトスクエア 1F)
時 間:10:00 ~18:00
休 館:会期中無休
入館料:無料

 

https://naruse-art-link.blogspot.com/2019/02/sanwacompany-art-award-art-in-house-2019.html

  • LINEで送る

2019年3月7日  ニュース

【油画】TV出演・Eテレ「又吉直樹のヘウレーカ!」

皆さんこんにちは、美術工芸学科・油画コースです。

突然ですが皆さん、NHKEテレで放送されている「又吉直樹のヘウレーカ!」という番組をご存知でしょうか?

 

お笑い芸人で作家の又吉直樹さんが、「言われてみればどうして?」という暮らしに潜むフシギを見つけ出しひも解く教養バラエティで、毎回様々な専門分野の研究者がゲストに招かれます。

 

そんな「又吉直樹のヘウレーカ!」次週ひも解かれるのは…

『ボクらはなぜ“絵”を描くのか?』

確かに、言われてみればどうして?…なこの疑問を一緒に考えるのは、文明哲学研究所の齋藤亜矢先生です。

(文明哲学研究所:https://www.kyoto-art.ac.jp/iphv/declaration/

 

そしてなんとそこに、油画コースの学生たちも協力出演することに◎

普段あたり前のように筆を執り、絵を描いている油画コースの学生達。

『ボクらはなぜ“絵”を描くのか?』…これは、学生達が常に自分自身に問いかけていることではないでしょうか。

 

そんな、考えても考えても答えの出ないこの問いかけ。

かと思えば、絵を描く人の数だけ答えがありそうなこの問いかけ。

 

皆さんもぜひご一緒に考えてみて下さい。

 

番組放送情報

 

又吉直樹のヘウレーカ!

「ボクらはなぜ“絵”を描くのか?」 

 

放送日:2019年3月13日(水)

時 間:午後10時00分-10時45分 

NHK Eテレ 〔再放送 3月15日(金) 午前0時30分-1時15分(木曜深夜)〕

番組HP:http://www4.nhk.or.jp/heureka/

 

まるで現代アートのようなチンパンジーたちの絵。ヒトの子どももなぐり書きのような絵を描く。ところが成長するにつれクルマ、花などモノを表すようになる。一方でチンパンジーの絵は変わらない。この違いは何か?霊長類学や高齢者の認知機能を学んだ齋藤亜矢さんは今、芸術認知科学という新たな分野を開拓し、この謎に迫る。見えてきたのは、ヒトが絵を描く行為に多大な影響を及ぼしている「言葉」の存在だ。

【出演】又吉直樹,【解説】京都造形芸術大学准教授…齋藤亜矢,【語り】吉村崇

 

(番組公式HPより)

 

…撮影は昨年大学内で行われ、こども芸術大学のこども達も出演しています。

学生達が実際に絵を描いている様子やアトリエ風景などもチラリと伺えるはず。

3月13日午後10時、ぜひご覧ください◎

 

副手:渡邉

 

ヘウレーカ-24

ヘウレーカ-40

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。