美術工芸学科

2019年4月

  • LINEで送る

2019年4月28日  ニュース

【美術工芸学科】春のオープンキャンパスにご来場ありがとうございました。

おかげさまで4月27日(土)と28日(日)に開催した春のオープンキャンパスが無事に終了しました。

この二日間はお天気にも恵まれたくさんの方にご来場いただきました。本当にありがとうございました!!

 

美術工芸学科全体のブースも今年は例年にも増して熱心な参加者が多かった印象です。

こちらの話を熱心に聞いてくれる高校生や、初めての素材でもワークショップを進めていくうちに目が輝いていく参加者の顔を見てこちらも本当に嬉しかったです。

日本画、油画、染織テキスタイル、総合造形、写真・映像、基礎美術という個性的な6コースが美術工芸の中にあるため、迷っていた参加者も見受けられましたが、迷う時間も含めて大切にしていただきたいと思っています。

まだ絞りきれていない受験生の方は6月9日(日)と7/7(日)に今度は一日体験の授業型のオープンキャンパスが行われます。

この2日では午前と午後で別のコースを受講することができます。つまり6月に2コース、7月に2コースで最大4コースの授業を受けることができますので、迷っている受験生の方がいましたら、まずは気軽に1日体験授業を受けていただいてから決めるのも良いのではないかと思います。

WEBでは明日から申し込みができますので詳しくは大学のHPをのぞいて見てください。

https://www.kyoto-art.ac.jp

 

高校生や受験生の皆さんを迎えてくれた学生スタッフも6コースが力を合わせて頑張りました。お疲れさまでした〜。

最後は美術工芸全体で写真をパチリ〜。

 

IMG_3254

  • LINEで送る

2019年4月28日  ニュース

【美術工芸学科】春のオープンキャンパス開催中!!

昨日4月27日(土)と本日28日(日)は京都造形芸術の春のオープンキャンパスを開催中です!

このオープンキャンパスは京都造形の特色のある13学科・23コースをいっぺんに見て、教員や学生に話を聞けるチャンス。

 

その中でも美術工芸学科にはそれぞれがとても個性的な6コースがあります。

日本画、油画、染織テキスタイル、写真・映像、総合造形、基礎美術です!

 

絵が描きたい人は「日本画、油画」、物作りをしたい人は「総合造形、染織テキスタイル、基礎美術」、カメラに興味がある人は「写真・映像」、現代アートに興味がある人は「油画、総合造形、染織テキスタイル、写真・映像」、日本の伝統に興味がる人は「日本画、染織テキスタイル、基礎美術」などと興味の方向によってコースを選べる贅沢があります。

 

それぞれのコースで気軽に参加できるワークショップもご用意しています。

お天気も良いですので、連休に北白川に遊びに来ませんか。プチ学園祭みたいで楽しい空間になってますよ。

詳しくはこちら。↓

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc04-27_04-28/

 

IMG_3242 IMG_3243 IMG_3244 IMG_3245 IMG_3246 IMG_3247 IMG_3249

 

  • LINEで送る

2019年4月28日  ニュース

美術工芸学科【基礎美術】オープンキャンパス開催!!

昨日の4月27日(土)と本日28日(日)は京都造形芸術大学の春のオープンキャンパスを行なっています。

この春のオープンキャンパスは賑やかでちょっとした学園祭の雰囲気です。

 

おかげさまで基礎美術コースのブースにも例年以上に熱心な高校生や受験生の方がいらしてくださっています!


ワークショップコーナーでは籐を使った雫型のペンダントを製作できます。

本日は晴天で気持ちの良い日ですので、連休ですが大学に遊びに来る感覚でお気軽にいらしてください。

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc04-27_04-28/IMG_3236 cf847b27f6d2698a8ce58d67982c3d31d_12798367_190428_0015 cf847b27f6d2698a8ce58d67982c3d31d_12798367_190428_0012 cf847b27f6d2698a8ce58d67982c3d31d_12798367_190428_0004 cf847b27f6d2698a8ce58d67982c3d31d_12798367_190428_0005

  • LINEで送る

2019年4月26日  ニュース

【油画】Robert Armstrong先生・特別講義

先週の4月17日(水)に2年生の授業、創造演習I「作家とは何か」の特別講義でRobert Armstrong先生による「my practice, recent exhibition, Hong Kong residence and Temple Bar」が行われました。

 

Robert Armstrong先生は油画コース神谷先生のアイルランド国費留学時代の担当教員。

昨年アイルランド国立芸術大学(National College of Art and Design)を退官され、香港でのレジデンスを経て来日されました。

 

   DSC_5108

 

2月にダブリンで個展を終えられたばかりで…

 

・その個展、

・香港でのレジデンス体験、

・創設期から関わってきたダブリン市内のシェアスタジオの運営について、

・自身の制作背景について、

 

…3時間の講義をしていただきました。

 

DSC_5116

 

英語~日本語への通訳ありの講義でしたが、言葉の壁はさほど感じられず日本の若い学生の食いつきぶりはナカナカのものでした。

絵を志向する学生ばかりだからか最後の質問会も大盛況。

「絵の終わりはどの様に決まるのでしょうか?」との質問にはお答えにだいぶ窮しておられたものの、とても真摯に答えて下さいました。

 

DSC_5125

 

 

特別講義の熱も冷めやらぬうちに今週末はオープンキャンパスです◎

 

4月27日(土)、28日(日)

みなさんの参加をお待ちしています!

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc04-27_04-28/

 

参加が難しい方は、今後のオープンキャンパスの予定を以下よりご確認ください!

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/

 

Robert Armstrong先生の作品資料2冊とともに油画ブースでお待ちしています。

ご興味のある方は是非覗いて見て下さい。

  • LINEで送る

2019年4月25日  授業風景

【基礎美術】1年生学外実習 竹取の蓬莱

昨日は基礎美術コース1年生の立花の授業恒例、滋賀県の蓬莱へ竹を切りに行ってきました。

 

開学から2年は晴天だったのですが、残念ながら昨日の近畿地方は雨。一時は実施が危ぶまれましたが、大学を出かける頃には小雨になり蓬莱では奇跡的に雨が止んで作業ができました。
その後作業中に少雨は降ってきましたがどうにかみんな竹を切る作業を終えることができました。

 

例年よりは少し大変でしたがみんな怪我なく無事に学外演習を終えることができました!!

 

ここから自分が切った竹を使って花入を作っていきます。
どんな個性的な花入ができるのか本当に楽しみです。

 

こんな楽しい学外演習もたっぷりある京都造形芸術大学の基礎美術コースもブースを出す春のオープンキャンパスは今週末開催です。4月27日(土)・28日(日)に行いますので興味のある方はぜひ来てみてください!
学生から直接話を聞くこともできますよ〜
詳細はこちら→ 
https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc04-27_04-28/

c1220ea452baf152c203928d5456563fa_42874127_190425_0019c1220ea452baf152c203928d5456563fa_42874127_190425_0004c1220ea452baf152c203928d5456563fa_42874127_190425_0024c1220ea452baf152c203928d5456563fa_42874127_190425_0008 c1220ea452baf152c203928d5456563fa_42874127_190425_0007c1220ea452baf152c203928d5456563fa_42874127_190425_0032 c1220ea452baf152c203928d5456563fa_42874127_190425_0036

 

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。